S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

青野くんに触りたいから死にたい(考察)

先日おすすめされた漫画なのですけれど。
面白かったのでリコメンド。


青野くんに触りたいから死にたい


正直言ってタイトルで
「ああ、こういう内容でしょ?」
って解るタイプだしそれだけで終わっちゃうだけの内容じゃ無いのかなと思って読んでみたんですけどポップで可愛いヒロインがゆがんでいたり
突然描写が濃くなったりして、うん。

良いから読んでみてください。以下割と核心に触れるネタがあるので読んでない人は見ちゃ駄目。


【以下ネタバレ】









1話時点での考察だけどこれ青野くんの幽霊じゃないっぽい。

最初自殺しようとしたのを止めた時「あんた」呼ばわり。
そして幽霊になって最初に名前を呼ぶシーンで視線が背後にいってる。
恐らくは落ちてたノートとか、そういうものを見たっぽいかんじ。
だって不自然だもの。

青野≠赤川説をおす!

綺麗でブレない漫画も嫌いじゃ無いけど私はこういう人間が描いてるぜー!という絵も好きだな。
とりあえず単行本楽しみな漫画が増えた。ニヨニヨ。


◆間◆



sab1.png

NIKE AIR MAX 1 ULTRA FLYKNIT ID “Serval”

けものフレンズ 非公式サーバルちゃんモデル

お前言うほどけもフレ好きじゃ無いやろという話もありますが、それはそれ。
(私の心は未だにフリップフラッピングに囚われているのだ!)

iDのカスタムでヒョウ柄が限定でチョイス出来るとか言うから遊んでたら気に入っちゃったのでオーダーしてしまったでござる。

お前は何足靴を買うのか・・・6年くらい前からひたすらエンジニアばっかり履いてた時期の反動かもしれぬ。

発注時「NIKE17NGO」を入れたら2割引になるのでiDの割増料金分チャラに出来る程度の値段にはなりますよっと。
ヒョウ柄スキーは遊んでみては。



ギガロマニアクス

別にディソードは出ない。




昔「匿名リサーチなんとやら!」とかいうアホみたいな番組があったんですが

ああいうの結構好きでした。


例えばサンタクロースを信じている子供。

彼らからしたら「サンタは実在するのだろうか? それとも隣のみっちゃん(仮)が言うようにパパやママなのだろうか」
っていうアレ。

アレが、今の社会には無い。

私が幼稚園の時はUFO特番が恐ろしくて恐ろしくてたまらんかったぞなもし。

ネットは確かに便利だけどさ、そういう妄想力を奪ってると思う。

頭の中で色々こねくりまわすという作業は絶対生きていく上で為になるとおもうけどなー。

情報強者を自称して、選んでいたのは最大効率であり、実際はただの「その他大勢」にしかなれない。
案外あり得るんじゃないかな。

もっとアホな事して妄想して生きた方が面白いよと言ってあげたい人は結構居る。



◆間◆




上手くは無い!上手くは無いけど、熱い!

私にとって仮面ライダーとはアマゾンとブラック&RX。

平成ライダーは実は見たことが無い。
ポップだったりデザインがなんかアレだったりで。
私としては悲しみを背負ったヒーローがぼろぼろになって戦うイメージがあるからなぁ。
(バイオライダー強すぎ?知りませんね・・・)

wikiとか見てみたら自分の好きな要素がいっぱい詰め込まれていてなんだかもう一度最初から見直したくなった。


平成ライダー、なんでデザインあんなのなんだろ。謎だ。



◆間◆


ts_20170315221837eb3.jpg

もう居ないけどやっぱこいつかっけーな。

千貌の華

彼岸花を育ててみようかと思う(唐突

写真とか色々見てみたけど本物をまじまじ見てみたいなと。

園芸サイトみたら「簡単」ってなってたし。安いし。


ヒガンバナって異名が1000もあるんですってよ。
実際そこまであるかは謎だけど、そういう噂が出る程にたくさんあるらしい。
なんかニャルラトホテプの「千の貌」みたいで面白い。

華の学名と由来、花言葉を延々収集して色々使えないかなって思ってたら凄く面白い花があって
その花言葉とかから良い具合に派生したりしてなんかちょっと楽しい。

【興味出る→調べる→余計興味出る→繰り返し→好きの固定化】

大体自分はこのサイクルで色々はまってきている。



で。
個人的に反応が遅いので植物は難しいと感じる。
エアプランツは・・・まぁ私がサボって枯らしたけどクリプタンサスとかは割と頑張ったのに駄目だった。
ほ乳類は一目で状態わかるけど、は虫類は活性でなんとなく見極める。蜘蛛も同じく。
植物は環境変えて観察していかにゃならんから難しそう。
ノウハウが揃った簡単な奴なら問題無いんだろうけど。

高級で珍妙な植物育ててる人をTLとかで見て面白そうだなーって思うけど自分は「簡単」ってなった奴しかやらんぞなもし。


◆間◆


mira_20170314223647b16.jpg


ミランダ。

好き。

メンキョ

来月10日は有給取らなくては。げふう。


◆間◆


免許証の更新しろオラァ!というはがきが来ていた。

通常ならめんどくせーとなるのですけど。

今回ゴールド免許で5年経過してたんですがね、写真が。

写真が凄く酷かった。

ロン毛時代だったのもあり、本当に気持ち悪かった。
元々気持ち悪いんだろがという話は全力でスルーするとしても

友達とかとネタで
「俺の免許証まじでやばい」
「まじかよ見せろよ(笑」

すっ・・・

「あー、これは……」

否定してくれ!
ってレベルで。
なのでちょっと嬉しい。ようやく5年間免許証出せっていわれるのにびびりまくってた生活が終わる。

ロン毛は散髪代かからないし風呂上がり以外は楽ちんなので今度隠居する事になったらまた伸ばしたい。

不労所得で隠居したい(願望


◆間◆


maula_20170313214643a1e.jpg


もふもふさん怒ってる図。

温厚な子もたまにはキレるよ。


先日見た目だけの極太リアタイア糞カスタムスポーツスターがあまりにもすっとろいんで追い越したら
必死こいて隣に並んでファックサインされた。
なかなか久しく盛大にキレたね。
っても別にDQNじゃないので追いかけてってボコったりしないけど、うん。

とりあえず延々後ろにびったー貼り付いて嫌がらせするだけに留めた自分。
今になって思えば何がしたかったのかよくわからないしアホだなと思う。
するー出来る大人になりたいです。

ゴースト ニューヨークのたいやき(うぐぅ)

オバケと恋愛する奴。

吸血鬼が出てくる奴。

ロボ物。


ここら辺が小説書くとき鬼門とされるらしい。

理由は

・オバケ
だってオバケだぞ!死んじゃってるから普通のハッピーエンド書けない。

・吸血鬼
魅力的な存在ゆえに既に多くの人がチャレンジしている。ヴァンパイアハンターD、ヘルシング、月姫とそこでヒットしてる作品も多い。
なので吸血鬼と言うだけでハードル上がる。

・ロボ
そもそも人型巨大ロボット兵器に説得力が無い。野郎は皆大好きなのに!
そして描写がやっぱり難しい(らしい)


でもあくまでこれ一般論だし、一概には言えないと思う。

オバケ物の名作といえば「ゴースト ニューヨークの幻」

※ネタバレしますよ

結婚を目前として幸せの絶頂にいた主人公とヒロイン。
だが、主人公は強盗に殺されてしまう。
主人公はヒロインを狙う強盗(知人)から守る為に幽霊として奮闘する。
霊能力者の力を借りたりしてヒロインを救おうとするけどヒロインは幽霊なんて信じない。
それでも主人公は幽霊としてヒロインを守り抜く。
そして最後の最後でヒロインは主人公の存在を認識して、彼が今まで自分を守ってくれていた事を知る。
そして主人公は成仏。


・・・あかんわ、あらすじ書くだけで涙腺が・・・(直球に弱い
これ個人的に幽霊物の王道だと思う。これより面白いのはなかなか難しいぞなもし。


そしてオバケ物で私が亜種として美味いこと料理してるなーって思ったのは
鯛焼きを盗み出す女がヒロインというそこだけ聞いたらなんかよくわからんカノンという作品。

※ネタバレするよ。

仲良くなったヒロインが実は過去に会ったことがあって、しかも事故に遭って死亡している。
(うろ覚え過ぎて微妙だけどヒロイン自身が死んでるという記憶は最初からあったのか途中で思い出したのか解らない)
で、最期に主人公がそれを思い出したことを事故現場で相手に伝える。
お涙ちょうだいでヒロインは「自分を忘れてくれ」って言って消えていく。


うわー、何一つ新しい要素ねえ!って思わせておいて実は死んでたんじゃなくて事故で昏睡状態になってて
つまりは幽霊じゃなく生き霊だった。
本人?も誤認していた。

最期に何か知らんけど昏睡状態から回復しておしまい。

・・・・これは上手い!


オバケ物として王道のお涙ちょうだいをしておいて、その上で強引にハッピーエンドに。
本作においては「幽霊じゃなく生き霊だった」っていうただそれだけの単純な仕組みでこれだけがらっと印象変わる。

個人的にはこういう「解りやすくて意外性のある設定」こそが良いものだと思う。
生き霊だの奇跡だのふんわりしたファンタジーで補完されてるんだけど、本作においてそこを追求する人は居ないと思う。
ごりっごりのSF読むと設定を追いかけるのが難しすぎてイメージしづらかったりする。
事細かに設定を披露したものが受けた時代もあったけど今はそれじゃ読んで貰えないという。

狙うのが一般層であればやり過ぎるとついて行けなくなるんでしょうね。
勿論そういったネタを組み込むことがモチベーションになるならやれば良い。
けど、それによって多くの読み手が解りづらかったり蛇足だと感じるならそれは駄目。
(自作への反省を込めて、げふう!)

かといって簡単すぎたら犯人が最初からわかってるミステリみたいなもん(もともとそういう設計の作品は除く)
その中間を狙うには、こういうひねり方こそが有効なのだと思う。


「期待を裏切らず、予想を裏切れ」っていうどこかの誰かが言った超素敵なお言葉通りですね。
シンプルに、隠す。
開示したときに「ずるい!」と思わせない。

これだ。


◆間◆


アウトレットで色々見てきた。

天気が良いので昨日のウルトラブースト履いてみたけどむにむにしてやっぱり面白い。
歩くの好きならおすすめしたい。

ただ、見た目気にしないならPUMAのイグナイトも同等のむにむにが楽しめる。
それにアディダスのピュアブーストとかエナジーブーストなら同じもの使ってるので、はい。
今日見た感じ、定価は2万くらいのものでもふっつーに6000円くらいになってたりするので
むにむにが楽しみたい!ってだけならそれ買えば幸せになれると思う。

むにむに良いよ、むにむに。


◆間◆


red_20170312212435886.jpg

二年前のお姿。

まだなんとか生きてるけど脱皮するまでは信用出来ん。捕食もしてない。ああー。