S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

電撃大賞 「君は月夜に光り輝く」 ワナビ視点で感想を述べるシリーズ

読んだシリーズ


・君は月夜に光り輝く





これで前回の受賞作品は86、賭博、月夜と三作読破したけど全部面白いっていうね。
嬉しいけどやっぱ悔しい。

さて本作は所謂難病物。
セカチュウ元気でチュウは読んだことないけど、こういう作品はそういったカテゴライズのされかたをするらしい。


ネタバレ目にして見る気失せてたんだけどヒロインに感情移入させて殺して、泣け!という作品では無いらしいと
評判を聞いたので読んでみた。

以下ネタバレらしいネタバレはしないつもりだけどしてたらスマンですたい。


結論、えー面白かったです。
いやそもそもクソだったら小説の感想なんて書かないよ。
だから私が感想書く時点で面白いのです。
まあよほど腹に据えかねたらボロックソ言うんですけど。
全然関係無いけど明日あたり昨日の私に往復ビンタしてえ~。

地味っちゃ地味なんだけど小さな疑問と、その回答をちょこちょこ入れている構造でリーダビリティ高い。
物語の始まり方に関しては若干の唐突感はあったのだけれども。それはそんなに気にならない。
ノンストップで読めた。

本作の大きな山場であると思われるヒロインの「最後のお願い」
これは内容自体はそんなに重要じゃ無い。想定内だし意外性どころかそのまんまだった。
まぁ、そのシーンで普通に泣いたんだけどさ!

あとは死の間際に身体が光るというこの病気の設定は必要だったのかなと思ったけど
映像化するとなったらこれ上手く使えたら凄く綺麗だろうな。
その辺意識したのかな。そうならかなりやり手だ。

なんだろね、所々凄く表現がしっくりきて、継ぎ目無く読みやすい。
一人称小説って本来はこういう書き方をするんだなぁと個人的には思った。……私は飛び道具ばかり使うの止めよう。

鬱屈して屈折したキャラ達がそれぞれ色々な想いを抱えながら行動して、それが綺麗に収まってるのは凄いです。
何を書いてもネタバレになりそうなのでまともな感想になってないな、これ。
もう一人の男キャラと、ヒロインとの絡みへ至る想いがちょっと解りづらく、その描写も物足り無い感じはしたけど
このキャラも良い味だしてたので総合的には満足です。

ただまぁは虫類飼育者としては亀の描写には納得いかんのだけど(笑
※これはまぁ仕方ないけどね

何やら売り上げも良いらしいので映像化とかしちゃうんだと思うのでイメージ崩される前にさっさと読むと良いと思う。

あとね、挿絵入れなかった判断は間違いなく正しいと思う。


以上読者目線での感想。


◆間◆


・・・以下、小説書いてる人の端くれ目線での感想。結末に触れるので注意。


あー!悔しい!
設定に何か特別な物があるわけでも無く、展開だってそこまで凝ってない。
それなのにのめり込んで一気読みして泣いちゃう、そんでもって読後感は晴れやか。
だってさー、自分の命が残り少ない、それを解った上で告白を断るって展開
一体世界にどれだけあるのっていう話だよ。
なのに。

くーやーしーいー!

最後の台詞、最後とか割と粗い。
でも、粗いからこそあのシーンにマッチしてるとも思う。あそこで綺麗な台詞吐けるティーンなどいない。
それ狙ってるなら作者これすごいぞぐぬぬ。

このきめ細やかな質こそが自分に無いものなんだろうなって、こう見せつけられる感じでした。

シンプルによいものを見るとこういう物を書ける人に嫉妬してしまうな。
そしてこういう作品こそが大賞になるのか。

別に今年負ける気はしてないけど、でも大賞かって言われたら多分無理。

現状結果として一次落ちから受賞まで、一応全ての選択肢がまだ存在している訳で。
当然受賞も視野に入れて出してるつもり。
それでも現時点で「大賞だな!」って胸張って思えていないのは駄目だな。

はぁ。
 



とりあえず次の課題は「綺麗な作品」を作る、かなぁ。
面白かったし、勉強になった。悔しい(何回言うねん)

(捻れ/捩れ/拗れ)た世界




買ったシリーズ

・響 ~小説家になる方法~ 
・君は月夜に光り輝く

前者はおすすめされてたんだけどその時は特に何も思わず。
本屋に行ったら専用コーナーで試し読みがあったのでちらり。面白そうなので大人買い。

後者はネタバレを目にして読む気無くしてたけど「キャラ死んだよ!ほら泣けよ!」って感じではない
らしく興味があったので。

とりあえず今日は読み切った響について。

サブタイトル。

~小説家になる方法~

嘘 を つ く な !笑(良い意味だゾ

響は、うん。面白いね。しかもくっそ面白い。
突っ込みどころはちょこちょこあるけど
(響はともかく女編集の癇癪は社会人として許容範囲外!とか嬉しくないパンツとか、あと「お前がド変態野郎だとは思わなかった」とか笑)
「あれは頭おかしいだろ」(作中台詞)
俺もそう思う(笑

山田悠介をネタにしつつもフォローしたり、色々グレーな所を攻めてる。
(HIPIHOPを取り入れる云々のコマとか電撃大賞受賞作チェックしてる人からしたら解ってやってるのかを聞いてみたい笑)
お話としては1巻時点で不満だった部分が「ひっかけ」であると2巻で判明してすげー面白くなった。
持つ物と持たざる物、いやーたのしいぞこれは。

作中のゴリラの女性作家の気持ちが凄くよくわかるし、共感した。

自分の外見に対するコンプレックスって大小はあれど誰にでもある物だと思うし、自分も一時色々思うところがあった。
だからアパレルで働いてた部分もあるのかもしれない。
アパレルってか服好きな人は少なからずこの傾向があると思う。だから、私はそのコンプレックスを埋める手伝いが出来る
販売員ってのが凄く面白いと思ってはいた。けどまぁクソみたいな先輩の客を慮る前にとにかく売れって方針やらで
大嫌いにもなったのだけれど(笑

脱線した。今となっては外見とかどうでもよくなってはいるんだけどもね。
自らの中で煮詰めまくった「汚い物」を凝縮するのがやっぱり人間なんだ。汚いから人間はやっぱ面白いと思う。
この世界が失敗作の悪の宇宙だから、面白い。
きっとこの宇宙が「成功」してたら何も面白いこと何て無かったんじゃないのかね。LAWルート。
ケイ素生命体みたいな綺麗な存在は人間じゃ無いのです。

はいまただっせーん。

とにかくヒネた人間ほどこれを楽しめると思う。
と言う事はこれが評価されるなら世間がヒネてるのか?

だったらヒネた人間のヒネた世界が来たのか?そうなのか?

うおおおおおお!(来ません




結婚?友達?
世間が決めた幸せが本当に幸せだと誰が決めたの?
周りからどう見られようがそれでも自分は楽しいし、それが世界の「幸せ」と乖離していようとそんなものはどうでもいい。

っていう響が凄く好きだ。
(恐らく連載当初の設定とはちょっと中身変わってはいるけど)


面白い漫画ってだけじゃなく作中作(これは駄目な作品としてだけど)の四季降る塔の設定だけでも面白いんだよね。
※一日で一年が経過する塔から世界を見つめる少女の話

「私がしてると思うの。」
パンダのシーン
とか笑えるところもちゃんと有るし。うーむ。



問題は。

ぼかしてかくけど作中でもうこれ以上無い部分に到達してしまった訳で。
そこから六巻の内容。

どう続けるのかはちょっとだけ気になる。

面白いまま終わって欲しい。今のところずんずん面白くなってるだけにそう思う。

作者さんのBlog見てみたら成人漫画書いてた人なんだって。
ちょっと意外だった。
いや偏見とかじゃなくて、作家目指してた人なのかなって思ってたから。

うーむ。



電撃大賞応募完了の巻



応募前、煮詰まってきたので息抜きに「ばらかもんとかよつばと的な奴だろう・・・」と見てみたアリスと蔵六。
いきなり異能バトルでぽかーんでしたが、なかなか攻めてる感じで面白い。

漫画版が出てるのでそっちを読んでみたけど・・・

この絵柄で哲学的ゾンビみたいな話や、結構ヘヴィな展開。

文章力と絵は似てる気がする。
解りやすければそこまで綺麗で美麗なものは要らん。
綺麗に越したことは無いと思うけど、それよりは「合ってるか」どうかだなーと。

結構絵柄とストーリーのギャップはあるのに良い具合にマッチしてて良い。
そしてそんなヘヴィな展開をたったの2巻でやりおったという衝撃。
そして、「そういう展開になるのか」と思わせてあっさりと3巻の内容にシフト。
しびれる。
こんな漫画あったのか、まだまだ衝撃を受ける作品は多い。



◆間◆


「応募総数は関係無い。面白ければ受賞する」

ほほー。(※私の言葉では無い)

あと最終に残れない作品は等しく商品として価値が無いみたいな話。
これもその通りなのかもしれない。全部とは言わないけどね。
~次通過なんてものは大して意味が無い。


原稿300枚を目標にちまちま増やしてたんですけどメリハリを付ける為に吟味して前半の
「美味しい所」に行くまでを中心にばっさり15枚分カット。
300枚を目指していた理由というのが他の新人賞の規定内に収まるというなんともだっさい理由でもあったのでそぎ落とす。

プロローグで謎をチラ見せして、「どうなるのかな」と思って読者はページ捲ってくれるけど
そこでダレると嫌になっちゃう。
起承転結のフラクタル構造とでも言うべきか。
それともマトリョーシカか。
そんな感じでぐいぐい読者を引っ張らねばならない。読者を飽きさせず、話のメインまでたどり着かせるのがまず第一関門。
そして心を揺さぶって、最後に驚かせた上で納得させて、「続きが見たい」と思わせる。

編集者がほしがる目線をアクセントに書いて、その上で匿名作家先生の「読者あっての作家」って話も加味して添加。



始点変更について。

※イメージ

○○●○○●○○●○○

○○○○○●○○●○○

視点変更が駄目ではないけどちょっと多いから没入感削ぐよと言われたので見直し。
昨日のネタで指摘された骨子は残念ながらいじると崩壊しそうだったので没入感を殺さないようにこの辺の調整を今回メインで大改造。
黒いのが別視点だとすると一個減らすだけで視点変更回数は二回減る。結構違ってくるもんだなーと。
その分前後に溶け込まして情報量自体は変更しない。


恋愛物において、男性はくっつくことをゴールに設定するけど女性はくっつくのをスタートにする傾向があると聞いた気がする。
ふむん。
いや、だからどーこーいう話ではないのだけれど。


そんなわけで2017年の電撃大賞応募作全字晒し。


「フォビドゥン・ブラッド ―蒼の福音―」


自分のモチベでもあったクトゥルフ要素は抜いちゃったけど逆にナショジオ的な要素をぶっこめたので満足。
設定と、物語の決着をつける仕掛けについては絶対に他の作品に負けない自負がある。
(ま、応募した日くらいそう言えないと受賞など出来んわ)

とりあえず満足。現時点で私からこれ以上の物は出ない。去年も同じ事言ってたけどそれは自分がサボったのを
誤魔化した上でだったので、うん。去年と今年は違う。

去年落ちたアリスをどうするかがちょっとだけ悩ましい。
電撃に出すか、ファンノベもしくは星海社。


ささ、新しいプロットかこーっと。

あと二日 続・匿名作家ネタ

眠い。

ガソリン(珈琲)満タンで。



◆間◆


昨日の謎の作家先生が原稿読んでやるぜよみたいな事を書いていたので読んで貰った(謎の行動力

そういやぶりくら(生き物販売イベント)参加だって突然締め切り前に思い立って参加表明してサソリ売りにソロ参加したんだよな。
私こういうの突っ込む人。

はぁん?リスク?

虎穴には入らずんばズンガズンガ得ず。

いえ、ただ書かれてる内容見るにすごくまともな方っぽくて書き込みにも凄く納得出来たし
私としては別にリスクは感じなかったんですけどね。
それにプロに目を通して貰えるチャンスなんて人生で何度有るか解らない。
多少のリスクを負ってでもそこはベット。
ただ自己責任だし真似はしてはいかんと思うダブスタ!原稿大事。


で、まるで講評みたいなめちゃんこ詳しい感想を頂けて自信のある部分は褒められて少し自信の無かった部分はやっぱり指摘される。
この時点で自分が作ってる原稿の「世間がほしがるエンタメ」に摺り合わせてる方向性自体はある程度悪くないのかなと感じる。

けど、構成面と人間同士の関係性に言及されて、今まで気付いていなかった部分でネガを認識する羽目に。
気にしてなかったけど確かに意識して読み返すと気になる。

これは正直参った。
流石に時間が足りぬ。
受賞するんじゃーい!って書いてたし書き上げた。当然自信もあった。
けどやっぱりまだ甘い部分があったという事実に割と真剣に震える。

でも来年頑張る!とかは嫌だ。
今年勝つ為に延々ガチガチキーボード叩き続けて作ったんだし。

そんなこんなで絶賛突貫工事中。
勿論大手術の影響で完成度が低くなる可能性は高いので駄目なら今のまま出す。
けど、やらずに後悔したらしょぼくれる。

んー、本気で何かやるのはやっぱり楽しいです。


いやー小説も最初はネタで書き始めたみたいなもんだったのにテラフォのティンみたいに
いつの間にか・・・好きになっちまったんだ・・・
って感じですよ。


私もいつか頑張ってる人に「頑張れ」って言える人間になりたい。
相手の為ではなくあくまで自分の楽しみの為にって事なんですけどね(邪悪)


とりあえず受賞目指してるくせに売れてるなろうを「へーんだ!」って思ってたのは今後改めよう。
売れてる物には何か良い物(理由)がある、って思って考えたりしてたけどそれはなろうもそうなんだよな。
多くのお客さんの心を掴んだわけだし。

若干締め切り寸前に起こった心境の変化としては大きすぎてヤベー!と思ってはいるんだけどこれはこれで面白い。

ただ締め切り前にこんな面白いネタを提供してくれたことに関してはちょっと恨んでたりする(笑

あと三日

「プロとアマの違いは技術では無く読者の為に書くかどうかだよ」
「必ず前作を超えるようにしている。傑作にしようとしてる」
「自分が書きたい話よりも、読者が読みたい話を優先する。
 自分のやりたい展開よりも、読者に解りやすい展開にする。
 こうしたいけど、読者の為にそうしない、我慢する」
「絶対に大賞をとる!って作品を出す。たとえ落ちても、言い訳が出来ないから、ちゃんと反省できて
 次は必ず前の作品より良い作品になる」


うーん、匿名なので一応真偽は不明としておくけど某所でコメントしてた作家さんのお言葉。

私はこれ、凄く刺さった。あると思う。
そのほかも書いてる話が凄く共感出来てなんか元気出てきた。

今回の応募作のテーマがちょいと前に書いたとおり「自分が絶対面白いと思う物」から
「自分が面白いと思う物を世間(編集)に求められるように味付けする」でもあったので。


もう一度意識して最期の推敲がんばろっと。

Blog書いとる場合かァー!


いいの!脳内整理兼ねてるから!
※睡眠が脳味噌の知識をテトリステトリスしてデフラグしてるなら私のBlogもある意味デフラグなんだよね

デフラグって最適化だよな、うん多分あってるな(普段使わない言葉を使って芋る図)




このカテゴリーに該当する記事はありません。