S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

神様ゲーム

なろう小説にも色々あって良い物も悪い物もあるのだ。


っていうからなろう中でも出来が良いと言われる作品の映像化された奴を見てみた。



◆間◆


・・・・




以下見たシリーズ。


・レクリエイターズ
うーん。
雲行きは怪しくなってるけど結構クリエイターの葛藤とかは見ててふーんと思う部分も合ったり。
イベントの名前がレクリエイターズになると思ってたんだけどな。
主人公がイベントに介入するのはどういうやり方何だろ。
敵がアルタイルなのでベガっつーキャラを作る・・・うん。それは無理がある(シャドルー的な意味で





・神様ゲーム
作者をおすすめされていたので代表作を見てみた。

まず作中作の正義のヒーローのロボットがジェノサイドロボ。
うん、まぁアレな名前だけど適当に付けたのかな。

もう一体、ネクロフィリアロボ
※死体愛好家の意

あ、わざとだこれ。

読んでみた感想としては

①あー、ふんふんいるよねこういう変な奴・・・・
②ん?なんだこの展開(天誅目撃)
③ええええ!そうなの!?ちょっとショック・・・
④ええええ!一体どういうこと!?

というなんかネタバレしないように説明しようとするとなんかカオス!
ライトノベルと一般の中間がライト文芸な訳ですが本作は児童文学~一般の中間?みたいなレーベルから出ているそう。

・・・いやこれ子供に読ませたらあかんでしょう(真顔

一人称の非常に読みやすい文章で、さくさく進むので確かに子供でも読めると思うし、短い。
でも、これ厳密には小説という枠をちょっとはみ出してる。
東野圭吾にも一作合った気がする。「さあ、解説はしたぞ。犯人は君が当てたまえ」って言う。

それとちょっと似ている。いや、本作において犯人自体は「この人」ってわかる。
わかるけどもやもやする!その人に至った経緯を自分で考えてね!っていう。
そして鈴木君。彼を信じるか、そうで無いか。

ちょっと衝撃でした。
作家によって文章の合う合わないってのが合って、私はそれが合わないとどーにも読みづらく感じてしまう人なのですが
本作に関しては先の通り読みやすくて良い具合。終盤のネタばらしも十分にわくわくした。

面白かったので他のも読んでみる。



自分自身、三人称、一人称をただの読者だった時は気にしたことが無くて、情景描写もあまり気にしない。
所謂斜め読みをする人なんだと思う(物語の展開を追いたいのであって風景とか想像しながら読む系統の人ではない)
小説=物語だと思っていた。

けど物語を素人ながらに書き始めてから、小説を読むと「あーこういう風に書くのかー」って全然違って見える。
多分自分を構成しているのは物語(ゲームやマンガ含む)であり、小説を見て小説を書いてるわけじゃ無いから歪なのかも。

自分でお話を書くようになってからは自作推敲ばかりだったし感覚で書いてる部分が大きいんだろうなーと。
今後はもうちょい能動的に読書してみようと思う。

というか普通に本読んでる人って一人称三人称とか意識して読んでるのかな。ちょっと疑問。


もう一冊、
「眠る狼 / グレン・エリック・ハミルトン」
ってのも買ってきたので読む。

来週ちょっと忙しいけど時間作って読もう。

お話を読むのは面白いけど読むのが勉強になるので以前より読書が面白く感じる。
ちょっとラッキー。


◆間◆


df.jpg

まだ固まりきってないのでだらけているレッドアイランドバードイーター。

綺麗なのでとっととそれらしいポーズをとって貰いたい。暑いからダレてんのかね。

部屋とアライさんとYシャツと私

あっつい。


10日ほど前までは「ふんふーん!へんへーん!」って感じだったのに七夕でモチベの底が抜けて

「アライさんはゴミなのだ・・・」というネタが延々と頭の中でぐるぐるすので小説読んで精神鍛錬していましたが
若干落ち着いてきた。でもゴミなのだ・・・


ファンノベの過去の講評とか見ても明らかにレベル高すぎて情景云々書かれているのを見て
なんかもうどんどんゴミなのだ状態に陥ってましたがとりあえず落ち込んでても暑さでしんどいのでやめとこ。

とりあえず次回の目標と課題。
ネタと展開と飛び道具で勝負しない。綺麗な小説を作る。
三人称で書く。ちょっと想定年齢層を上げる。


よし。
イヤッホウ!(空元気


古典SF読もうとしても本売ってないし電子書籍化はばんばんやってほしい。
紙の本が好きだけど、デバイスで読む方が楽だわ。

とりあえず夜の翼探してうろうろしてるけどみつかんねー。



◆間◆


007_20170715220905ce4.jpg


脱皮後捕食開始したギガンテアロブスタ。

でもなんか君色薄くなってない?

もっと赤かった記憶があるのですが(写真だとオレンジだけど実物もっと黄色っぽい)

栄養素足りてないのかなとか若干びびる。

まぁ元気っぽいけど。


こいつのケージは白ワラジが良い具合に殖えてるのでたまにレプトミンとかぽちっと落としておくと群がってる。
稀にムカデもかじってるみたいだけど。

メンテが結構厳しいムカデにおいてはワラジが非常に便利です。
基本水足すだけで何もしてないや。

ペスゥ!

気がついたら毛がぼーぼーだったので渋々散髪に行く。

散髪に行くのが楽しみで仕方なかったあの頃に一生分散髪行き貯めしておくべきだった(謎



◆間◆

002_2017071320592263b.jpg

ハーパクティラ・プルクリペス

略してペス。
徐々に水色が出てきて非常にうっつくしい。

脱皮後捕食開始。
一気に膨らまして喰わなくなったらいざ交接。

オスの方はスパームウェブぶっこわしてふらふらしてるしなるべく早くチャレンジしたい。


頑強な蜘蛛はやはり良い。

ファンタジー



精霊の守り人

読了。


ほーん、これがファンタジーか。

これが・・・ファンタジーか・・・(ぶるぶる


いや面白かったです。
これ児童文学らしいので、恐らくハリポタもこんな感じなのでしょう。


作者がアボリジニ文化の研究者らしく、恐らくはその影響がいっぱい出てる。
現地人が凄くさりげなくお祈りしたりするシーンや神霊の認識とか。
あと住んでる人によって信仰する神や対象も違う。
盛りだくさん。

でも別に本としては分厚くない。薄い。なのに内容みっしり。

うーん。面白かった。
ラストのカタルシスという意味ではもうちょっと欲しい!と思ったけど、夢中で読みましたよ。

謎生命体の生態を描いているのは個人的に凄く好みでもあった。

ファンタジーというとネバーエンディングストーリーとかをイメージしちゃうけど取っつきやすかった。
小夜子に続いて本作も神視点がありますけど、別にそんなに気にならない。
(本作の場合、「この時○○はまさか××とは思わなかったのであった・・・!」みたいなのがちょこっと入るだけ)

先にもいったけどルールは読みやすくする為にあるので、読みやすければ別に逸脱しても良いんじゃ無いの論者です。
まぁそれゆえに自分はやらかしすぎたのかもしれんけどね・・・。今度は飛び道具使わないんだもん!(30代おっさん談


構造としては短いストーリーがいっぱいくっついて繋がってる感じなので成る程子供でも読みやすいだろうなと感じた。
コレは凄く詰まってるとも表現できる。詰まってる小説大好き。
よくわからないシーンとかだれる。

作者の後書きによると児童文学だけど「子供だけの為に書いたことは無い」って。
つまり子供が読めるように平易に書いてるけどそれでも誰が読んでも面白くしてやる!と書いたそうです。

児童文学。
どんなのだろう。
あまり読んだ記憶が無いけど、自分はごんぎつねが死ぬほど好きだったのは覚えてる。
昔からしみじみバッドエンド好きだったんかね。だからこんなヒネたおっさんに・・・(嘆


毎度脱線。

先の通り小さなエピソードがたくさん連なってる形式なのでちまちま読み進めやすいしおすすめ。
面白かったです。

色々勉強になった、気がする。
うーん、暫く色々読もう。

86の2巻?
今は嫉妬で見れません!!!(正直!w


◆間◆

いやまじで3巻分くらいの構想済みで書いてたのにまさか一次で落ちると思ってなかったから本気で凹んでいるよ!

ただ冷静に分析すると、あれですよ。

デスゲーム系のマンガ。

あれつまんないですよね、なんかもう設定とショッキングな展開だけで引っ張ってへぼい落ちでおしまいって感じの。
名作もあるかもしれないけど目を通したのはそんな感じだった。

・・・俺がやってたのこれじゃねえのかなと。。。。ort

ショッキングな展開と設定に全力でぶん投げて、構成とか文章おろそかにした結果がこれならばやはり反省点はあった。
正直物語のオチを考える時にどうやったらこいつらハッピーエンドになんだよ・・・無理だろ・・・とか思って
うじうじテキストエディタいじくり回していて、落ちをひらめいたときは「勝った!!!」と思ったのですが(単純
ようはそのネタをきちんと調理出来なかったって事なのね。

だったらそれはデスゲーム系と同じだった。

改稿に手を出すと思い切って書き直すと言う事がどんどん少なくなって、あまり変わってないのに
「作った感」があって、スキル習得には繋がってなかったんだろうなぁ。

個人的には結構いじったつもりだったけど、改稿が駄目ってのは成る程ちょっと身にしみた。
やるなら同じネタを使ってプロットから練り直して全部書き直す!くらいしなくちゃ駄目かもしらん。

落ちたけど好きなネタとかはストックとして保管しつつ、新作書くべし。

・・・でもやっぱり過去作のアイデアより面白い物が出ないとなかなかのれない。
この辺いっぱい書いてる人は凄い。

以下宣伝。

電撃落選作
こっちが改稿前。

公開しております。目を通してくれた方は有り難う御座います。
ワナビの改稿ってどれくらいしてんの?って気になる人とかの参考になれば。
ほぼ同じストーリーラインで、序盤の要らない部分をカットしまくって設定の一部を改編して最終盤の展開だけ変えてます。
デウスエクスマキナの主人公がただの狂言回しだった物からある程度納得いく展開に出来たかなと思ってます。
あ、ただどっちもすげえクサいよ。クサいの好きだもの!

次はもちっとさくっと読めてやっぱりクサいの書こう。

◆間◆


005_20170712215206eb8.jpg


脱皮翌日くらいのペス。

最低気温25度くらいだしヒーター切ってるんですけどケージの端っこをピタ適にかませると
そこにくるので結構高温が好きな種っぽい。

フォアグラ(蜘蛛)

インプット週間と言う事でファンノベ座談会で萩尾先生が面白いと書いていた

精霊の守り人

買ってきた。まだ読んで無い。

実はファンタジーの名作十二国記もナルニアも指輪物語もハリポタも見たことが無いのでこの手のファンタジーは
初挑戦でもあり、ちょっと楽しみ。

吸血鬼モノは暫く見ない!とか言ってたのですが、結果出たしポーの一族読もうかなと本屋いったけど無かった。
そうね、古いもんね。困った。

昔ピアノの先生んちにおいてあったけどその時はずっとパタリロ読んでたからなぁ・・・。
そしてマライヒが男って言う意味が全然解らなくてもやもやしていたあの頃。


人の面白い!凄い!っていうものでも自分への合う合わないってあるのでおすすめ作品でもがっかりすることもあるけど
とりあえず人気っぽい物を取り込みたい。
あと情景描写すな。
次は飛び道具(セオリー無視)禁止という事にしたので三人称がんばろ。
つってもその飛び道具で出版された小夜子よ。

面白い展開を書く為に面白い設定と面白い状況を作ろうと躍起になってたけど
べつにふつーの展開を面白く書かれた作品とか見るとやっぱりまだ文章方面で色々頑張らなくちゃ駄目だなーとやや反省。
自己分析して改善して、新しいのを作るというサイクルはしんどい。
しんどいけど、最終的に良い物が出来たら凄く楽しいので今はひーひー言いながら頑張るとする。


◆間◆


飼育関連は特に進展無し・・・!
プルクリペスはまだ捕食しないしもうちょい時間かかるか。
♂はまだまだ元気なのでそんなに焦っては居ないけど。

ここで気を抜いて失敗したら一巻の終わりなので入念に喰わせてから挑みたい。



このカテゴリーに該当する記事はありません。