S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

中編

13・67読了後、なんかノリノリで改稿してるんですけど

前回通しで読み直しながら描写とか補強してた時は最後までやってもほっとんど文字数増えず
どうしたもんかと思ってたんですけど今回は補強すべきポイントが解りやすくなっててもりもり増えていく。

新人賞だと短編と長編がメインになるので中編ってよーわからんポジションだったけど
13・67みたいな分量を言うのであればこのくらいが自分の好みの長さなのかも知れない。

圧縮出来る場所は圧縮、くどさを出したいところはねっちょり。

まぁ中編だと受賞は遠のくので(商品にしづらいって意味で)ちゃんと長編書きますけども!
趣味で書くなら中編もいいなと思ったのでした。


◆間◆


そういや今月末もう講談社の一次発表だ(汗

京アニ大賞は……以前は最後まで何の連絡も無かったけど一次とかあんのかな。
まぁ無いと思っておいた方が良いか。

発表前のそわそわが凄く好きですが、今回は応募してからもガンガン書いてるので
時間経過が早い。なるべくコンスタントに出して行きたい。

13・67 -泰美斯的天秤-

めっちゃ面白かったんだけど中国語名と中国地名に中国組織名がもう全部似たような感じで
結構把握に苦労して(アホなのでは)途中で本棚に一次退避させたらそのまま忘れちゃってた


13・67  / 陳浩基


をまた読み始めた。

6編の中編からなるお話で、現在ラスト一編を残すのみ。


現代からどんどん過去に戻っていくという構造なのと中編、そして中国語の影響もあって
正直私は序盤かなり読みづらかった。
主人公の片割れの名前が關振鐸(クワンザンドー)ですからね……! 読めんしなじみが無いので最初だけ厳しかった!
途中からクワン表記になってすこぶる読みやすくなりましたが。
※各章に人物名と地名、組織名くらいの覚え書きみたいなのあればもっと解りやすかったのにな(ボソ

特に「任侠のジレンマ」がヤクザ的な組織とか地名とか色んな人物が出てきてかなり困った。

で、お話としては全部の章でどんでん返しが存在するんですよね。非常に贅沢。

短編集とかでも大体はハズレが入ってたりするんですけどこれ全部めちゃ練り込まれてる。

終わりが見えたと思ったところから更に毎回一ひねり。
これが如何に大変かっていう。

書き手としてはそりゃ大変だけど、読み手としてはやっぱり嬉しいものです。


で、後書きでもちらっと書かれてたけど

中編は全て本格派の出来なのに、全体を通せば社会派っていう構造になってるのも面白いポイント。
(イギリスの植民地だった事とか、私の世代だとぼんやりニュースで見たこと在るくらいだった)

とにかくそうやって後半に進むにつれて尻上がりに面白くなってきます。

最初は「成る程凄い展開だな」だけだったのに……!
昨日三時までぶっ通しで「泰美斯的天秤」読んじゃって今日仕事中大変でした(社会人失格ゥ!

その後の章でもクワンがどうやって一ヶ月の間に石本添(だったっけ)となんじゃらかんじゃらしたのかとか
描写されてないシーンも凄く気になる(ネタバレ防止するとこうなる……笑)


なんかこういう良い本は最期の章読むのちょっとした悲しさもありますね。
さー今晩中に読んじまうぞ。フフフ。

ってこれ読み終わったらもう一回最初から読めばもっと面白いんだろなー。
白と黒の~も再読したらなにか新発見とかありそう。
こういう仕掛けは結構な量の読者はふるい落とすかも知れないけど、当たれば面白さ倍増です。


格好いい中国名とか色々集めてみよ。ふんふん。

変態技術の結晶

スポーツやってて、試合に負けて自分たちを肯定出来るってすげーなぁ。

そりゃ世界大会前に全く盛り上がらんわけだ。


◆間◆


だからつつかれそうなことを書くなとあれほど以下略。


以前もネタにしていたバンダイの変態技術の結晶、フィギュアっぽいプラモ。
なんか記事みてるとほんとすごい。
素材の透け感を利用して多層整形、素材そのままでグラデーションを表現とか変態過ぎてかっこいいわ。

残念ながらキャラが解らんのでアレなのだけどこれは一度作ってみたい気はする。
でもしらんキャラなので、可能であれば近所のおじいちゃんとかに作ってくれんかのうとか
依頼されるパターンが一番良いんだけどそんなじいさんは近所に居ないっていうか殆ど近所付き合い無いので意味が無いのであるんであるん(初代

かっこいいガレキとか色々買ってみたは良いものの、基本絵が描けないのでアイペイントで挫折しまくる。

クリーチャー物から地道に作って研鑽するのだ……。

サフ吹いてそれなりに満足してそのまま飾ってるちびガレキがいくつかあるけど
最近流行りの筆塗りでも凄く良いよー!ってシタデルとかちょっと食指が。

エアブラシは猫とかの影響で若干使うの難しいけどドライブラシくらいなら自分でも出来るんだ……!

今度都会に出たら模型屋いってこよ。



◆間◆


手持ちのスニーカーの手入れしてたんだけど個人的にトゥにパンチングの空いてない奴が
好きなんだなーってちょっと思った。

あれあるとなんかすごくスポーティ!な感じに見えちゃうし。
元々ブーツばっかり履いてたので通気性とか割とどうでも良い。

体質もあるかもしれんが、帰宅して靴下脱いで即足だけ洗うってだけで何も気にしたことが無い。
いや自分で気がついてないだけで周囲からカメムシ野郎とか呼ばれてる可能性もあるかもしれんが!笑


とりあえず靴は10足ちょいあったらローテーション的にハブられる奴が出始めるのでこのくらいの数で
キープするのが良いんだろうな。

靴は好きで集めてるけど、コレクターじゃ無くて履かないとつまんない。
見た目が好きでも履いて合わなければ手放す。

なんだかんだいって道具なのでしゃーないです。


個人的にリーボックがSALEどぎついのでちょいちょい買ってるけど、足との相性が良いらしく
あんまり手放すことが無い。
リーボックいいよリーボック。

アレキサンダーマックイーンが愛したDMXとかも気になるけど履いたこと無いからサイズわかんねえ。

オオカミちゃん


例のスニーカーを気に入りまくっているのでコラボ先のRaised By Wolvesの製品調べてたりしてるんだけど
その中でU2の同名の曲が出てきた。

なんとなく聴いてみたんだけど、最初は「ふーん」だったのに徐々にはまってなんか最近超スルメ。



政治発言とかどーでも良いのでU2は昔からちょいちょい聴いてたけど知らん曲結構あるんだなーと。



0F7A2472_grande.jpg

ダサかっこいい……!
カタカナだけだと流石に恥ずかしいけど併記なら適度にださくて良いと思うんだけど。
割と欲しい(笑



◆間◆


新人賞に応募するに当たって最初は賞金目当てだったりしたけど
今はむしろ仕事落ち着いてるし楽しいから金はまぁ良いかなって。
自己満足や承認欲求的な理由の他に隠れ目標が二つあって。

片方のリミットが確実に迫りつつある中、割と今は落ち着いて居られている気がする。

最近大してラッキーな事が無いので、一次突破に今年分の運を全部ぶっ込んで欲しい今日この頃。


◆間◆


最近クレジットカードのポイントとか気にするようになったんだけど
お買い得キャンペーンが案外馬鹿に出来なくて驚いている。

今まで結構勿体ないことしてたなーって。

クレジットカードってよくリボ払いが「地獄の一丁目!」みたいに言われるけど
ポイントそこそこつくなら悪くないと思うんだけどな。
自分は金額広げて強制的に一回払いになるようにリボにしてるけどそもそも
クレジットカードで買い物しても物理的にメモして収入と支出で計算してるもの。

これリボがやばい!って言う人は「月5000円払い、限度額100万」とかそういう話をしてるのだろうか。

大多数の人は利子がいくらとか、ちゃんと計算するとおもうけどな。

そこらへん考えずに金を金と思えなくなった人がカード破産して「カードコワイ!」ってなるのはちょっと変な話だと思う。
それカードじゃなくて使ってる人の以下略。


基本はにこにこ現金払い!とは言うけど、現金で買うより1割、2割のポイント(ヤフーのポイントデーとか)
多くつくなら現金よかカード使うわ。うむ。

サービス人参

絵が描けない(唐突


いやほんと絵が下手クソというか、そもそも書こうと思った事がなかったので
「何か書いてみてよー^^」
とか言われて書いたら絶句されるくらいには書かない。

模写とかして上手くなったりしていくらしいけど、そもそも模写をしようとすらしなかった。
美術的な意味では小学校の頃は結構大会みたいなので貰った記憶もあるんですけど
中学生くらいになって「絵を描くこと」に照れを感じるようになってしまって以来どうも駄目になった。

長い、三行。



下手

って事でキャラットというアバター作成サービスみたいなのが以前話題になってたので弄ってみた。
いわゆるゲームとかのエディット機能みたいな感じ。

俺はあの一杯操作出来るエディット機能はどうも才能ないらしくブラッドボーンとかダークソウルなんかで
格好いい女キャラ作ろうとしたら大体不細工になるので最近はじじいキャラに逃げています。


なんぼほど脱線すんねん!

って事でそのサービスで作ってみた。
今回応募した原稿のヒロインと主人公を!

ちょっと楽しかったです。


・・・え、いや公開とかしませんけどね!


どうでもいいけど最近漸くひそねとまそたんのひそねがヴィニエイラ様だと気付いた。

スゴイ。


世の中スゴイ人いっぱいおるな、ともやもやする。

このカテゴリーに該当する記事はありません。