S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

進化論とアンブロシア

Kindleが便利すぎる。

自分の原稿はPDF化して推敲してるけど便利なアプリとかよくわからんので
ページめくりがだるい。

が。

Kindleで小説買って読んでると非常に楽。
なんか登場人物とかさくっとまとめてくれていたり、単語のTIPSみたいなのもあるしすげー便利。
何よりページめくりが楽でさくさく読める。

マンガは紙でもさくさく読めるけど小説は電子書籍のが便利かもしれん。
ていうか便利だ。
今まで本棚圧縮と古本屋に持ち込む手間がなくて便利ー程度だったけど読むのが楽ちんだ。。。



◆間◆



人間の免疫力を高める食材!とかいう番組をちょっと前に見た。

そこでおすすめされていたのが・・・・


ツバメの巣。

ツバメの唾液に含まれる成分が良いらしい。

これを見て結構衝撃を受けた。

何って、ツバメの巣とか何をどう考えて食べようと思ったんだよ!って思ってたから。

何やら遭難して食べるものがない・・・ツバメの巣洗って喰ったれ!
→なんか良い具合じゃけえ皇帝に献上しよう。

って話があるらしい。
これたまたまなのかなぁ。

人間が自分の意識とは別に「これは身体に良い!」って脳内でへえボタン連打しまくってたと思うんだよね。
この前も書いたけど進化論は淘汰だけでは無理だろうし、いろいろな複合的な理由があるんじゃないかなと。

その場合生物が生きている間に自覚していない部分で何らかの情報を蓄積して、それをDNAに落とし込んでる可能性は
低くないと思うんです。
それを進化論的へえボタンシステムと勝手に命名しますが、そういう構造があればちょっと解りやすい。

人間の潜在意識に「それめっちゃ身体に良いから!もっとくえ!」ってへえボタン連打。

古代中国でずっと珍重されてきた食材。
当時は成分分析とか無いのに、ずっと珍重されて高級食材になってた。
別にツバメの巣とか大して美味くはない(いや、そんなに食べたこともないけど)

やっぱ何かそういう身体に良い物をえりごのむ機能が人間にはあるんじゃないのかなぁ。






関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/967-96852258
該当の記事は見つかりませんでした。