S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

万兽之王 -King of beasts-

靴とアウター以外は大体ユニクロ、こんにちは僕です。

いや、自分でキャッチ考えるって結構きついなっていう。


一人称、ちびっ子の頃は僕だったはずですが、小学生の高学年くらいから大体みんな俺になっていくじゃないですか。
でもなんかうちは俺って言ったら親に爆笑されたのがトラウマ(ニュアンスで)になってしまい、
家での一人称がしばらくワシだった悲しい思い出。

一人称ワシの小学生とか完全に人気のロリババア(じじい)ってやつやんけ。


◆間◆


とりあえずポンプ(シュプリームだが)は有るのでディスクが欲しいな、と。
ディスクブレイズね。

ソールが好きじゃ無いからディスクブレイズセルを買ったんだけど、なんか靴単体だとかっこいいけど
合わせると微妙な違和感があり、そこもアリっちゃありだな!と思ってたんですが今度はディスク部分のワイヤーが
変なことになってるエラー品だと判明。返品に至る。

004_20170528210546d61.jpg

「大変ギーガーです」


で、
レザーのディスクブレイズの真っ白の奴をカスタムして履こうかなと思ってたんですけどそういえばちょいと前に
かっこいいコラボ物があったぞな!と思って調べる。


atmos-puma-disc.jpg

atmos×Puma / DiscBlaze “NightJungle”

今も見ても結構好き!
ただアッパーのカモ部分に出てるメッシュ部分が気になる(細かい!!
そして、こいつ人気無かったのかコラボモデルなのにAmazonでサイズによっちゃ(小さいサイズ)半額以下のSALEになってんの。
(23cmと27.5cmだけっぽい。ちなみにちょっと小さめなのでワンサイズUP推奨。ていうか試着した方が良い)



基本的に黒パンツ人間なのでこの色は結構使いやすいと思うのね。
で、色々調べてたら別のコラボモデルが目に留まる。


puma-phantaci-x-puma-disc-blaze-king-of-monster-12.jpg


puma-phantaci-x-puma-disc-blaze-king-of-monster-2.jpg

PUMA x PHANTACi  / Disc Blaze “King of Beasts”


正直最初見た時中二かよと思ったけど、じわじわくる。
ちなみに画像だけだとレオパードが生地、ゼブラがビニール的なの、タイガーが合皮or本革っぽい。
合皮は極力避けたいけど日本だとそこの情報が手に入らないのと別に色物だから駄目になっても仕方ないってんで
今回は気にしないことにする。合皮でもむにむに系だと最悪だけど、擦れる場所じゃないので妥協する。

台湾のセレクトショップとPUMAのコラボモデルらしく、国内未入荷。
残念ながら定価販売だけど丁度クレカのポイント還元キャンペーンでそこそこのポイントがあったので注文。
今までこういうポイントってしょぼいし見るだけ無駄無駄って思ってたんですけどやろうと思うと結構たまるのね。
今回の買い物でもアプリ登録したりしたら更に4000円分くらい還元されててちょっとびっくり。

あ、いやべつに「凄いねボブ!さあ君も入会だ!」みたいなアフィ記事じゃ無いのでご安心あれ(笑


そんなこんなで実質国内のそこそこのスニーカーと同等の値段で買えたのでラッキー。

先の通り、基本的にロゴとか柄の入った物が好きじゃ無く、服はプレーンなのものが多いんで
靴は割と遊んでも落ち着く(と思う)。
同じ服着回してても靴だけ履き替えたら印象結構変わるので面倒くさがりの人は変なスニーカ買えばいいと思います(適当



余談ですが。
アジア人でも国が違うと結構センスとかに傾向があるように感じる。
高校時代の友人に台湾の子がいるんですけど、その子も色彩感覚とかちょっと自分とはちがうなーって感じる。
日本生まれなのになんでかなと思ったけど、親御さんとかのセンスを吸収しているのだろうか。
なんか派手だけどまとまってて上手いのよね。

結構面白いです。



◆間◆



021_201707051903389cf.jpg


レッドアイランドバードイーター

脱皮後ちょいと経過した状態での背甲。

オレンジ~バイオレットピンクが大変素晴らしい。ハアハア!綺麗だ!ハアハア!(おまわりさん!


R_20170705190338a03.jpg


なんで背甲だけやねんというのは、全体だとまだぐだーっとしてて完全にボコられたヤムチャみたいなポーズしてるので。。。

こいつの婿捜し結構大変そうだけどがんばろ。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/935-9f4f2eb9
該当の記事は見つかりませんでした。