FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

クラウドソウル

見たシリーズ!

・青野君に触りたいから死にたい

「なにしてるんだよ、あんた」
そしてその後後ろを見てから名前を読んでる・・・つまりこいつは青野じゃない!別人だー!!



・・・などと言っていましたが普通に友達の事詳しかったりするし青野君でした(白目

全体に漂うホラーの空気と、何気にギャグがピカイチ。面白い。そしてゆりちゃんが可愛い。
続き気になるけど、これ綺麗に終わらせようとしたらゆりちゃんが前向きに生きて行く、青野は成仏なんだけど
そんなゆりちゃんがまったくイメージできん!!!

・キャンディ&シガレッツ

コッペリオン作者の新作。じいさん&小学生の殺し屋コンビ漫画。
設定は面白そうなんだけど、現状若干肩透かし。絵も好きなんだけど。
コッペリオン序盤なんかは凄く面白かったのでもう少し追いかけてみようかな。


・レクリエイターズ

セツナの状況を「死」と表現する事をココまで露骨に避けてるあたりやっぱり意識不明で生きてるんかね。
1話冒頭見てみたけど電車に飛び込んでるけど血の描写ないし、ほんとにあれが死んでるなら直接映像にしていないとも思う。
セレジアさんの物語の主人公も出てきたしどうなるんかね。
一時盛り返したけどちょっとダレつつある。本当は盛り上がる場所なんだろうけど。
主人公の反応がおかしいのでなんとも。

まず主人公は1話でアルタイル見て即気付かなかった事からアルタイル=主人公の未来の作品だと思ったんだけど
そうじゃなくてセツナ氏とのトラブルから忘れたかったんじゃ・・・ってそれは流石に無いんじゃないのかな。
うじうじしたキャラはきつい。これがカタルシスの為の布石であるなら、まぁ。
でも正直色々不親切な部分が目に付くなぁ。

なろう小説で読者にストレスを与えないっていうのはもしかしてこれを猛烈に濃くしたものなのだろうか。ふむん。

・FAG
何だかんだいって面白かったのでびびる。冒頭のケツでしばらく封印してたんだけど見てみると、しっかり。

個人的にキーとなるのは「悪者が出てこない」
キャラクターを衝突させる為に悪者がいると凄くやりやすいけど、色々チープになったりする事も。
バランスよく書ければいいんだろうけど。
何かトラブルはあるけど、きちんと解決して、悪者が居ない。明るい雰囲気でお話を閉じる。
FAGもフレズを嫌な奴にして対決させたりしてはらはらさせて、けど最終的には悪者が居ない。
後述するけど、これ好き。

ケツで断念した人が居たらとりあえず寿ニッパーのくだりまで見ると良いです。

個人的には管理人さんがファクトリーアドバンスの社長とかそういうネタが出るかと思ったんだけどそっちは全然関係なかった。



◆間◆


悪者が居ないっての、個人的に結構好みなんです。
今回電撃大賞に出したもの(吸血鬼)も、今回ファンノベに出すもの(アリス)もどちらも同じく悪者不在。

物語を作るうえで、やっぱり衝突ってのは必要なんだけど悪者が
「グワー!」って死んですっきり^^ってのはちょっと解り易すぎかなと。
ちゃんと衝突して、その上で「罪を憎んで人を憎まず」じゃないけど悪い奴を作らないってのは
読後感のすっきり感に多少寄与している・・・んじゃないのかなー!と思う。
どちらも意識的にやったわけじゃないけど、最近それが自分の好みなのかなーと思ってきた。

悪者不在、ハッピーエンド、王道ダイスキ(片言

現在締め切り間際、終盤戦なんですが気を抜くと応募作読み直してて全然駄目。
多分集中できてないんだろーな、これはまずい。

ココ乗り切ったら一週間ちょいで電撃一次発表だし忙しくなりますぞな。



◆間◆

猫の様子が芳しくなく、ゴミ箱のねぎでもかじったんじゃないのかと不安に。
一応しっこはするけど餌と水は少量しか採らず、だるそうに寝てるので貧血を疑っていたり。
次回病院で色々報告しなくては。

とりあえずサプリとして売られてるネフガードってのを購入。
こんなのあったんだなー、知らなかった。
しばらく継続的に与えてみたい。


◆間◆

桂歌丸が語る裸芸批判の真意 という記事リンク

日本人全員が共有している「笑い」が変化してきていると思う。
この記事ではそこに警鐘をならしていて、苦言を呈されたのはR-1で優勝したアキラ100%という芸人さん。

股間をお盆で隠す芸で大人気とのことで、私も見てみたのね。

別に私は笑えるならそれが新しい笑いでいいじゃないと思っていたけどクスリとも出来ず。
個人差があると思うけど、これの何が面白いんだろう。
ちなみにサンドウィッチマンのM-1のピザのネタはすげー笑った。
※らっすん~とか、リズムネタっていうものが致命的に笑えない人なのでそれが原因かもしれないけど。


小学生を笑わせるのは簡単で、いきなりウンコだのちんちんだの汚い言葉を言ったら大爆笑だっていう話を
中学生の時に国語教師が言っていた。
確かにそのとおりだと思う。それを踏まえて今の笑いを考えると。。。


なんか、日本人の笑いが低年齢化してないかな。
それが良いとも悪いとも言わない。そういう流れなら仕方ない。
ただ私の主観としてはそれは「嫌い」です。

この低年齢化っていうのは割とそこかしこで感じる。
漫画だって小説だってその流れはある。
それが全て悪いとは言わない。
この低年齢化の一つ「解りやすさ」

これはラノベにおいて一時流行った文章タイトルだってそう。
異世界転生に関してもそう。
その解りやすさと言うものは重要だと思うし、それによって読んでもらえるなら自分も取り入れてみたい。
けど、なんか今の流れは安易過ぎる気がして。
気にしすぎなのかな。


とあるバイク屋のおっさんが以前雑誌でコメントしていたのですが
「オートバイってのはかっこよく乗らなくちゃ駄目なんだ」
みたいなことをいっていて。

私にとって小説はかっこいいものであって欲しいなと思うのでした。

なんか話題がふらふらしてわからん?
パメラー!!!(叫び声


◆間◆



007_201706252026361c6.jpg

Hapalopus triseriatus(ヴェネズエランレモンパッチ)


以前飼育していた個体とくらべるとオレンジが強い。
うーん?

パンプキンパッチが有名だけどレモンパッチも可愛いので覚えておいてもらえると嬉しい。
多分マイナーなんだろうなと思うけど可愛いです、頑丈で小さくて飼い易い。

言っても通じないのをわかった上で言うけど足の色も相まってハンドメイド感ありますよね。
・・いや解ってる意味解らんってのは十分解ってる!


012_20170625202635fcd.jpg


蜂とかの警戒色をまねしてるんじゃないのかなって話ですが。


進化の過程において冷静に考えるとこういうのは真似っていうか偶然似ていたから、偶然そいつらが嫌いな捕食者(しかも色や柄で見分ける賢い奴)から喰われずに済みました!って話なんだと思う。
進化って、ようは淘汰によって出来上がったものっぽい。

突然変異と淘汰を繰り返して進化していった。

でもそうかんがえると枯葉そっくりのカマキリとか、それは淘汰だけじゃ無理だろ!って見た目の生き物もたくさん居ます。
なんだろね。
創造論は流石にちょっとなーと思うけど、ここらへん考えると頭パンクしそう。

個人的には恐怖とかストレスによって出てくるホルモンをどういう形かは知らないけどどこかにセーブしていて
それが遺伝子かなんかしらんけど後世へ伝わったりなんか良くわからん謎システムもありそうに思う。
あとは景色とか、そういう視覚データが何らかの形で痕跡を残していたり。
つまり完全に突然変異によるランダム要素だけじゃなくて、そこに何らかの補正が加わってる可能性は無きにしも非ず!かなと。

余り言うとアレなのだけど今自分の中で構想している魂の構造がこれに近い。これは作中の話であって別に何の根拠もない。
この世界が二次元世界のホログラムであるって説が以前出てたんですけどもし魂という物がその我々が知覚している世界ではなく
本質部分に存在するもので今のこの世界、つまりホログラムの再生状態では理解できないものだとするとなんかちょっと面白いですよね。
魂がクラウドデータのような、つまりクラウドソウルとしてどっか別にあるとすれば色々つじつまあわせも出来たり。
※全ての恐怖や視覚情報はリアルタイムでクラウドソウルに蓄積されていく。
繁殖によって獲得した遺伝子が我々を形作るのではなく実際はこのクラウドソウルへのアクセスキーでしかない、とかね。

よく解らないものをつじつま合わせしようとウンウン唸ってる時間が私は好きなんだと思う。

関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.26 21:32 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."青赤"
>冴さん

こんばんは。ひい、なんですかその夢!
怖い夢や嫌な夢ほど記憶に残りますけどそれは別格すぎます(汗
応募した時はまだまだ先だなーとか思ってましたけど、早いもんです。

あの後どう続くのかなーと思ってましたがちゃんと一巻分まで読んでも全部面白かったです。。。!
>頑張るね・・・!
そう、あの独特の汗だく描写が可愛すぎます(笑
ほんとこれ最後どうするんでしょう?
でも多分物語の進め方からして着地点決まってそうなんですよね。
正直言ってありきたりな幽霊との恋愛物のはずが調理次第でこんな面白いとは。
むー、凄いです。
そしてずっとゆりちゃんだと思ってましたがゆうりなんですね、ワオ(恥


>進化論
まじですか、なんですかやはり貴志先生好きはこの手の科学的なほわほわしたものをSF仕立てしたものが刺さるのでしょうか!
きっといろんな要素が絡み合ってるんだと思うんですが不思議ですよね。
確かに捕食者あっての擬態ですし、擬態生物それだけ見てても何もわからんという。
もっと大きな目線で考えないと駄目なのやもしれませぬ。
誰か設計やデザイン画描いててもあんま驚きません(笑

猫はびみょーに元気出てきたようです、有り難う御座います;;
いやもう大好き過ぎて私のメンタルパラメータに直結しているのでこの一週間気が気ではなかったです。
暫く安静にしていたのでまりもいっぱい収穫してやろうかと!

ではでは!
2017.06.27 21:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/925-c67d3717
該当の記事は見つかりませんでした。