FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

雨と、猫と、死と

今朝、猫がなんかおかしい。


部屋の隅っこで香箱座りして無言。

おいでーと身体を触ると「ニャー!(嫌!)」


とにかく腎臓系のトラブルだと死に繋がるので母にしっこ回収頼んで、仕事とっとと終わらせてから半泣きで病院に。

普段病院行く時は母に手伝ってもらう(抱っこor運転)んだけど1人でもささっといけるように
キャリーみたいなものが必要だなと今更思った。

とりあえず先生の謎テクでしっこ出させて検査するも問題なし。
レントゲンするも問題なし。

現状原因が解らなかった。
それでも様子はおかしいので何らかのトラブルは抱えている模様。

とりあえず点滴して帰ってきました。

腎臓系の急ぐものではなかったので様子見になったんですが、じじいなので色々心配です。


「様子を見て何が普段と違うか、後日教えて」

との事なのでじーっと観察していますが、これって何の飼育においてもやっぱり基本なんだなと。



かわ


猫は可愛い。
でもいずれ死ぬ。

死ぬのがつらいから飼わないという人も要る。
気持ちは解るんです、以前犬が死んじゃった時は半年くらい家の雰囲気おかしかったし。

でも、それをさっぴいてもやっぱりペットって良いものです。
別に今までも大事にして生活してきたけど再確認。

残りどれくらい一緒に居られるか解らないけど死んじゃった時に「ああしておけばよかった」と思わないで良いように過ごしたいなと思います。後悔は絶対に残るんだけど減らす事は出来ると思うから。

これは親とかに対してもそうなんですけどね。
犬猫と親を一緒にするなという人も居るかもしれないけど、別に命としては同じです。

相手が死んじゃったらもう何も出来ない。
凄い葬式あげて凄い墓に入れようが、それは生きている人間のためのものでしかない。
だったら生きてるうちに精一杯する方が良いに決まってる。

・・・と私は思う。色々な考えがあると思うけどね。

葬式だって墓だって私はどうでもいい。
大事なのは生きている今この時だと思う。


犬が死んじゃった時はいっぱい後悔したので、今度は後悔を残したくない。残さない。

もう絶対治らない腎臓の遺伝病なのに延命治療を選択して寝たきりのまま餌も食べられず、毎日皮下注射して無理矢理生かしてしまった事はきっとずっと私の心に影を落し続けると思う。
あの時は死を受け入れることが出来なくて、かわいそうなことをしてしまった。


死について考えるにはこういう雨の日が合っている気がする。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/922-d7169cec
該当の記事は見つかりませんでした。