S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ビュンビュンビーム


FAGを見ていて思ったけど

やっぱ空飛ぶのとビームは映像にした時にわりと簡単に(?)派手な演出が出来るんだなぁ、と。

泥臭い陸での戦闘シーンは素人目に見ても技術がいるんじゃないかな。
ブルースリーとかジャッキーチェンの映画での殺陣みたいに格好いい物を作ろうとしたら
きっと予算とか技術の問題で難しいのだ。多分な、多分。

別に飛行&ビームが駄目ってんじゃないけどね。


◆間◆


締め切りまで随分時間がある内にスイッチ入ったのでファンノベは間に合う。
ただどこまでやるか、やれるか未知数。

基本的に一番メインになるシーンと台詞を書きたいが為にそのほかの設定とお話をでっち上げる感じで作ったので
割と冷静に考えたら変な台詞とか喋ってたりする。

・・・これ気に入ってるってだけじゃやっぱ駄目なんですよね。
整合性とるためにお気に入りの台詞もがしがし修正していくとなんか不安になるな。


改稿っても細かい部分を手直しするなら読み進めながらちまちま修正すればいいけど
大きく改造する時は全体読んで、気になる部分、設定を洗い出してプロット組み直してその枠組みにぺたっとはめる。
結構しんどい。

新作書いた方が絶対自分の糧になるんだけどアリスと今回の電撃原稿は個人的に思い入れが強すぎて駄目。
どーしてもいろんなヒトに読んで貰えるようにしたげたい。
ので、今日もあとちょっとがんばるぞい(NEW GAME見たこと無いのに



◆間◆

炭酸水貰ったんで飲んでるけど酸っぱくて不味い。

あれ、これもう書いたっけ。うろ覚え。

とりあえずペリエとか好き好んでレストランで注文する人いるけどあれおしゃれ以外に何かあるの。
水だったら口の中リセットできるけど炭酸水だとすっぱいですやん。食事と一緒にこれを飲む意味がよくわからん。
高貴な人には解るのだろうか。

あとコーラとかの炭酸ジュース、この炭酸水の味を覆い隠す甘味料が添加されてるんだなと思うと結構ホラー。

飲み物は水か茶か珈琲でいいです。。。

関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.06 00:59 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."酸っぱいし辛いし、痛い"
>冴さん

こんばんは。
酸っぱい・・・と思うんですが、あれ!?まさか自分の舌がぶっ壊れている!?
とおもって調べてみると

『炭酸脱水酵素IVによって、炭酸水の中の二酸化炭素が炭酸水素イオンと水素イオンに分解され、この酸が
 PKD2L1(味覚受容体)を活性化して、酸っぱいという感覚を脳に伝える。』

という理屈で酸っぱく感じるようですなるほど解らん!!

調べてみると風呂上がりが良いと言う事なので我慢して飲んでますがゲップが止まりません。
これあれですね、腹減った時に飲むと良いんでしょうね。健康診断当日の朝とか(違
白湯というか飲み物は体温レベルまで上げた方がいいよーとか聞きますよね。
面倒なので水飲んじゃいますが!

>ファンノベ
そうです、去年電撃落ちちゃった奴です。くそう(ぎりぎり
物語を作る時のセオリーってものが自分は無いので台詞だったりシーンだったり設定だったり結構ばらばらです。
でも個人的には書きたい台詞やシーンをでっちあげで繋げていくのが好みかもしれませぬ。
そうじゃないと盛り上がるべきシーンが盛り上がらなかったり上手くいかなくて。
本当はいろんな作り方出来た方が良いのだと思うのですが・・・!

>会話が接着剤
嗚呼ー!そんな感じになったりします。というか会話だけ読んで面白いシーンというのが書ければ解決するんでしょうが
思った以上に難しくて。会話シーンは未だになれません。難しい!
自分ももっと面白い会話シーン書くんだ・・・!

>四つ受賞
調べてみると庵堂三兄弟出た時に読みました。大変失礼な事にあまり記憶に残っていないのですがあの作者が四つ制覇。
まーべらす。
きっとぎりぎり落ちた作品を使い回して同時受賞しただけなんだそうじゃなくて新作書き続けて四つも獲ってたらさすがに凹むんだ(独り言怖いw

>勉強
あんなもん好きな奴は頭悪いと思います(哲学
いや、好きなこと調べたり考えたりは結構好きなんですが「暗記」が嫌い過ぎて駄目です。
勉強自体が面白いって友人もいましたが、どちらかというと褒められるのが好きなんじゃないのかなとか思っていた学生時代でした。

暗記滅びろ!(唐突な叫び


2017.06.06 21:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/906-8851c6bf
該当の記事は見つかりませんでした。