S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

吸血鬼の生態

アンフィビウスの方が馴染む人は多分生き物色々飼ってる人説。

英語発音=コモンネーム、ラテン語発音=学名だと思ってるけど
そもそも英語発音とラテン語(ローマ字発音)をあまり意識してなかったりするので混じってると思う。

スマン!(麻宮御大


◆間◆


漫画とかで吸血鬼って

①吸血することで相手を眷属化する
②食事は血液

この設定よく見るけど、ぶっちゃけこんな生き物が本当に居たら食事のたびに眷属が増えて生態系むっちゃくちゃなのではなかろうか。
だから数が少ないのかもしれないけど食事の頻度が低いのかな。天敵いるのかな。
むーん。

そして「喰らう」事で「対象を眷属化」って何。血吸ってるはずなのに何か注入してるの。
それとも「噛みつき」自体が「吸血」と「毒?注入」ってのに分かれてるのかな。

注入することで相手を自らの管理下に置くって事は毒じゃ無理か。ならナノマシン?
もしくは寄生虫?
むーん②

で。
ここで気になるのが繁殖システム。
例えば吸血鬼同種同士での繁殖ではなく、別種への寄生を兼ねた物を考えてみる。

「ターゲット(人間)を吸血することで卵的な物を産み付け、ターゲットを眷属化(疑似的な子孫)へ組み替える」
→つまりターゲットが繁殖相手と子供を兼ねる。

これなら最も死にやすい生まれたてほやほや時期を無くせるので良い感じ(そうか?
吸血鬼、寄生生命体バージョン設定完成。ワーイ。

つまり繁殖において相方が同種である必要は無く、ただ仲間を殖やす為の道具としてのパートナー。
っていうか繁殖行為(吸血)だけの存在。

こーゆーの考えると割とわくわくする。私だけか。そーか。

彼岸島の吸血鬼システムだと眷属どころか吸血鬼そのものになるのでよりいっそうあり得ないけどあの作品はそのばかばかしさすら面白さに変換してるから凄い。
そして吸血出来ない吸血鬼の一部が邪鬼になるって設定とか単純に面白いなって思う(うろ覚え)

既存の設定と化物を真面目に考えるとどうなのかなっていうのを割と解りやすく描いてるのが亜人ちゃんは語りたいなので
未見の人は見たら良いのでは無かろうか。デュラハンちゃんだけは量子力学云々でちょっとややこしかった気がするけど。

とかうだうだ考えてネタ帳が謎の単語で埋め尽くされていく今日この頃。

※別に吸血鬼ネタだけど今回応募した奴とは全く別のお話ですぞっと。


◆間◆


応募から一ヶ月弱経過。
あと一ヶ月で一次発表・・・とか思ってたら発表7月だから二ヶ月もあるんですっと。うへー。
正直今年は自信あるだけに一次が一番怖い。

そんなこんなで今月末にGA、来月末がファンノベの締め切りなんですけどGAは・・・多分無理だ間に合わねー。
アホみたいな出だしで書き始めても終盤どろどろになっていくのはこれ多分私の病気。
ポップで読みやすいものを!ってのが今回の課題だったのに。どうしてこうなった。


◆間◆


007_201705082005465ed.jpg


お腹しおしおだったので水入れ投入してしばらく放置したらお腹ぷりっぷり。
やはり乾燥棲にこそ水入れですな。

餌は食べないけども!あーやきもきする!

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/879-d830d720
該当の記事は見つかりませんでした。