S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ガスマスク少女とコスプレとキャラデザ

ニーアの2B、公開された時はこんなに盛り上がるとは思ってなかった。
いや好きだったけどニーア、マイナーだったし今の盛り上がりは流石に予想出来ん。

でも、あれってどうしてあそこまでウケたんでしょう。
そもそもデザインが良いってのは置いておく。

理由の一つとしてSNSでの拡散によって人気出たって側面は否定できないと思う。
ある時期タイムラインに2Bばっかりだったもん。

・イラスト編

目を隠す事で均一な仕上がり!

・こすぷれ編

目を隠す事で均一な仕上がり!


・・・いや冗談じゃなくて割と真面目にあると思う。
コスプレって、自分で楽しむ人もいるかもしれないけど、やっぱり多くの人に見て貰って
「綺麗だね」とか「そっくり」とか言って貰いたい物だと思う。いやした事無いからわからんけど多分そうでしょ。
でも、やっぱり人の顔って千差万別なのでやりたいキャラと似合うキャラが乖離していることも多いはず。
ドラマみても「話題のイケメン使っておけばいいんだろ」ってキャスティングはその人は悪くなくとも
絶望的に合ってなかったりありますもん。

コスプレは経験無いからわからんけど服装で行けば自分はもっとマッチョなら色々やりたい服装はあるのです。
結局もやしっ子なので体型に似合う服装と好きな服の中間をチョイスして着てるだけ。

その理想と現実の距離感。

それをある程度隠してくれるのが目隠しではないかと。

キーワードは「均一な仕上がりに」


これ、無視出来ない要素じゃないのかなー。
「拡散させやすいデザイン」というのは今後大事になるんじゃないのかな。

そんなわけで2Bの目隠し以上に有用だと思うのが……!


ガスマスク


いやマスクでいいんだけど!
口元だけのガスマスクならナウシカとかもやってますね。別にフルフェイスでもいいけど。
マッドマックスのああいうマスクでも良い。

基本的に目元はメイクにおいて一番作りやすい(メイクさん談)
ざわちんさんという方もそうでしたが口元隠すと結構色々アイメイクで遊べる(はず)。

だったらガスマスクしたキャラクターは今後大ブレイクする可能性があるのでは無かろうか。
だって目隠しより絶対に「作りやすい」

更に。
人間の情報は大半が視覚情報で、そして男は脳味噌の奥深くに「女体が好き」って命令を書き込まれている。

コスプレする人って「本当にそれが好きでやっている人」だけじゃなくて
「ちやほやされたい人」も一定数いるそうで。
ほら、思い出すのもアレだけど20代とか言い張って秋葉原でパンツ見せて逮捕されたおばさんいたでしょ・・・(居たんだよ・・・)
そういう人の中にはコスプレを理由にセクシーな服装でちやほやされたい人もほんの少しはいるはず。

つまり、若干セクシーで口元隠したキャラクターが今後SNSを発端として大ブレイクする可能性がちょびっとある。
(ちょびっとかよ!)

アホな内容も順番に論理的に(?w)組み立てるとちょっと面白いという。



セクシーなのはまぁいいとしてもガスマスク、流行れ。
※ただ露出がせくしーだと思ってる奴は年の数だけマメ食ってそれを年の数だけ繰り返してからもう一回来い(何様

◆間◆


アイギスでデスピアさんの事をデスピャーさんとか呼びますけど、私……

ヘルニャーさんが再発したっぽい・・・(アイギス関係ねえ!


まだ病院で見て貰ってないけど、多分。
椅子の上であぐら書いて必死こいて原稿書いてた時期突然左足がしびれだして「なんぞこれ」と病院行ったら

「椎間板ヘルニアの初期症状かもね」

とか言われてびびって今使ってるセラチェアかったんですよ。当時は賞金を当てにしていたのですが(笑

で、本日もう治ったと思ってベッドであぐらかいた瞬間また左足に違和感。
ふくらはぎが軽くつったみたいになって力が入らない。

調べたらこれも椎間板ヘルニアの初期症状の一つらしく。

病院嫌いだけど流石に怖いので仕事帰りに行かねばならない。


あぐら、駄目絶対。

とりあえずサポーター巻いて暫く生活です。
腰って大事なので酷くならないように気をつけないと。

解っては居るけど健康な時は忘れてしまうという人間の愚かさよ・・・!


どうでもいいけどセラチェアは本当に一年以上使ってるけどメンテ(掃除)しやすいし猫が乗っても平気だしおすすめしたーい!
アーロンのメッシュ座面は猫ばりばりで多分一撃死ですからね!

ヘルにゃーと言うともう手術とかそういうのがふわふわ脳裏を飛び交うので早いとこ病院行ってすっきりしたい。ああ~。


◆間◆



013_20170419203605135.jpg

「見てるぞ」

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/861-56603dd7
該当の記事は見つかりませんでした。