S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

(捻れ/捩れ/拗れ)た世界




買ったシリーズ

・響 ~小説家になる方法~ 
・君は月夜に光り輝く

前者はおすすめされてたんだけどその時は特に何も思わず。
本屋に行ったら専用コーナーで試し読みがあったのでちらり。面白そうなので大人買い。

後者はネタバレを目にして読む気無くしてたけど「キャラ死んだよ!ほら泣けよ!」って感じではない
らしく興味があったので。

とりあえず今日は読み切った響について。

サブタイトル。

~小説家になる方法~

嘘 を つ く な !笑(良い意味だゾ

響は、うん。面白いね。しかもくっそ面白い。
突っ込みどころはちょこちょこあるけど
(響はともかく女編集の癇癪は社会人として許容範囲外!とか嬉しくないパンツとか、あと「お前がド変態野郎だとは思わなかった」とか笑)
「あれは頭おかしいだろ」(作中台詞)
俺もそう思う(笑

山田悠介をネタにしつつもフォローしたり、色々グレーな所を攻めてる。
(HIPIHOPを取り入れる云々のコマとか電撃大賞受賞作チェックしてる人からしたら解ってやってるのかを聞いてみたい笑)
お話としては1巻時点で不満だった部分が「ひっかけ」であると2巻で判明してすげー面白くなった。
持つ物と持たざる物、いやーたのしいぞこれは。

作中のゴリラの女性作家の気持ちが凄くよくわかるし、共感した。

自分の外見に対するコンプレックスって大小はあれど誰にでもある物だと思うし、自分も一時色々思うところがあった。
だからアパレルで働いてた部分もあるのかもしれない。
アパレルってか服好きな人は少なからずこの傾向があると思う。だから、私はそのコンプレックスを埋める手伝いが出来る
販売員ってのが凄く面白いと思ってはいた。けどまぁクソみたいな先輩の客を慮る前にとにかく売れって方針やらで
大嫌いにもなったのだけれど(笑

脱線した。今となっては外見とかどうでもよくなってはいるんだけどもね。
自らの中で煮詰めまくった「汚い物」を凝縮するのがやっぱり人間なんだ。汚いから人間はやっぱ面白いと思う。
この世界が失敗作の悪の宇宙だから、面白い。
きっとこの宇宙が「成功」してたら何も面白いこと何て無かったんじゃないのかね。LAWルート。
ケイ素生命体みたいな綺麗な存在は人間じゃ無いのです。

はいまただっせーん。

とにかくヒネた人間ほどこれを楽しめると思う。
と言う事はこれが評価されるなら世間がヒネてるのか?

だったらヒネた人間のヒネた世界が来たのか?そうなのか?

うおおおおおお!(来ません




結婚?友達?
世間が決めた幸せが本当に幸せだと誰が決めたの?
周りからどう見られようがそれでも自分は楽しいし、それが世界の「幸せ」と乖離していようとそんなものはどうでもいい。

っていう響が凄く好きだ。
(恐らく連載当初の設定とはちょっと中身変わってはいるけど)


面白い漫画ってだけじゃなく作中作(これは駄目な作品としてだけど)の四季降る塔の設定だけでも面白いんだよね。
※一日で一年が経過する塔から世界を見つめる少女の話

「私がしてると思うの。」
パンダのシーン
とか笑えるところもちゃんと有るし。うーむ。



問題は。

ぼかしてかくけど作中でもうこれ以上無い部分に到達してしまった訳で。
そこから六巻の内容。

どう続けるのかはちょっとだけ気になる。

面白いまま終わって欲しい。今のところずんずん面白くなってるだけにそう思う。

作者さんのBlog見てみたら成人漫画書いてた人なんだって。
ちょっと意外だった。
いや偏見とかじゃなくて、作家目指してた人なのかなって思ってたから。

うーむ。



関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.17 02:19 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: 響"
>冴さん

コバンワ!(片言

って何とタイムリーな!笑
ほんとに大先生の子供は普通にあっさり引っかかっていてちょっと悔しいです(笑
見た感じイケメン君はキャラ設定ちょっと変更喰らってそうではありますけどあの展開にはびびりました。
それを受け入れてるっぽい響もすげー。あんな部屋見たらトラウマですよ・・・!
私もあのラノベっ子には是非頑張って貰いたい。ヤンキーとの組み合わせも好物です。
とりあえず小説家になる為にハイキック練習しとけば良いですかね?違

ヒストリエはスキタイ人の設定とかもう全部大好きです。惜しむらくは出るのが遅くてやきもきするっていう(笑
遅筆だそうですが是非はよ!11巻はよ!

ギデオンはフランス革命と言う事なのでベルばらやイノサンあたりと比べつつ読んでみたいなーとか思いつつ。
試し読みが無いので漫画喫茶でも行ってこようかしらんであります。

>ぷろっとりょく()
構成とかそういうの考えたらぷろっとりょく私も欲しい・・・ort
あと推敲しなくてよい文章力と(以下延々続くので割愛)

>猫まりも
特定のツボを突くことによりあの形状で排出されますごめんなさい嘘です。
仰るように猫の毛をブラシですいて集めて、それをひたすらこねこね丸めて大きくしていきます(笑)
楽しいので是非機会があればLet'sこねこねなのです!
2017.04.17 19:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/858-71eb759d
該当の記事は見つかりませんでした。