S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

電撃大賞応募完了の巻



応募前、煮詰まってきたので息抜きに「ばらかもんとかよつばと的な奴だろう・・・」と見てみたアリスと蔵六。
いきなり異能バトルでぽかーんでしたが、なかなか攻めてる感じで面白い。

漫画版が出てるのでそっちを読んでみたけど・・・

この絵柄で哲学的ゾンビみたいな話や、結構ヘヴィな展開。

文章力と絵は似てる気がする。
解りやすければそこまで綺麗で美麗なものは要らん。
綺麗に越したことは無いと思うけど、それよりは「合ってるか」どうかだなーと。

結構絵柄とストーリーのギャップはあるのに良い具合にマッチしてて良い。
そしてそんなヘヴィな展開をたったの2巻でやりおったという衝撃。
そして、「そういう展開になるのか」と思わせてあっさりと3巻の内容にシフト。
しびれる。
こんな漫画あったのか、まだまだ衝撃を受ける作品は多い。



◆間◆


「応募総数は関係無い。面白ければ受賞する」

ほほー。(※私の言葉では無い)

あと最終に残れない作品は等しく商品として価値が無いみたいな話。
これもその通りなのかもしれない。全部とは言わないけどね。
~次通過なんてものは大して意味が無い。


原稿300枚を目標にちまちま増やしてたんですけどメリハリを付ける為に吟味して前半の
「美味しい所」に行くまでを中心にばっさり15枚分カット。
300枚を目指していた理由というのが他の新人賞の規定内に収まるというなんともだっさい理由でもあったのでそぎ落とす。

プロローグで謎をチラ見せして、「どうなるのかな」と思って読者はページ捲ってくれるけど
そこでダレると嫌になっちゃう。
起承転結のフラクタル構造とでも言うべきか。
それともマトリョーシカか。
そんな感じでぐいぐい読者を引っ張らねばならない。読者を飽きさせず、話のメインまでたどり着かせるのがまず第一関門。
そして心を揺さぶって、最後に驚かせた上で納得させて、「続きが見たい」と思わせる。

編集者がほしがる目線をアクセントに書いて、その上で匿名作家先生の「読者あっての作家」って話も加味して添加。



始点変更について。

※イメージ

○○●○○●○○●○○

○○○○○●○○●○○

視点変更が駄目ではないけどちょっと多いから没入感削ぐよと言われたので見直し。
昨日のネタで指摘された骨子は残念ながらいじると崩壊しそうだったので没入感を殺さないようにこの辺の調整を今回メインで大改造。
黒いのが別視点だとすると一個減らすだけで視点変更回数は二回減る。結構違ってくるもんだなーと。
その分前後に溶け込まして情報量自体は変更しない。


恋愛物において、男性はくっつくことをゴールに設定するけど女性はくっつくのをスタートにする傾向があると聞いた気がする。
ふむん。
いや、だからどーこーいう話ではないのだけれど。


そんなわけで2017年の電撃大賞応募作全字晒し。


「フォビドゥン・ブラッド ―蒼の福音―」


自分のモチベでもあったクトゥルフ要素は抜いちゃったけど逆にナショジオ的な要素をぶっこめたので満足。
設定と、物語の決着をつける仕掛けについては絶対に他の作品に負けない自負がある。
(ま、応募した日くらいそう言えないと受賞など出来んわ)

とりあえず満足。現時点で私からこれ以上の物は出ない。去年も同じ事言ってたけどそれは自分がサボったのを
誤魔化した上でだったので、うん。去年と今年は違う。

去年落ちたアリスをどうするかがちょっとだけ悩ましい。
電撃に出すか、ファンノベもしくは星海社。


ささ、新しいプロットかこーっと。

関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.11 16:20 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."ワナビ坂"
>冴さん
ふぃー、お疲れ様でした……!
お、郵送組ですか。
郵送すると講評が紙で貰えるらしいのでそっちで出せば良かったなとちょっとだけ思っていたり。
どういう基準でばらまかれるのか謎ですが一応公式曰く20名の下読みらしいので確率的にはそう
同じ所にはならぬはず……!

>謎プロ
あくまでも詳細は不明なのですが(笑)
でも自分が試してみようと思ったことをつらつら書かれてたので割とマジっぽいなぁとか思いつつ。
仮に偽物だとしても有用な感想は有り難く頂戴出来たので良しなのです!

>なろう
やはり物によるんだと思います。最近話題(?)の「ビュッ、ビュッ、ビュッ――!」という擬音語を連発して
描写を全てこれで簡略化するという奴は流石にどうなのと思いますし(笑
私も好き嫌い激しいのですが、今の状態でそういう事言うと嫉妬にしか見えんな……というのも大きかったり(汗
あとは人気のある物には何か良い物があるというのはその通りなんだろうなと。
なろうの人気作にもきっと良い部分はあるんだろうなと思います。せめて読んでから文句垂れようかなと思います。

ある程度自分のやり方が確立されてきちゃうとそれを変えるのはなかなか難しいですもんね。
それでもフレキシブルに動けるように意識だけは若く居たいとです……。
……まぁ一週間位したら「ビュッ、ビュッ、ビュッ――!」とかネタにしてそうなのですが(汗

>アリスと蔵六
絵柄含めて好き嫌いはありそうなのですが私は結構好みでした。想定したルートを進まないのでストレスを感じる人はいるやもしれませぬ!
ヒストリエですが、あれ読むのは……義務です(真顔&嘘
ただすごく面白いです。独特の雰囲気があって私は大好きです。作者天才だなっていつも思います。
お話としても素晴らしいですし……!アレキサンダー大王の基地外っぷりも素敵です。

キングダムは良くも悪くも絵の上手い少年漫画って感じですがヒストリエは青年漫画だなぁとしみじみ思ってしまうデス。
ギデオンは未見なので今度見に行ってみようかしらんであります。
歴史物だとアドアストラが絵と題材に騙された!つまんない!って感じでした(酷&個人差

キラプリおじさん、何気に読んだ人軒並み高評価っぽくて笑っちゃいます。なんだこのギャップは。。。!
悔しいっちゃ悔しいですが、出した新人賞の受賞作が面白いのは不思議な爽快感がありますよね。いや悔しいですけど。
(何回悔しい言うのw)
今年はどんなラインナップになるのかワクテカです。
俺達はまだ登り始めたばかりだからよ、このワナビ坂をよ……!(うろ覚え

蜜柑!
2017.04.11 20:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/852-74909cdd
該当の記事は見つかりませんでした。