S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

電撃大賞獲り方考察(著:何も獲ってない人)

原稿終わってリフレッシュってんで色々見てますが堕落論やっぱおもしれー。
UN-GOが面白かったから読んでみたミーハーだけど凄く共感。
短いので暇な人はおすすめ。


◆間◆


電撃大賞締め切り一週間切っております。

うちはもう一度週末に推敲&研磨しておしまい。

応募したらタイトルは全字晒しする。鬼門の吸血鬼物。

前回は面白ければ受賞する、と思ってたんだけど自分の場合それだけじゃ難しいかもしれない・・・ってんで今回は戦略も立てた。
最近はやった物を独断と偏見でかみ砕いて咀嚼。
一部を書き出してみる。

基本的にはコーチングとコールドリーディングの応用みたいな感じ。
慮りまくる。

小説は書いてるだけでも面白いけど、やっぱ勝ったらもっと面白いと思う。
なのでそのつもりで書いてる。
昔のモンハンとか、シレンとか大好きだった。
自分が上手くなるのが解るのはオッサンなっても面白い。



★編集者が欲しい作品とは何か?

それは売れる小説(まぁぶっちゃければ。ただ当然それは編集者すらわからんと思われる)

普通の小説と違ってライトノベルの場合シリーズにして売り上げを取っていくパターンが多いと思われる。
出版業界が割と疲弊しつつある今、単巻で終わって続編が絶望的な作品の場合よほど上手に書かないと難しい。

→続巻が望める物



「君の名は。」の大ヒット。
一般人を巻き込むとやはり強い。あれ小説版ちらっと見てみたけど文章的にも内容的にもそこまでとがった物では無い。
王道ではあるし映像面では凄く上手かったのでヒットについてネガ言ってるんじゃないよ。私はあの作品すこぶる楽しんだ人なので。

脱線。
所謂「ラノベ」はオタクの読み物だと馬鹿にされるけど「一般人が読んでも良いと全体が認めた物」は強い。
例えばなろう小説の中でも性欲の無い骸骨主人公のオーバーロードは多くのファンを獲得していると言っても良い・・・はず。
(ただし私自身は読んでないのである程度のアウトラインだけで判断しているのは認める)
「異世界でパンツ職人になったから助平し放題(架空)」みたいな作品だと絶対に人に勧めることは出来ない。
だが前者であれば人に勧めることも可能。

→一般人を巻き込めて読んでも恥ずかしくないと認識されるもの




けもフレの大ヒット。
解りやすい導入と、使い古された古典的な設定。けれどそれでもきちんと丁寧に視聴者を驚かせて
視聴者の望んでいたであろうハッピーエンドを見せた。

→王道は強い




SNSでの宣伝力が馬鹿に出来ない今、宣伝しやすいというのは上記オーバーロードの話と被る。
「ラノベだけど、これは違うんだって」そう薦められたことはないでしょうか。
私はある。イリヤとか。
この褒め方は結構使われてると思う。やっぱり普通の人がラノベをおすすめするのはちょっと難しいのかもしれない。


→「ラノベっぽくないラノベ」という強味



なろう小説の大人気。そして文章になったタイトル。
否定はしてるけど「タイトルがあらすじになることで内容が想像しやすい」というのは強味だと思う。

→表紙(帯とタイトル)での吸引力が望める設定とタイトル
→つまり映像化(絵)した時にインパクトのある物に出来るかどうか。



おまけ。選考委員の先生達を知る。
これは最終選考行ってからの話。私の場合高畑京一郎先生がメインターゲット。
たまに講評にいる「(先生の名前)賞を贈呈したい」とか書かれてる作品。ああいうの羨ましいもんね。


等など。ばらばらに書いたから重複してるのは愛嬌。

ただ勿論「相手の望む物を作る」ってのはスパイスでなければならない。
それが肉になったらどうなるの?っていうのは「なろう」のランキングを見てみて頂ければ。
それをメインにするとただの最大公約数作成マシンとなって死ぬ。
ってもなろうとは文法が違うので別に競合しないとおもうけども。



以上なんかだらだら書いてるけど現状これらはただのワナビの妄想であり何の説得力もありません。
まぁわりと当たり前の事書いてるからはずれだとは思わないけど。
これで一次落ちとかしたら本当に無意味な能力の無い奴が書いた作戦(笑)になるので鼻で笑って忘れて欲しい。
まぁそうならない事を切に願う。もう電話は待ちたくない。あれは恐怖。


書き始めて一次、二次突破まではしたけどもうちょっとでブレイクスルー出来そう・・・って悩んでる人の目に留まればこれ幸い。
(ちなみにBlogでは・・・使ってるけど原稿では本来…を使う。そういう基本は支援サイトとかあるからそっち見てね)
自分がそれで悩んでたのもある。


◆講評と晒し行為

人の感想ってのはかなり有用です。

私も前回別作品講評で酷評(Bマイナスの男)された文章力については随分意識した。
特にアクションシーンはブラジリアン柔術の動画とか見ながら書いたりしたし(真顔

あとベースになったヒガンバナに貰った感想とかも一部は取り入れてます。
2chの晒しスレとかでボッロクソ言われたけどボッロクソ言われたけど(二度w)それでも参考になる意見をくれた人も居たし
そういう意見は凄く参考にしたし調整もしてます。
そもそも素人の小説を読んでくれて酷評であろうと感想をくれる人ってのは基本ツンデレの良い人なので
反発したりせずまずは素直に受け止めるのが重要です。いやほんと。
※貰ったのはデウスエクスマキナはやめとけ、視点変更も絞れ、解りづらい等々。


あとは講評ですが、これ読んだ人によって個人差が凄くある。
例えば複数人からの講評貰えたらしめたもの、同じとこ褒めてくれる人が複数いたらそれは自分の強味だし、逆も然り。
でも一人だとそれが個人の好みなのか全然解らん。困る。

なので一人しか書いてもらえない講評だと鵜呑みにして迷走しちゃったりするかもしれん。
そういうときは「見る目の無い奴よ」と割り切るのも有りだと思う。割とマジで。

人に読んで貰って、感想を貰うというのは書き始めで迷ってる時期とかは凄く大事。
そういう意味では晒し行為というのは手軽で凄く有益だと思う・・・けどやっぱりそこはネットなので悪意を向けられたりもする。(上でも書いてたわ・・・)
きちんと自分で感想を選べるように意識して、あとは心が折れないように気を配るべき。
更にそういう事すると応募出来ない新人賞もあるので事前に応募予定の賞の規約は見ておきましょう。


別に今現在そういうの興味ない人でも文字さえ打てれば、最悪紙とペンさえあればもくもくと打ち込めて楽しいので
チャレンジしてみてもいいんじゃなかろうか!

恥ずかしいのはね、最初だけなんですよ!
※裏を返せば最初はちょー恥ずかしいぞ!覚悟するんだ!の意


なんかTポイントが大量に貰えたのでそれ使って脚本術の本買ってみた。
基本も一応・・・ってこれ読んでも改稿の余地ないけどね!

関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.06 17:04 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."早乙女流脚本術裏奥義 凶藻壱弐血頑張添"
>冴さん

コニチワ!ココニチチワ!コニ!コチ……コチ……ワ……!(脳味噌オーバーヒート

おお、まだ絶賛研ぎ研ぎ中なのですね。
あれ投稿順みたいですし同じブロックで争うことになるやもしれませんね。緊張してきます(gkbr
一字晒しとか面白そうだなーと思っていたのですがあそこはIP表示?云々であまり書き込むの止めた方がいいよーとか
言われたのも有り基本ROMなので、ならこっちでやるか→PN晒してるし別に変わらんな!という(

流石ミステリマイスター、研究してるのですね。一人の視点で書かれた者よりたくさんのプロのアドバイスから
自分に合う者をチョイスするというのが良さそうです。今回私が発注したのもそういう奴にしました。
乙一せんせもそういうの書いてるのですね。ほむ。

>ひきこもり
おおう、あれも面白いのですか。なんか去年の受賞作豊作のようで応募する身としては期待に胸膨らみつつ
ハードルUPなプレッシャーで身が研ぎ澄まされる感じです。ぞいぞぞいぞいぞいぞいゾイ!(週末推敲がんばるぞいの意)
結末に関してはどうもハッピーなものではないらしいですが、それでも変えないでくれと審査員に書かれていましたから秀逸なのでしょうね。
うーん、火星ポストも気になるし一段落したらひきこもりも読んでみようと思います。

あとちょっと、お互い後悔の残らぬよう踏ん張りどころですね!
お互い競争相手でもあるので頑張りましょうなどとは言いませぬが
自分の他にも頑張っている人が他にもいるというのを励みにせっせと推敲がんばるゾイ、です。
2017.04.06 20:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/846-e37fa61f
該当の記事は見つかりませんでした。