S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

退廃への螺旋を断ち切る為の虐殺(の可能性)

某職場にて見た目だけが本人のよりどころとなってる感じの出来ない系の主婦。

スーパーかどっかで言うこと聞かない子供に舌回して罵倒しまくったら旦那に口が汚いと苦言を呈されたらしく
それに対して愚痴ってきた。そらそーだろ


うん、私は一定以上に自分の感情をコントロール出来ない系統の人は完全に別物だと思ってるけど
別に否定して険悪になるのもいやなので肯定も否定もせず話を聞いていたのですが。

馬鹿は遺伝しないけど馬鹿に育てられるとやっぱ馬鹿になる傾向は高いと思う(辛辣!)
子供は親を見て育つんだからさ。

言い直すと人の器を作るのは確かに遺伝子だけど、中身を作るのは教育。
そして遺伝子より教育の方が人間を作る上で比率はでかい。
親が誰かは正直その人間を形成する上で大して関係無いと思うけど育てる親は大いに関係がある。
だから里子だの赤ちゃんポストってシステムを否定は出来ないと思う。
余裕のある人が育てた方が子供は幸せになれると思う。
私はハーレムとか興味ないけど、一夫多妻制ってのは一部の金持ちが富を独占している今の社会で
割と良い仕組みだとも思う。

教育は学校だけじゃ無く、人生全てが勉強でもある。子供のうちは特にそう。
だったらやはり最も接する機会の多い親は自動的に先生になる。
その先生が駄目だと子供も駄目になる可能性は上がるんだから。

勿論酷い環境で育って立派になった人はたくさん居るしこれはあくまで傾向の話。

国を作るのは子供、子供を育てるのは母親(っていうと差別だとか言われるかもしれないが一般的な話な)
でも今は兼業主婦多くて、主婦が出来る仕事だとやっぱり限定される。
そういう仕事だとストレスもたまる。
そして子育てに影響出る。


完全に駄目な方向に捻子が向いてる感じするね。
怒鳴り散らして子供でストレス解消するような親が少なくは無い。

景気よくなって専業主婦が増えるとまた違ってくると思うんだけどな。
このまま人間の質が落ちて行って景気が良くなるビジョンが見えない。
不景気が進行し、馬鹿による馬鹿作成、そしてそれが延々続くと仮定するとどのホラーより怖い。

たまに思うのだけれど。

ゲームの魔王が世界を滅ぼすのだーとか言ってるけどそろそろ80億に到達する人間を強引にでも減らして
優秀な人間だけを残そうという考えは思ったより自然かもしれない。
ダンブラウンのインフェルノもそれに近しい内容だった気がする(帯見ただけ)

ただ大量虐殺をするという行為を生き残る人間に知らせるべきでは無い。
知っているのは一握りで良い。大多数は羊であるべきだから。
彼らはただ有れば良い。
だったら、その為に最もあり得るのは災害と病気。
自然のせいにするのがもっとも無難。

だからそういう都市伝説的なケムトレイルや地震兵器が本当に研究されて存在していたとしてもそんなに驚かない。
むしろそれを選択肢に入れてないなんて考えられない。人間なぞ本来屑であるというのは繰り返すけど持論。
(当然だが特定の災害に陰謀論をこじつける脳みそは持っていない)

人間として調和してきれい事の上で生きてるけど、その調和が崩れて人間が本来のホモサピエンスになる時が来たらきっと
大量虐殺は普通に起こりうると思う。
その負の螺旋を断ち切るには殺処分するのが一番手っ取り早いんだから。

非常に非効率的なのだけど、SFでよく見る「存在価値が低いからお前は殺処分」ってのは
分岐していく未来において絶対無いとは言えない程度に可能性ありえるとおもうんだよね。
大体年間1億人以上増えてるらしいので、多分もうすでにそんな個別の処分じゃ追いつかないんだけど。

当たり前だけどそういう事が起これば良いとかそういう話では無い。
私は身の回り以外どうでも良いと思ってるけどそれでも平和で幸せなのが一番良いと想ってるし。
これはネタではなくほんとにね。

私は不可知論者だけどグノーシス主義には「なるほどね」って思う部分が多々ある。
超大ざっぱに書くと
「この世界は出来損ないの神が作り出した失敗作の悪の宇宙である」
某ゲームのラスボス、ヤルダバオト(デミウルゴス)がこの出来損ないの神。

・・・とだらだら書いてる暇があったら原稿進めろという話でした。
何かフックとなるネタ(今回だとアホの子供罵倒)から膨らまして記事書いて脳内整理するのは捗る。

グノーシスはその内ネタにしたい。



これ割と面白いのでグノーシスに興味あるならおすすめ。


◆間◆


時間ない時間ない言ってそりゃこんな事書いてたら時間も無くなるっつーの。

でも多分毎日文章打ち込む習慣になってるこのBlog記事も自分の練習の内になっては居ると思うので、うん。
良しとする!(決定!)



rgg_20170330195109395.jpg


リオグランデゴールドには赤玉土が似合う気がするけど食いが落ちたりするので今はヤシガラ。
この辺は未だに手探り。

とりあえず食べないタランチュラは床材かえたりすると何故か食いつきが改善されたりするのでよーわからん。

関連記事

2 Comments

黒猫 says...""
こんばんは、猫さん。
アースタイガー等の床材交換で食が復活は理由が明らかですが、乾燥系は本当に謎です。
家ではチリコモ(ポルテリ)だけでも5頭おりますが、同種でも床材の好みが違うようで、赤玉(微粒)とピートの派閥が出来てます。
リオグランデは1頭しかおりませんが、ヤシガラにすると端っこに全部追いやられてしまい床が底面丸出し状態になってしまいます。(笑)
これも幼少の頃に育った環境の違いだったりするんでしょうかね。
2017.03.30 22:53 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>黒猫さん

こんばんは。
(先日は有り難う御座いました:ボソ)

え、明らか何ですか。私は案外そこら辺感覚的にやってますが理由がよくわかってません。
乾燥系は確かに仰るように飼育されてきた環境によったりもするんでしょうか。
振動を敏感に感知する生物ですし、床材っていうのは思っている以上に好き嫌いがあるものなのかもしれません。
気にくわない床材を掘りちらかしたり水入れぶちまけたり、あれなんなんでしょうね(笑

結局今は手探りで餌を食べるように調整するのみです・・・。
2017.03.31 22:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/842-28314d53
該当の記事は見つかりませんでした。