S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ガガガ大賞の講評が届く

不意打ちでガガガ二次落ちの講評が来てた。

参考にはならんと思うけどどんなのが来るのって人向けにぼかして書いとく。

文章力、キャラクター、構成、ストーリー、オリジナリティ、総合って評価(A~D、もしくはE)があってそのほかに

・良い点
・足りない部分
・改善点

の三つが文章で書かれている感じ。そのままだとアレなので要約。

良い点
・文章:上手いとは言わんけど読みやすいし高水準(まじかよ)。
・SF設定は考証もされてて良いよ。アクションシーンとキャラの表情豊かなキャラも良かったよ(まじかよ)
・作者の好きな物を詰め込んで大切に書かれてると思いました(そうだよ)

足りない点
書きたい事が詰まってると言ったな?……それにしても詰め込みすぎだ
親子二世代、二冊分ぶっこんでるからどっちも中途半端だよ。
一つの作品には一つのテーマで書きましょう。

改善点
第一部だけで書き直せ。


ってな感じでした。
なんか褒められてるのかな?って思ったけど内容はDばっかり。二個だけC。
Dって一番アカン奴ちゃうんか・・・。割と悲惨だった。。。

テーマも一部、二部一貫してるんだけど、それが読み手に伝わってない時点でこっちの技量不足。

電撃で言われたのは二部構成は面白いけど後半ボリューム増やして前半削れ!ってものだったので
片方に注力しろ!ってのはちょっと驚き。
やっぱりちょいとアクロバティックな事すると読む人によって評価ががらっと変わってくるんだな、と。

多分ガガガの人は私の書いた作風が合わなくて、でもきっと優しい人だったんだと思う。
優しい言葉をかけつつ、「実際はお前、こんなもんやで!」とD評価を突きつけてくる。

その優しさが、余計痛い!(実話w

・・・もっとくそみそに叩いてくれた方が嬉しい(Mではない)

とりあえず去年の原稿時点での評価は

「文章は悪くは無いけど良くも無い」
「設定は良いけど自分で楽しんでるだけで人が読む事を考慮出来ていない
「一部キャラクターは及第点」

って感じかね。
変な構成とかの飛び道具使う前にまずは木刀振りまくれという話な気はする。
飛び道具だったアリスをある程度評価してくれた電撃にもう一度送れたらいいけど今のままは出せないや。
ふむん。


今年の電撃大賞受賞作86が去年一次落ちっての見て「そりゃねーべ」って思ったけど下読みが一人だけになる
一次の場合それ(個人の好みでさらば)があり得なくも無いというのがちょっと恐ろしい。

今回の原稿は去年よりは構成としてオーソドックスなのでそういう意味では読む人を選びづらいかなと思うんだけど。
まだ応募もしてないのに今から一次審査が怖いってなんだこれ。
この心臓がぎゅんぎゅんなるのたまらんのう。


◆間◆


ペットBlogじゃなさ過ぎるし別Blogでも作った方が良いのかと思ったけどそんなめんどくさいことはしたくない(汗
そして、ジャンル変更はアフィ設定した後は出来ないらしく。
いや、私は好き放題書くだけなので良いのですが。
色々申し訳ない気持ちもちこっとはあるんです。ちこっと。


◆間◆

cg_20170328215020b07.jpg

チャコジャイ。
超頑丈で強健種なのに脱皮不全であっさり落としてしまった。
正直最初のタランチュラだったのでかなりショックだった。

何事も基本をおろそかにしてはいかんです。可哀想なことをした。
乾燥系の場合、チリコモもそうだけど適当に飼っても死なないってだけでそれが良い訳じゃ無いって話ですね。
乾燥系こそ水入れいれるべきだと思う。
いやがる奴らもいるから一概には言えないけど。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/840-a05c4494
該当の記事は見つかりませんでした。