S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ゴースト ニューヨークのたいやき(うぐぅ)

オバケと恋愛する奴。

吸血鬼が出てくる奴。

ロボ物。


ここら辺が小説書くとき鬼門とされるらしい。

理由は

・オバケ
だってオバケだぞ!死んじゃってるから普通のハッピーエンド書けない。

・吸血鬼
魅力的な存在ゆえに既に多くの人がチャレンジしている。ヴァンパイアハンターD、ヘルシング、月姫とそこでヒットしてる作品も多い。
なので吸血鬼と言うだけでハードル上がる。

・ロボ
そもそも人型巨大ロボット兵器に説得力が無い。野郎は皆大好きなのに!
そして描写がやっぱり難しい(らしい)


でもあくまでこれ一般論だし、一概には言えないと思う。

オバケ物の名作といえば「ゴースト ニューヨークの幻」

※ネタバレしますよ

結婚を目前として幸せの絶頂にいた主人公とヒロイン。
だが、主人公は強盗に殺されてしまう。
主人公はヒロインを狙う強盗(知人)から守る為に幽霊として奮闘する。
霊能力者の力を借りたりしてヒロインを救おうとするけどヒロインは幽霊なんて信じない。
それでも主人公は幽霊としてヒロインを守り抜く。
そして最後の最後でヒロインは主人公の存在を認識して、彼が今まで自分を守ってくれていた事を知る。
そして主人公は成仏。


・・・あかんわ、あらすじ書くだけで涙腺が・・・(直球に弱い
これ個人的に幽霊物の王道だと思う。これより面白いのはなかなか難しいぞなもし。


そしてオバケ物で私が亜種として美味いこと料理してるなーって思ったのは
鯛焼きを盗み出す女がヒロインというそこだけ聞いたらなんかよくわからんカノンという作品。

※ネタバレするよ。

仲良くなったヒロインが実は過去に会ったことがあって、しかも事故に遭って死亡している。
(うろ覚え過ぎて微妙だけどヒロイン自身が死んでるという記憶は最初からあったのか途中で思い出したのか解らない)
で、最期に主人公がそれを思い出したことを事故現場で相手に伝える。
お涙ちょうだいでヒロインは「自分を忘れてくれ」って言って消えていく。


うわー、何一つ新しい要素ねえ!って思わせておいて実は死んでたんじゃなくて事故で昏睡状態になってて
つまりは幽霊じゃなく生き霊だった。
本人?も誤認していた。

最期に何か知らんけど昏睡状態から回復しておしまい。

・・・・これは上手い!


オバケ物として王道のお涙ちょうだいをしておいて、その上で強引にハッピーエンドに。
本作においては「幽霊じゃなく生き霊だった」っていうただそれだけの単純な仕組みでこれだけがらっと印象変わる。

個人的にはこういう「解りやすくて意外性のある設定」こそが良いものだと思う。
生き霊だの奇跡だのふんわりしたファンタジーで補完されてるんだけど、本作においてそこを追求する人は居ないと思う。
ごりっごりのSF読むと設定を追いかけるのが難しすぎてイメージしづらかったりする。
事細かに設定を披露したものが受けた時代もあったけど今はそれじゃ読んで貰えないという。

狙うのが一般層であればやり過ぎるとついて行けなくなるんでしょうね。
勿論そういったネタを組み込むことがモチベーションになるならやれば良い。
けど、それによって多くの読み手が解りづらかったり蛇足だと感じるならそれは駄目。
(自作への反省を込めて、げふう!)

かといって簡単すぎたら犯人が最初からわかってるミステリみたいなもん(もともとそういう設計の作品は除く)
その中間を狙うには、こういうひねり方こそが有効なのだと思う。


「期待を裏切らず、予想を裏切れ」っていうどこかの誰かが言った超素敵なお言葉通りですね。
シンプルに、隠す。
開示したときに「ずるい!」と思わせない。

これだ。


◆間◆


アウトレットで色々見てきた。

天気が良いので昨日のウルトラブースト履いてみたけどむにむにしてやっぱり面白い。
歩くの好きならおすすめしたい。

ただ、見た目気にしないならPUMAのイグナイトも同等のむにむにが楽しめる。
それにアディダスのピュアブーストとかエナジーブーストなら同じもの使ってるので、はい。
今日見た感じ、定価は2万くらいのものでもふっつーに6000円くらいになってたりするので
むにむにが楽しみたい!ってだけならそれ買えば幸せになれると思う。

むにむに良いよ、むにむに。


◆間◆


red_20170312212435886.jpg

二年前のお姿。

まだなんとか生きてるけど脱皮するまでは信用出来ん。捕食もしてない。ああー。

関連記事

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.14 02:09 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."初版こそ至高"
>【非公開】さん
大人になってから読んでも面白いし凄いです、あれは・・・!>ボーボボ

確か書き始めの頃、初心者用Q&Aみたいなコーナーで目にした記憶が!
天邪鬼なので鬼門とか無理とか言われると突っ込んで自爆したくなります。
ファミコンとかでも「あの洞窟はやばいからいくな」みたいに言われたらとりあえず突っ込んで瞬殺されるという難儀な性格に!
吸血鬼が鬼門なのも皆好きだからなので、期待に応えられるならそれは強味になるかな、と!
まぁ駄目だったらはじかれて死ぬのですが(真顔

>青野くんに触りたいから死にたい
試し読み1話読んでみましたが、うむむ、面白いです。
ポップな感じっぽいのに妙にホラーだったりふんわり狂気で良いです。
漫画買おうと思ったらまだ出てないんですね。うぬー。でもこれで初版が買えるので良いことを教えて貰いました。

で、新作ですが……Oh……。
でもそういう問題を完成後に調整しようとすると確かに苦労しますもんね。
必殺のオチが出来てもそこに綺麗に繋げられないってのは何度も経験したことがあります。

新人賞への応募動機は千差万別だと思いますが、個人的には何次突破よりやっぱり賞金が欲しい受賞したいので
一番可能性の高い奴に全力注いで勝負したいなと思います。余力があればそりゃファンネルも飛ばしたいのですが!

自分の原稿は前回の奴は知り合い一人に見て貰ったんですが「面白かったよ」としか言われずそれ以上「どう面白かった?」とか
「どこが駄目だった?」とか突っ込めずに何の収穫も無く終わりました(真顔
本当になりふり構わないのであれば色々パクり防止措置をした上でどこかにパス付きUPとかしてくれるなら私も読みたいです。
(一応ワナビってもプライドは基本装備してるので別にパクるつもりは無いですが結構印象的なフレーズって頭に残って使ったりしちゃいますし)
読んで頂いた奴でも「望まぬ不可逆の成長によりこの世界への不適合云々」ってフレーズがあったんですけどこれどこかで目にした少年Aの言葉だって気付いて応募する奴は全力で改変しました(汗 
知らず知らずの内に不謹慎すぎなものになっていてちょっと落ち込みました。

自分の記憶消せたら大好きな名作を死ぬほど延々繰り返して読みたいです。
いや、勿論自分の推敲用にも使いますけども(笑
2017.03.14 22:28 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.15 09:18 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."リャンメン"
>【非公開】さん

正直言うと、タイトルからして「幽霊との恋愛」ただそれだけかなぁとあまり期待せず読んでみたんですが
そこからのヒネりっぷりと、ぞくっとする描写とかの組み合わせが凄く興味津々で良い意味で裏切られました。
漫画でも何でも、良いものに出会うと楽しいです。

>知人に
それです!私も頼んだのは昔からその筋でぶいぶい言わせてた濃厚なオタクだったので頼めましたが
そうじゃなけりゃ探すのに苦労したやもしれません。
というか苦労したからネット晒しとかいうプレイを試みたわけですが(白目

読むのは全然構いません。
自分の分はある程度一段落ついてますし、興味もあります。
更に正直に言えば敵情視察の面もありますので純粋な善意とかじゃないです(笑
人間とはそういう汚い生き物なのです!笑

ただ!
私は好き嫌い超激しいですし、作品と【非公開】さんを分けて考えます。
自分自身社交辞令みたいな感想を貰ってもどうにもならなくて困ったのもありますし
割と正直にずばー!と言う人です。それは書き手としての自分じゃなくて本好きな自分としての感想なので。
以前「僕は明日昨日の君とデートする」をレビューしたときはあまりにぼろくそで自分で記事を消したくらいでした(笑

と言うことでそんなんでもよろしければ読ませて貰います(怖w

最初書き込まれてたときに載せられてたアドレスに送ればいいのでしょうか。
この後チャレンジしてみます。

2017.03.15 21:49 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.16 02:24 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: ろん"
>冴さん

きっと秘密結社とかから追われているのだ・・・!とか思って(無い)名前も隠してましたがお名前はこれで行かせて頂きます!

うーん、確かに知らないと言われれば知らないのですがお好きな物とかもなんとなく近しい物を感じますし
何より私としては発表ページに一緒に名前載ってる人にはなんとなく親近感を持ってる節があるかもしれません(笑
とは言っても一番大きいのは他の応募者、というかライバル陣の作品に触れてみたいというのが一番の理由なのですけどね!

せっかく読むのに気を遣って当たり障り無い言葉で濁すのが一番失礼かなと思うのでそこはばっちりです。
面白かったら悔しい顔しながら「おも・・・おもしろ・・・うおおおおお!」ってなりますけど(笑

時期についてはいつでも構いません。
丁度終末~来週いっぱいまでまったりしてる(予定!)なので都合の良いようにしてもらえれば。

それでは楽しみにしております!
2017.03.16 21:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/823-fc21b1c3
該当の記事は見つかりませんでした。