S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

けものフレンズ ~3話まで

【本日蜘蛛無し】




正直多くの人が微妙だよと言っている1話までしか見てないけものフレンズ。


生き物好きな人からしたら割と鉄板なハシビロコウも最近大人気だとか。
もうそういうのいいから。
猫ブームだってそうだよほんとに猫が好きなひとだk(略



~TLに流れるハシビロコウちゃん~



・・・たまにはこういうのもいいよね(手のひら高速回転



仕方ないのでAmazonに200円払って見てくるZE(ミーハー



てろれろれん(例のSE)→


すげーチープ!
声優さんも演技こなれてる感じはしないし、映像もたどたどしい。
そしてぶつ切りの映像。

繰り返すけどチープ。けど、なんかそれが不思議と味になってる感じ。
ボスの挙動とか、都合が悪くなるとスルーするところとか好き。

例えるならFateの絵今見ると上手くないんだけど、なんかいいよねっていう。
アイギスのドット熱いよねっていう。
なんかそんな感じ(適当やな!




お話としては、普通に昔あった動物番組の動物をキャラクターにして簡易化した感じ。
生き物地球紀行とか好きだった人は楽しいのかな。

そのバックグラウンドに何か変な生命体、そして既に人間が滅んで随分時間が経過している世界観。
サンドスターと呼ばれる未知の「何か」によって激変した環境。
そしてそこから産まれる「フレンズ」

主人公(人間?)が自分は一体何の動物なのかを知ろうといろいろな動物と図書館に行こうとするお話かな?

動物たちのおかげで大まかには目的地に連れてって貰えるんだけど要所要所を主人公の知恵で乗り切る!ってな具合。

といっても崩壊した世界ってのも現状シリアスな要素ではなく、あくまでも当時のサファリパークが残ってますよってだけです。
今のところは。

(謎の生命体に食われる事で融合させられた存在がフレンズとか、そういう展開も無きにしも非ずだし個人的にはそういうのが好きだけど本作ではそういうのいらんかなぁ)

全体のぼんやりとした構造としては・・・

なろう

「最近はやり?のなろう異世界転生」

半分ネタっぽく書いてるけど似ていると思う。
異世界に転生して現代知識で無双する主人公、というジャンルらしいけど正直おっさんにはきついし苦手。

でも本作の場合ちゃんと動物の能力(っていうと大げさだけどサーバルのジャンプとかそういうのね)と
主人公の知恵のバランスが丁度良くて嫌味が無い。
主人公運動能力低いし。
それでもサーバルは「みんな得意なこと違うから」と責めない。
なのに褒めるときは「すごーい!」って全力で褒める。すげー良い奴だよ。お前は理想の上司か何かかよ。

サーバルだけじゃなく出てくる奴らがみんな謙虚。これポイントだとおもうなぁ。
はやりのテンプレを上手に料理しているはずなのに、ベースとなってる(と思う)ものとは別物になってる感じ。


他。

デザインが、結構凄い。
これ適当にやっつけ仕事でやったんじゃなくて、本当にその動物ちゃんと色々みて勉強して描いたのかなーと。
ハシビロコウもそうだけど、カバとかも凝ってるし、全体的にチープなんだけど締めるところは締めてる感じは凄く良いと思う。

音楽も、何故か謎の懐かしさを感じる。

飼育員さんの解説コーナーがシュールすぎて個人的にツボ(笑

はやりの擬人化しましたよーで終わって無くてネタを消化してる細かい部分も受けてる部分なのかな。

以上3話までのけものフレンズでした。
3話のバス復活後のサーバルがあれなシーンとか何のフォローも無いしほんとこれシュールな笑いが多い。

ううむ。



◆間◆


ふぐと鯛をもろた。

鯛はね、美味い。
鯛飯とか最高ですよ・


でもな、ふぐって・・・うまいんか?わからん!

単純に好みの問題かもしれないけど。っていうかそうなんだろうけど。


◆間◆


二次創作ってーとファンアートみたいなものがやっぱり有名。
絵が描ける人はいいさ。
造形できる人はもっといいさ。

どっちも出来ないとつまらんぞ。

って思ってたけど二次創作のショートストーリーなるものもあるようで。

ちょっと面白そうだなと思うので色々規約とか見てたり。

ただオリジナルでも台詞見返して悶絶するのに二次創作で既に居るキャラクターに好きに台詞喋らせるのは
なかなかハードル高そうでもあるんだけど。


箸休めには良いかもしれない。締め切りまであと一ヶ月ちょいだけど!
最近陰気なシーンばかりいじってるからほんわかしたものがしみる。
五臓六腑に染み渡る~♪

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/804-6245ddf3
該当の記事は見つかりませんでした。