S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ワナビとライト姉妹

読んだぞ読んでるぞメモ。


・こうして彼は屋上を燃やすことにした
以下あらすじ

彼氏にフラれた主人公、三浦加奈は自殺を決意して屋上へ向かう。
だがそこで出会ったのは不思議な少女「カカシ」、毒舌の「ブリキ」、ニコニコ顔の「ライオン」と名乗る三人。
ライオンは言う。
「どうせ死ぬなら、復讐してからにしませんか?」

――そうして私は「ドロシー」になった。
西の悪い魔女を殺すことと引き替えに、願いを叶える『オズの魔法使い』のキャラクターに。
広い空の下、屋上にしか居場所のない私たちは、自分に欠けているものを手に入れる。

引用ここまで。

まず文章凄く読みやすい。
すげー流線型というか、するっと読めるんだよね。こういうの読むとへこむわ。
あとラノベ=エロパンチラ挿絵というイメージがあったけどそういうの一切無いのも好印象。

内容への感想途中まで書いてたけど諸事情により割愛。
オズの魔法使いを下敷きにしたが故のオチの良さ、けれど同時にオズ由来故に縛られてるとこも。
けどオズの魔法使いよく知らない自分でも楽しめたのでほろっとしたい人は是非に。
ライトノベルにこういうのもあるってのが面白い。
あとタイトルね。
終盤に意味を回収するのはやっぱり好き。

次は「ふあゆ」を発注。
Who are you?かね。


・アオイホノオ

以前途中まで読んでたけど再読してみた。
主人公はその業界で定説と言われている物を信じて原稿を仕上げ、けれど実際先にデビューした
新人は定説を覆すテクニックを駆使していた。
それを見た主人公がショックを受けるシーン。

す、すげーわかる!!

・ヒロインは20pまでに出せ
・とにかく脱がせ!
・冒頭はつかみの良いシーンを!竜頭蛇尾でもいい!
・ほか!

これラノベのセオリーとして実際に紹介されていたものだけど書き始めはこれすごい意識してたよ。脱がしてはいないけどw
セオリーはセオリーでしか無いのじゃ。きっと。多分。
自分が推敲して「こっちの方が面白いや」って思ったらそっち信用した方が絶対良いと思う。
プロならともかくワナビ(山菜では無い。作家志望者の意)がセオリー通りの最大公約数書いて
他の天才含む競争相手に勝てるのかって話。

脱線した。
とにかく主人公が謎の自信を持っていて、けれど先に進むライバルに激しく嫉妬して落ち込むシーン。

あああああああ!!!

「赤井、自信ってのは根拠の無いものなんだよ」

ああああああああ!!!←


それはそうと(正気)面白いです。
庵野監督が完全にやばい人扱いだけど。


・ライト姉妹
(正式タイトル『ライト姉妹 ~ヒキコモリの妹を小卒で小説家にする姉と無職の姉に小卒で小説家にされるヒキコモリの妹~』)

わたモテの谷川ニコ先生のネット連載。まだ単行本は出てない。
ライトノベルを書こうとするニート姉妹の話なんだけど、この作者のギャグ、かみ合うと破壊力絶大。




※画像のサイズ小さくて文字が読みづらいので書き出してみたんだけど笑い転げながら打ってた。

◆◆◆

俺は20年間の間引きこもりをしている。
ある日、街中を日課のマラソンをしている時、
刹那に信号を無視したトラックが走ってきた。
俺はうっかりランニング状態で足を止め
轢かれてミンチ(挽肉みたくなること)になった。
目が覚めたら異世界だった。どうやら転生したらしい。

中略

ここは第二層の階層。山とか木があってモンスターがいっぱいいる。
刹那にやってきた大型のゴブリンと小型のゴブリンに俺は気づいた。
大型のゴブリンと小型のゴブリンが走ってきた。俺のところに!!
タッタッタッタッ――――
俺は刹那に大型の剣と小型の剣を両手に携え
大型のゴブリンと小型のゴブリンに対峙した。
刹那に遠くから見ていた冒険者が叫ぶ。
「何だあの異世界人!両手に武器を持ったぞ!?」
なるほど…どうやらこのセカイでは両手に武器を持つとか
二刀流という概念がないと刹那に理解した。
びゅっと来た大型ゴブリンに大型の剣で首を切った!
ザシュッ―――!
大型の剣で大型のゴブリンの首を飛ばした。
大型ゴブリンの首が地面に転がった。
大型の剣で大型のゴブリンを倒した。
後ろから来た小型のゴブリンは小型の剣で心臓を突く!ビュッドスッ――――うっ……。
小型のゴブリンは小型の剣に刺されて死んだ。
小型のゴブリンは地面に倒れた。
それを見ていた冒険者は驚愕の声を上げる
「なるほど…考えたことも無かった。両手に武器を
持てば一度に二人の敵に攻撃できるということか!!」
「アンタは何者だ!こんな発想を思い付くなんて
アンタ本当何者だ!?」


◆◆◆

こんなん笑うわ。。。!
大型のゴブリン小型のゴブリンとか刹那の連呼とか、リアル鬼ごっこネタとか異世界人が主人公持ち上げるためにアホすぎるとか
「発想を思い付く」みたいな二重表現連発でこれでもかとネタまみれ。
マニアックなこと言うなら「…」を「・・・」にしてくれてたなら更にそれっぽかった!

天才。コミックスはよ。

ここで見れますんよ!

00001.png



これみて自分の「なろう」も見てみる。

sa_201701151900306c3.png









142424




◆間◆



002_20170115193919971.jpg


ディスクブレイズセル / PUMA

買ってみた。
ガンダムですわ、ガンダム。

ただ個体差結構あるようで展示品試着して買ったのに片足だけ妙にきつくて痛い。
後日交換してもらいに行ってくるけど在庫あるのかなー、展示品は嫌だ。

思ったより硬い履き心地で悪くないんだけどね。
ディスクは、実用的かと言われたらそうでも無いけど、まぁ面白いよ。

異素材ブラックアウトが大好きなのでこの見た目でも案外好きだったりする。


関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.17 01:40 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: 遅ればせながら"
>【非表示】さん
あけましておめでとうございます。

私も最近知ったので全力で紹介させて貰いました・・・!
ただ、おっしゃられているように・・・身に覚えも・・・!
刹那は、うん。使ってしまいますねえ・・・。
あと書き始めの頃の冒頭のポエム感とか以下略!

わたモテMk.Ⅱですが、評判は聞いていたもののまだ見ていないので機会があれば手を出してみようかなと思います。
百合でもホモでも腐女子でも面白ければOK!という人間なので多分抵抗もなさそうです。

>近頃は・・・
それは、もうすぐ一次発表を控えてそわそわしているとかそういう・・・!
私は創作関係は自分一人で行っているのである程度記事にしたりしてアウトプットすることで自分に発破かけている部分もあります。
そういう完全なる自己満足の記事なのにそういう風に言って頂けるのは大変ありがたいです。
主に罪悪感の軽減的な意味で!

電撃は、私もあらかた出来ている原稿をだらだら時間かけて組み立てている所なのでいまいちノリ切れず。
恐らく締め切り前にならないと完成しない気がします。。
お互い頑張りましょうなどと言えた義理では無いですが、がんばりましょう。

目指せ印税生活!(露骨!

ではでは!
2017.01.17 18:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/771-aed94b3d
該当の記事は見つかりませんでした。