S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

プロデューサーのお仕事☆


ツイッターやってるとTLとかに流れてくるけどアイドルマスターなるゲームのプレイヤーを
プロデューサーという風習があるようです。私はやってないけどファンが凄く多いらしいよ。

艦これの提督とか、アイギスの王子、政剣なら総理みたいな。

今回はマジもんのプロデューサーについて。



先日「君の名は。」のプロデューサーの紹介VTRが流れてたんですけどこの川村元気氏が凄くヒット作連発しているそうで。

けれど、原作原理主義者からはあまり好まれていないとコメンテータの方がぼそっと発言していた。
どうやら原作を、最大公約数的にかみ砕くのがプロデューサーのお仕事みたい。

例えば新海監督作品だと秒速とかが有名ですよね。
あれはあれで凄い作品だと思うけど、合う合わないが非常に強い。
私も当時は思っていたラストじゃなくてえー!ってなった。

けどあのもやもやした、けれどキャラクターの中では芯が通ったような構造こそがこの監督の持ち味の一種なのかもしれない。
けど、それは大多数に受け入れられる物では無い。

そこで色々こねこねして完成したのが君の名は。
以前感想でも書いたけど特にそれがわかりやすいのはラスト。
普通に再会するなんて思わないでしょ(既存作品知ってるヒトなら



あと番組では冒頭の二人の出会いを早送りにして物足りなさを作るとかそういうアドバイスが川村氏のものだったそうで。
この早送りシーン、私が以前感想書いたとき凄く良かったって部分だったんですよね。


以前書いた「君の名は。」感想。


いやまぁそれは置いておいて。

そういう二人のコンビネーションが上手く作用して大ヒットしてるわけです。

単純に「良かった」ってのと
秒速ファンの「ちょっと違うんだよー」っていうのを上手くミックスした感じなんでしょうね。

私は秒速でも君の名でもなく庭派ですけどね!
あれが一番好き。

で。

今度はシンゴジ。
こっちも途中で庵野監督が降りるとか言い出して一悶着あったそう。
それはストーリーに余分な恋愛だのキャラバックボーンだのをぶち込んできたからだそう。
そこでつっぱねてできあがったシンゴジがこれだけヒットしたんだからプロデューサーの仕事も善し悪しなのよな、と。
案外監督だけじゃなくプロデューサーの仕事ってのも作品に及ぼす影響でかいんだなってその手の業界人からしたら
当然かもしれないことをぼんやり思ったのでした。


◆間◆

あかん、タランチュラ買いたい。飼いたいじゃなくて買いたい。
欲しいのは既に以前リストアップしてるんだけど全部買ったら死ぬ。
物理的に破産して死ぬ(?)
どこを取捨選択するか悩みつつ、そしてこの季節に買うのもチャレンジャーよなとか思いつつ。
むーん。
去年はクールダウンしてたけど今年はまたぼちぼち欲しいの追加しよっと。

スニーカとの兼ね合いでなんとか調整するぞい。

◆間◆

ムカデって個人的には20cmまではまだムカデとして認識出来るんだけど
そこから先は1cm刻みで迫力がもりもり増えてきて別物になる印象がある。

006_20170107125919d05.jpg

ちなみにこいつで大体20cm。
暴走すると声上げてびびる程度には元気。

ただ、もっと大きい個体を扱った経験者っていうかむしろ秋山氏に頂いたコメントによると
成長に伴い性格も落ち着いてくるそうです。

個人的にそれは気門呼吸ゆえの限界なのかなーと思ってたんですがここらへんのムカデは産卵後ベビーの餌になる
というなんとも恐ろしい生態をしているのでそちら由来での可能性も無きにしも非ずと言われてなるほどなーと思いました。

変な生態の生き物にインタビューしてーなー。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/764-f2196c2b
該当の記事は見つかりませんでした。