S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

珍靴愛好会

年末大ゴミの日なのでせっせと朝からゴミ出し。

いらない水槽も捨てようかと思ったけどびみょーに袋に入らず断念。
シリコン部分切って捨てるか・・・。


あ、今日蜘蛛出ません。


◆間◆

Yeezy Boost 350 V2

履けるけど、長時間履いたらどうなるか解らんぞこれ・・・!
ってんで未だに新品のまま放置されている。
びみょーにサイズが小さいのが罪よのう。

色々変態シューズなので解説。
いやもっと先に同じようなのあったぜ!とか言われてもしらんぞ。
私基本的にスニーカのブームとか詳しくないので。
好きな物は好きなだけ。先日買ったズームタラックとかめっちゃ不人気らしくてSALEとかかかったら泣く。
ていうかそうなったら別色買うくらい気に入ってるっての(涙目

脱線した。


基本的に靴ってのはかかとの部分にヒールカウンターっていうパーツが入ってます。
かかと型補強みたいな感じに考えてくれれば良いかと。
スニーカだと踏みつぶされてることも多いですが、これ靴のちょー大事なパーツなので踏んだら駄目。

で、そのヒールカウンターが存在しないのがこのYeezy。

アッパーが伸縮するニットで出来ていて大げさに言うなら靴下にソールつけたみたいな感じ。
NIKEのズームタラックだとあまりアッパーがニット素材(フライニット)である意味を感じなかったんですけど
Yeezyは足にフィットするように出来ているので恩恵を感じます。

で、そのニット素材故にヒールカウンターが無いわけです。

025_20161229213029d24.jpg

ただ勿論こんな風にスポンジで補強&クッションがついてます。
これが思った以上に良い仕事をしていてぴたーっとくっついて非常に良い具合。

ソールも発泡スチロールのなりそこないみたいだなと思っていたブーストフォームを採用。
それをTPUで覆っているんですが、もっちもちふわふわしたクッションが最高に素晴らしい。
見た目は正直ブーストいけてない。
でも、機能的には大手さんのものでは一番良いかもしれない。
それくらいふかふかで楽しい。

更にこの靴の変なポイント。

022_201612292130296bf.jpg

アッパーは凄くタイトなのにソールはTPUパーツと相まってかなり横にせり出したデザイン。
非常にボリューミーで面白い。
くびれ部分はこれが控えめなので、誤解を恐れずに言うならベヴェルドウエストを誇張したかのような
面白いシルエットになってます。
いやこっちはかかととか丸っこいし全然別じゃねーかと言われたらその通りなんだけども。
あくまでメリハリついててそれっぽいでしょという例えデース。


そんなわけで非常に面白い靴なんですが、前にも書いたとおり世界的に有名なカニエ・ウエストなる方がデザインしてるらしく
レアな商品になっているらしく入手が難しいのがネック。

※最初は蟹江の西地方出身バンドとかそういうのだと思ってたレベルの私。

これデザインだけ見たら、正直そんなに人気出るデザインって事も無いと思う。
「人気があるから人気がある」
ってのがなんとなくいやーな感じですが、それでもこの靴面白いのは間違いない。

人気が落ち着いて普通に買えるようになるといいです。



◆間◆

年末大型連休!

ああ、私は無いんですけどね(白目


色々趣味に没頭出来る人は没頭すれば良いと思います。
ガンプラのヴィダール届いたけど未だに組み立てて無いどころか箱開けてない。
ちゃんと塗装したいので(いや缶だけど)もうちょい時間出来てからやる。

書くことが無いのでプロットについて書こうと思ってたけどまとまらないのでまた今度。

プロット。
小説の設計図みたいなもの。

プロット無しで書いちゃうぜー!って人も居るようですがはっきり言います。
お前天才。

オマエテンサイマルカジリ。

説明書無しでプラモ組むみたいなもんです。
無理無理、私は無理。

このプロットってのがくせ者で基本的にそんなもん作り方とか教えてくれるわけじゃ無い。
ぼんやりと「小説の設計図」ってイメージだけしかない。

物語書いてみようかなって人は手探りで作ると思う。私はそうだった。

なのでワナビの数=プロットの数になると思われる。

案外一口に「プロット」といわれてもいろいろな物があるんでしょうね。



狭い趣味でもこれなので、世間的にも普通に使ってる言葉が実は共通認識として変だったりする
可能性も案外低くないのかもしれない。




それはそうとポテチはやはり堅あげが至高。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/756-e232d156
該当の記事は見つかりませんでした。