S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

パンツ混ぜるな危険 (オカ9とFGOについてgdgd)

クリスマス、ヘイヘイ!(煽



って事でFGO、アンドロマリウスも瞬殺されて本日お昼頃にソロモンへの道が開きました。


お話的には整合性より盛り上がりを!という感じだったので野暮なことは言わない。ちょっと言うけど。
十分盛り上がったのでそこは運営チームの狙い通りかな、と。

個人的に序章は面白くてそこからぱっとしなかったんだけど6章で超ドストライク、7章で怪獣映画的な面白さがあり
なるほどなーと思っていた。

結末としては正直言って途中で絶対変えてる感じがする。
本来一年で結末とするはずだったっぽい事は言ってたはずだけどこれだけのドル箱になったんだから
大人の事情としてもそれは仕方ない。
BEASTの設定とか後付けされた感じが凄くするもの。

キャスパリーグの設定も元からあったのかどうかは解らないし。
そんなわけで終盤はデウスエクスマキナ全開だった。

でも、いいんです。だってそうじゃなきゃ二章出来ないし。
たとえ感動のストーリーがあったのだとしても、それをやると誰も望んでない展開になっちゃうのだから。色彩的な意味で。

なんだかんだ言ってサービス初日からやってたので楽しませて貰ったし、今後も期待しておりすよっと。



◆間◆

・オカルティックナイン

幽霊をインチキ科学でこじつけるというのが非常に面白かった。
シュタゲでもインチキ理論こじつけだったけど、私はそういう路線が好き。
ハチソン効果による時間制御云々のネタを自作で使ったのも、シュタゲにおけるジョンタイターのパクりだと思う。
いや当時はそう思ってなかったけどアイデアの原点としては「インチキが本物だったなら」だからね。
そういう意味でこのシリーズに影響受けまくってる。つまりは好きって事さ(またパロである

脱線した。
お話としては、若干宙ぶらりんだけどどうやらゲーム版を出すそうでその関係・・・か?
BL作家の女性が何らかの犯行を行っており、森塚刑事がそれを追っていた。
そこに平行した新世界システムによる集金システム構築事件が絡んでたっぽいね。

鍵を使う事でぽやガンが変形するあたりなんだかよくわからない。
前にも言ったけどこれ設定とか凄くこってるし面白いんだよ。
コトリバコの蟲毒を面白く消化してたしね。

でもね、凄く丁寧に作ってるだけで映像作品としてみると微妙だと思う。
絵も綺麗だし、キャラデザもいいし、声優さんも良い仕事してた。
けど、かみ合ってないように感じる。
こういう情報を映像作品として表現したい。そこまでは出来てた。ブラボー。
けれど、それを推敲出来ていない。

といっても勿論とても楽しませて貰った。少なくとも早送りで消化じゃなくちゃんと最後まで見たもの。
見返すと実は死人に影をつけてないとか、そういうこだわりは素晴らしい。素晴らしいがそれは自己満足の域を出ない。
あくまで視聴者を楽しませた上で、その先に必要な物を付与するべきだった。

そういう意味では最近のガンダムはちびっ子にもわかりやすい路線にしてきてる。
「こいつが敵です。」「そいつをぶちのめします。」
そしてそれがびみょーにウケてるように見える。

わかりやすさというのは、やはり大多数の人間を相手にする上で絶対に必要。
それ以上のコアに向けたネタは、その上で盛るべき。

先に感想書いてるFGOなんかはそれですね。
コアなネタを若干放棄して最大公約数的な面白さを取った。

それが良いことだとは、思わないけれど。
けれど、必要だとは思う。

・・・だらだら書いたけど、それでもストーリーや設定で楽しませようとしてくれるオリジナル作品は希有。
テンプレ物と呼ばれる物が人気だけれど、そいつらぶっつぶす作品に期待したい。
オカ9も私は好きでしたよ。そうじゃなきゃ感想なぞ書かないのだから。

ちなみに同じ?シリーズのカオスチャイルドはゲームが良かったので映像化が楽しみでもあります。



ついでに。
オリコンの30位がほぼジャニーズと握手券で埋め尽くされて音楽ランキングなるものが死亡しているので
そいつに電撃喰らわして蘇生させてくれる存在も渇望しておりまっす。

握手券が悪いってんじゃないよ。
ただ音楽は音楽だけで良い。
くだらない付加価値を付けるな。パンツみたい奴はパンツ動画みとけ。
音楽にそれを、パンツを混ぜるな。

※毎度AK-47みたいなグループに辛辣だけど彼女たちが悪いって話じゃないからね、構造ね。


以上未推敲殴り書きでした。
乱文失礼。



◆間◆


008_20161225231234ce2.jpg


なんか食ってる。美味いか?

「ウマイ」(聞こえない

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/752-3f49b5ad
該当の記事は見つかりませんでした。