S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

フリフラ10話自分用まとめ。

ああ~・・・


ココナさんが真っ黒になっていく・・・



ところでPIでは右頬を傷つけられていましたが本来の世界に帰ってきたら左頬に絆創膏してる。
当初は作画ミスかなと思ってたけどそのまま10話でも左。

PIが鏡像になってるとかあるのかな?
利き腕とか注視したら実は逆になってたりして。

芸が細かすぎてただのミスだとしても色々考えちゃいますよ。



以下ネタバレ嵐。
っていうかプロット風自分の脳内まとめ(それを日記にすんなw


今回でずいぶん設定に突っ込んできた。
正直次回最終回!とか言われても仕方ないような終わり方だったけどあと3話ある。
じっくり丁寧にたのんます。。。!

・ミミ
ココナそっくりの赤目の少女。唯一PIへと至ることの出来る被検体A-33。
「これからはお母さんが守ってあげる」
と、ココナの身体に憑依し、浮遊。
足下の水面には回想でのミミの姿に。

・ココナ
足にアモルファスが埋め込まれているが人為的なのかどうかは謎。
PIへと逃亡したミミを現世に引きずり込む為の依り代?


・トト&ユユ(アモルファスの子供)
先天的にアモルファス探知能力を組み込まれた存在。
ヤヤカのパートナーとして生み出された。

・ヤヤカ
後天的にアモルファス探知能力を付与された子供たち、その最後の生き残り。
ただし自ら探知する能力は無く、監視対象であるココナに情がわいたことで
アスクレピオスに切り捨てられる。

・ニュニュ
新型アモルファスの子供。
PI内のアモルファスがすべて現世に集まったことを感知するなど特殊な芸当を見せるが
現状ではその多くが謎。

・パピカ(パピカナ)
ミミにPIを開かせるためのパートナー候補の一人。
青年ソルトと出会った時の姿から成長していない。
「記憶が戻ったのか」
何らかの要素で記憶を失っていた。

・おばあちゃん
ゆるさんぞばばあー!



うーん。時系列どうなってるんだ。

ソルトの成長っぷりからミミを使っての実験していた時から少なくとも10~20年は経過している?
ミミが7話ラストで抱いていた赤子が言葉通りココナだとしたらどうなってんだ?
ココナを育てたのがアレだとして、ミミはココナをどこに連れて行こうとした?

「私は家族に会いたい」
「きっと会えるよ」

あの台詞はやっぱり結構大事だったのな・・・

どうもPI世界の住人とかもいたし、パピカやココナが本来PI側の人間とかそういう設定でも出てくるのかな。
あとヒダカとサユリが何故ソルトと行動を共にしているのかも気になる。

なんだか思ったよりは変にこねくり回してない感じなので綺麗なハッピーエンドで終わる雰囲気はある。
とにかくヤヤカには幸せになって頂かなくては・・・
かつてのヤヤカの台詞「世界征服」がまさかの展開に若干ええ~ってなったのは否定しない(笑


タイミング悪い双子の襲来といい、もう可哀想すぎる。

毎週毎週楽しみすぎるよ。ほんとに。



◆間◆


015_20161209204548624.jpg


ズームタラックフライニットさんは結構良い感じでこのまま返品されずに済みそう。

若干の野暮ったさも含めてこの靴好きデス。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/736-4487849c
該当の記事は見つかりませんでした。