S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ユクスキュルと環世界

フリフラ一週間待ちわびたぞおおおおお!!!←



……はい。

フリップフラッパーズ1話ではココナの部屋に飼育ケージがあり、その中には何も居らず
「これはペットを亡くして傷心なヒロインを描写しているんだな・・・!」
と深読みしていましたが

y.jpg


わからんて。


で。

ユクスキュルって変な名前だなと思ったらドイツの生物学者/哲学者のお名前、

この人の提唱したのが「環世界」という概念。

これは生物はそれぞれ知覚世界を持っていますよーって話。
よく解りませんね。

解りやすいとこからたとえるなら
「サバンナの動物は白黒の視覚を持ってるからシマウマのモノクロで目立つ模様が保護色になる」
ってのは聞いた事無いでしょうか。
つまり、カラーの視覚を持ってる人間と、モノクロの視覚を持ってる動物とでは世界との繋がり方がまず違う。

カラーか、モノクロかだったらふーんって感じかもしれませんがwikiに例として掲載されていたのはダニ。

奴らは視覚、聴覚が存在しない代わりに他の感覚が非常に優れている。

周囲の温度感覚を探り、嗅覚で探り当て、飛びつく。
そして触覚を頼りに毛の少ない部位に移動して吸血する。

視覚が無いのであくまでイメージですがプレデターのサーモスコープみたいなものだと思えばわかりやすい・・かも?

つまり主観で「目が見えないって大変だな」とダニについて思うかもしれませんが彼らにとってはそれが普通だし
そういった世界で生きてる。世界の認識の7~8割を視覚に頼ってる我々とは根本的に違う。

これは恐らくは時間間隔にも言える可能性があるのではないかなーと。
短命な生物であれば恐らく感覚は全然違うはず。

ってな、そういったものをマスコットキャラの名前にしている以上知覚と世界の感じ方とかそういったものがテーマになってるんだろーなと。

そうやって解らないものを探るのがたまらなく面白く感じるなら、フリフラ見ない手はありませぬ。
別に何ももらってないけど(笑)全力で応援しまくるんよ。

Dr.ソルトの目的がピュアイリュージョンの開放。
そして敵対する存在が居る以上、彼らの目的はピュアイリュージョンの開放の阻止。

OPにたくさん出てくるロボからして世界が実はロボまみれなのを今の世界と認識しているとか
そういう結構ダークなネタとかになっても驚かない。

うん、この後1時まで起きておくか悩ましかったけど頑張ってみるぞい。



◆間◆

009_20161020213703362.jpg


ギガンテアロブスタ

購入してから随分大きくなったっぽい。
最初は鉛筆程度のサイズだったのになー。
当時の自分としては「結構高いなー!」と思って買ったけど
ここまででかくなるとまぁお値段以上だったぜえ!と感じなくも無い。
WC入荷してた時の値段?あーあーキコエナーイ!

とりあえずアジアムカデは脱皮不全とかで死んじゃうし自信なくしてたので気合入れてこやつの飼育に臨んだけど
結構拍子抜けしてます。丈夫だ。
とりあえずダニは付けないように気をつけて管理していきたい。

難しそうな奴は床材深め、通気マシマシ、ケージ大きめ!で飼育したら大概なんとかなるなる。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/684-0bf6c9e6
該当の記事は見つかりませんでした。