S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ラブライバー層厚すぎ問題

ハヤカワSF小説コンテストなるちょっと凄そうな新人賞があるんですけど

それにラブライブというアイドルアニメ作品の二次創作作品にアレンジを加えて長編化した作品が受賞したとかなんとか。
※伝聞ですけど、ざっと見た感じマジっぽい。

何それ、凄いよ。

ラブライブは「萌えとはなんぞや」とうじうじ悩んでた時期にとりあえず流行りものを見よう!とか思って再放送1話見てみたのですが
ガルパン的な「ガワは女の子女の子してるけど中身は熱血少年漫画っぽい感じ」を受けた。
その後継続視聴はしなかったんで的外れかもしれないけど。

まぁそんな感じの知識しかないわけですが、それでもこれ(受賞)がどれだけ凄いかはちょっと解る。

まず内容が一ミリも想像できない!笑

いやー、やっぱファンが多いと色んな人がいるのでこういう才能のある人もいるんだなぁと。
自分の好きなものを練り練りして「これがワシの好きなもんじゃい!」と世間に叩き付けるプレイは凄くかっこいい。

そんなワケでライブライバーすげえ!ってのと並行してハヤカワの懐もすげえ!と思うのでした。


◆間◆

先日貸して頂いたB.Klaasiの交接を行ったのですが地表棲タランチュラの交接はやっぱ緊張します。
奴ら一匹狼ですからね、キレる10代ですよ。
近寄るもの皆傷つけますよ。ナイフですよ。

組むまでは大抵の♂でもいけるんですが、その後逃げるのはやっぱりある程度体格が必要かもしれない。
バードイーターなのにアースタイガー♂みたいな貧弱な個体で交接を試みた事がありマスが
組んだ状態から鯖折のようにめしめし・・・!と折りたたまれて喰われたりしちゃいますからね。

やっぱり立派に育て上げた♂ってのは貴重です。

今回立派な♂でしたがそれでも交接後ケツがハゲあがってましたからね。
何度か交接させる為にもある程度の立派さがあると成功率飛躍的に上がると思う。

ベテランの人は当然として、結構飼育初心者の方が育てた♂って立派な事が多い。
多分それはそこそこ飼育してると雌雄判別して♂への世話がおろそかになっちゃうから。

初心者の人は雌雄判別できず、やきもきしながら♀である事を祈りつつせっせと育て上げる。
そして最終脱皮でがっかりする(昔の私だ!

でもね、その♂は飼育趣味世界に置いては非常に貴重。
ローンとかいいや・・・って人も多いと思うんですけどそういう個体でも是非♀を探して
繁殖挑戦してみてもらいたいなと思います。

最近だとSNSとかで相手を探すのも難しくないですしね。
まぁだから余計に相手はちゃんと選んだほうがいいですけど。

爬虫類関係じゃないですが、この手のコミュニティにはボノボリアンが潜伏しており
割と困るという話をちらほら聞く。特に女性。



014_20160925101354fdb.jpg

以上の話題とは一切関係ないリオグランデ@脱皮後初メリル。
うーむ、やはり素晴らしい。
大好きだ。



全然関係ないけどFGOで漸く乳上が出たのでちょっとテンション上がる。
でもぶっちゃけ育成きつくて追いついてない。
全てはなぞのキャスターラッシュが悪いのだ・・・

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/661-7eaaeacc
該当の記事は見つかりませんでした。