S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

殺人経験

フィリピンで麻薬常習者や売人を殺害したらお金がもらえるよ!ってんで警察官や国民が麻薬常習者狩りみたいな
事をしてるといううそかホントか悩んじゃうようなニュースを見ました。

まず、実際にそいつが常習者かどうかをどうやって調べてるのか。
かなり大量に殺されてるようですけど、だったら邪魔な人間殺してそこらへんで売人から買ったパケ握らしておけば
完全&合法殺人完成になっちゃうなー。

・・・ってのはまぁ思いつくけど、それ以上に恐ろしいのは「殺人を経験する事」

思い起こせば最初はイエコすらびびりながら気持ち悪いなぁと扱っていた自分。
当初は後ろ足とか産卵管しかつまめなかったのに最近はわしっと適当にピンセットで摘んで捕獲。
必要なら切断もするし、ジャンプで逃げれば手づかみで捕獲。

こういうの、慣れます。
狩猟して生き物バラすのも多分抵抗あるだろうけど、慣れる。

人間はなんでも慣れる生き物。
そうじゃなきゃ空飛ばないし水にも潜らないし宇宙にだって行かないんじゃないのかね。
医療技術だって進歩もしない。
※余談ですが、最初はゲロはいてたけど解剖はなれちゃうよーって知り合いの作家志望のお医者さんが言ってました。
 歯医者の場合でも首周辺は解剖するはずだとか言ってました。ひえー。

で。
そんな人間に殺人と言う経験をつませる事で恐らく二回目は一回目より殺人のハードルは低い。
三度目は、四度目は。

大統領が変わったとしてもその経験はなくならない。
元々金の為に犯罪者を殺すって思考回路をもつ割と粗暴パラメータの高い人間が、麻薬犯罪者殺しても良いって
法律とは関係ない場所で誰かを「殺してやりたい」と思った場合、どこまで自分を制御できるのかなーと。
確実に一度殺してる人間の殺人への心理的抵抗は下がってる。

そういう意味で殺人の経験をつませている今回のフィリピンでの件はかなり怖いと思う。
何年か経過してフィリピン国内での殺人件数とかデータ出たらきっと変化があると思うなぁ。



◆間◆


3ヶ月ぶりに散髪に行く。

前回結構短く切ってたんで随分持ちましたがそれでも3ヶ月。
ロン毛なら1年は余裕なのですが、ぎぎぎ。
隠居したら絶対また伸ばすわ。


で、散髪は決まったお店の店長のとこに通ってますけどそこ、腕は良いというか私の好みとマッチしてるのに
トークがね、酷い。

「最近調子どうですか?」
「夏は何しました?」

無言でいいんだよ!
もうなんか無理矢理当たり障りの無い話とかしなくていいんだよ!

ってことでそれ面倒なので今日は美容師さんにハサミについてあれこれ質問しまくってました。
高いのはウン十万するとか、今のハサミは何代目だとかどこどこのメーカがいいんだとかみょーな話題で乗り切りました・・・

やはり専門職の人の話ってのは面白いです。


◆間◆


006_20160911200647203.jpg

ミランダ。

ポエキロの中でも異彩放ってて好き。

気温が落ち着いてきたからか食欲も戻ってきました。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/654-04e4abeb
該当の記事は見つかりませんでした。