S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

無限の猿軍団と電撃大賞4次審査の話

今日は蜘蛛出ません(傷心


電撃大賞、ネタにした翌日に某所っていうかまぁぶっちゃけ2chに

「選考委員氏のトコに最終審査の原稿到着したっぽいぞ、ソースはついった」

と書き込まれる。

最終審査前に応募者には連絡があるそうなので・・・



四次審査落選!


正式な発表は来月あるそうですけど、落選はほぼ確定な模様。

ぎぎぎぎ・・・・!!

小説書き始めて今日で11ヶ月か。初の電撃大賞チャレンジはこれにて終了。無念。

詰めが甘かったってか最終章書き上げたの締め切り当日で書き上げてからほとんど推敲できずに送るハメになったので
何が駄目だったのかは自分で理解してるつもり。


いやー、超絶悔しいな、これ。
応募時点では小説書き始めてから二度連続落選して、悔しいから絶対勝っちゃるけえの!と書き始めた原稿なのに
ダクソ3にかまけていい加減な事になってしまったのは本当にアホだなぁと今更ながら思う。
時間かけたら勝てたの?って話ですが、そもそも勝てると思ってなかったら出してない。
勝つ気満々でした、とあえて言おう。
「自分なんて・・・」
とか言ったら自分のせいでぎりぎり落選する事になった人に失礼だなってのは
オリンピックのコメントからちょいと学んだ(ぼそ
それでも4月時点としては、やっぱり全力で勝負できたと思うのでそう言う意味では
死ぬほど悔しいけど死ぬほど悔しいけど(二度w)ある意味気分的にはすっきりしてる。


当初は賞金欲しさで応募したんだけど、今では書く事自体が面白いと思うし
落選するたびに私の怨念(勝ちたい!)はどんどん濃くなるんですよ、みてろこんちきしょー!

でも来年も応募すると思うのでその時はヨロシクお願いしましてよ!(涙目

正式な落選が決定したらまたどこぞに公開すると思います。
どこぞっていうか、なろう(http://mypage.syosetu.com/623610/ )だけど。

中身は・・・怪獣映画とラストオブアスのラスト(『ラスボス戦』の衝撃)、そもそも疑問だった魂って何?ってのと
都市伝説UMAとクトゥルフとリューシスティック人造人間とダンクレオステウスとヘリコプリオンとなんかそんな
好きなものをサガフロ2みたいな世代を隔てるものに仕立て上げたもの。
今回はとにかく設定を詰め込んで展開も死ぬほどスピーディにする事でリーダビリティをあげる事に注力した。
やりたいことは出来たと思うから、次はクオリティですなぁ。

次の課題は、文章的な意味でリーダビリティの更なる追求。うむ、それっぽいからこれで行こう。




◆間◆


無限の猿定理

※wiki引用

この「定理」は、巨大だが有限な数を想像することで無限に関する理論を扱うことの危険性、および無限を想像することによって
巨大な数を扱うことの危険性について示唆を与える。
猿の打鍵によって所望のテキストが得られる確率は、たとえば『ハムレット』くらいの長さのものになると、極めて小さくなる。
宇宙の年齢に匹敵する時間をかけても、実際にそういったことが起こる見込みはほとんどない。
しかし、定理は「十分長い」時間をかければ「ほとんど確実」にそうなる、と主張する。


……有吉結婚お祝い文章をドラクエの復活の呪文に入力するとお金持ちの勇者が誕生するというネタを見て
上記を思い出したんですけど、事務所否定されてネタにしづらくなった。

……でも書いちゃえ
(さっきの悩んだ時間何!?

試行回数が無限に近くなれば可能性もほぼ100になるという事か。

例えるならば1と100の差は大きい。
けれど、1億と1億+99の差は大してない。
数が大きくなればなるほど想定外の世界がどんどん広がっていく。
つまり母数を無限に出来るのであれば確率なんて全く無意味という事(詭弁か)

ただ、その後の説明を見ると100個のキーがあるタイプライターで猿が6回キーをタイプして「Monkey」と
打てる可能性は1/100の6乗、つまり1兆分の1。
そうなると進化論って試行回数が異常なほど少ない気がしなくも無い(未だに懐疑的だけど対案が神様系なのでなぁ)
絶対なんか他の要因あると思うんだけどなぁ。浪漫だとしてもそう信じたい。
※例の目の学説とか好き


で。
無限猿理論が正しいと仮定すれば、ですが量子コンピュータが実現したとしたら、物語ですら自動生成される可能性が
無きにしも非ずと思うことも無くもない(回りくどい
※冷静に考えれば無限に近い試行回数の失敗作からどうやって掬い上げるのかという部分は残るけどね
物語どころかどれだけ複雑なものであっても、試行回数が無限になるなら本当に[なんでも]です。
これ、面白いと思うな。


量子コンピュータ自体は知ってたけど、それはあくまで「すごいこんぴーた」としての認識。
それがあると何が出来るのかってアイデアで吐きそうになるほど嫉妬したのはやっぱヨルムンガンドのオチ。
あれ、時間がたった今でも解りやすくて、面白くて本当に良いアイデアだなぁって思います。クヤシス。

ああいう、意外性はあるけど実はシンプルで解りやすい!っていうアイデアこそ至高。
まぁ私の中ではだけど。


◆間◆


アイギス、ついにUI変更・・・・!!!


ってほぼ見た目だけやんけ・・・・!

と思ったのもつかの間、画像が高解像度になってるっぽい。
なんかびみょーに好きじゃないユニットとかでも解像度が変わることでかなり印象が変わってきて
凄く面白いです。
しばらくこれで副官交換してるだけで遊べるわ、ふははは。


で。

落選のショックを癒すべくお疲れ様会的に余った石と今回もらった石でぽちっとガチャを2度回してみる。

→はずれだよ!
(募るフラストレーション!)

・・・

・・・落選の・・・ショックを・・・
(バイクに乗る)

俺はッ!癒すんだッ!
(ファミチキ買う)

うらー!

からの、アーシェラさんでちょびっと溜飲が下がりました。余った石は来月に取っておく。
いやー課金への抵抗が薄くなっていきますね、これは悪い文明です・・・。


で、新黒弓アーシェラさん。
ナナリーが死んだ!で有名な(?w)黒弓ナナリーこと七里がうちには居ないので
貯まってた育成リソース全部ぶっこんで覚醒させたった。つえー。

基本的にアイギスは開始当初はひたすら性能厨と呼ばれる人でしたが
半年も続けてるとそこそこ皆強くなって好きなユニット使ってもクリア出来るようになって来た。


それはそうと、

tr.png

ドラゴンライダーナディアの乗ってるのがドラゴンってか、トリケラやんけ!というネタから始まり

こういうネタ

くまみこのナツ回想ネタと合体して上記のようになってるのを見るとアイギススレほんとおもしろいなーと思う。
こう、ネタの伝言ゲームというべきか。
笑いって難しいんだけど、こういうとこにはポンと出てくるので結構興味深い。
色んな人がいるからだろうけど、なんかカオス。

関連記事

2 Comments

月童 says..."ポエキロ選定中"
暫定巣穴の方を参考にさせてもらいながら次のポエキロ何買おうかと悩んでおります。

候補としてフォルモサかサブフスカの高低どちらかと思ってるんですが
紫が一番ばしっと出るやつってこの3種だとどれになりますか?

PetsPetsさんとか見てるとサブフスカの低地がすんごく綺麗に見えるんですけど
写真写りの差ですかね・・・
2016.08.27 11:13 | URL | #MAhqcC3Q [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: ポエキロ選定中"
>月童さん
ポエキロの場合体型も気にしてみると面白いかもしれません。

サブは高地型の方がメリハリきいている印象があります。
地色の黒が強めな事も影響していると思いますが。
ローランドフォームは、うーん。割とマニアックなチョイスになるような?
うちにいた個体はぼやーっとしていました。綺麗でしたが。
温度管理に少し気を使いますが個人的にはハイランドが好みです。

・・って私の好みじゃなく、紫が出るポエキロですね;

黒ベースに黄色と紫が妖しい雰囲気ばりばりなのがハイランドですけど
黄色の影響もあって「紫」ってイメージは無いかも?
そういう意味ではフォルモサ(ティグリスも近しい色が楽しめるはず)がシンプルに綺麗かなと思います。

といってもあくまでこういうのは好みの問題なのでびびっと来たのをチョイスしてみては。
2016.08.27 19:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/640-a34e7c87
該当の記事は見つかりませんでした。