S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

高貴なお色

詳しく書くとあれなのですが今日500ccくらいの血液をぶちまけた現場を目撃。

ズボンの片足が真っ赤になるくらいではあったものの、けろっとしてたのと傷口は小さかった(深い)のとで
多分思ったより随分血の量は少ないんでしょうけど。

なんか採血とかだとどす黒いですけどこうしてみると案外黒くも無いな・・・と思ったり
やっぱ大量の血みたらメンタル的にふにゃ~っとしてしまうなと思ったり。
乾燥したら茶色っぽいですけど出たてはこんな色なんかぁと。

止血、消毒して本人はへーきへーき連呼してましたが一応病院いきなよとは言っておいた。
こわし。


◆間◆



021_20160822211818983.jpg


なんか写真余ってたからパープレア・・・(震

この色は独特で綺麗だなー。
紫って昔は高貴な色とされてたようですけど、確かに安っぽくは感じない。

これって生まれてから何の情報も与えられないまま育てられた人間に見せてもそうなんだろうか。
もしそうだったら遺伝情報の中に何らかの「紫すげーっす!」という指令が組み込まれていることになるんだけど
やっぱ後天的に感じるようになったのかなー。

いやわからんけどね。

貴族の血はブルーだし、蒼系になんかあるのかな。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/637-51443d53
該当の記事は見つかりませんでした。