S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

Blue/Noise/Axis/Udon/Hot

相変わらず艦これ深海棲艦のデザインが私を殺しに来ててつらい。

深海提督になりたいです(真顔


◆間◆

SMAP解散だとか、ほへー。

TMレボリューションがいるんだし、キムタク1人でSMAP名乗ればいいんじゃないかな、と
メンバーさんのコメントを見て思いましたとさ。


◆間◆

ペットショップにマウス買いに行ったのにてんちょと喋ってたらそれ忘れて手ぶらで帰ってくる程度には暑さにやられています。


それはそうと別件で

013_20160814184427f10.jpg

ほほー、ほうほう。

Harpactira pulchripes(ブルーレッグスターバースト)


009_201608141844242c5.jpg


最近のスター珍蜘蛛の中では個人的に一押しのこやつ。

正直miraと配色同じだし、完全に趣味蜘蛛だと思ってましたが、ところがどっこいなかなか体型もがっしりしてくるし凄く良い。
中型種っぽいですけど、満足感高し。

私が良い蜘蛛だなぁって言う場合個人的な評価基準として退色と刺激毛の具合が結構ウェイトしめてます。
なので世間的には大人気のXenesthisとかはちょっと苦手。
奴らの毛と私の相性がすっげえ悪い事もありますが。コワイ、ゼネスティスコワイ。

まぁつまり個人の好みって奴なわけですけども、主観丸出しのまま話を続けます。

スター珍蜘蛛、そこそこ入荷してたりしますけど退色してもソコトラみたいに
「脱皮前、後どちらも楽しめる」
ってのはこいつの大きな推しポイントだと思う。

性格的にも威嚇多用するからある程度扱いやすいですし。
※ピンセットがじがじされると牙にダメージ行きそうだからデリカップの蓋でつついたり気を使う部分もあるんですが。

そんなワケでお気に入りのこやつ、運よくローンしていただく事が出来たのでレッツチャレンジ。

・・・ただ結構♂がちっこいのでその点がコワイ。
地表棲と違ってある程度いきなり喰われたりは少ないとは思うけど、それでも流石に緊張します。

海外の繁殖情報とか見てもこの程度の体格差なら問題なさそうではあるんですが、それでもやはり・・・!

とりあえず雌雄どっちも喰わなくなるまで餌与えてから時機を見て一緒にしてみようかなと思います。

個人的に地表棲のが時期だの温度だのに煩い印象を持ってるから、こやつは交接しさえすれば案外上手くいくんじゃないかなと
思ってるんですが、それが一瞬でメシャア!とならないか、そこがものすごくコワイ。


毎度書いてますが、飼育難易度は地表棲って低めだけどこういう繁殖とかになると難儀な蜘蛛が多いと思う。
リオグランデとかリオグランデとかリオグランデとかね・・・ちくしょー、絶対リベンジしちゃるけえの・・・!



以下文字の集合体について語るコーナー。




以下だらだらと文字の集合体について語るコーナー(再



情景描写。

私、これ書かない。
ワタシコレカカナイ!

基本的に読書する時に、自分の場合ストーリーを追う事に夢中になるので
やれその地区がどんな風景で、どんな匂いで、どんなヒトがいて・・・
みたいなものをあまり気にしない。
あくまでキャラクターが作中でどう葛藤して、どう動くか。

だから自分で書いていても情景描写というものを書かない。極力排除。
別に意図したものではなく、勝手にそういう事になっていた。

だからキャラクターが出ても基本的に外見もほとんど描写しないし、服装だって適当にさくっと
説明してそれでおしまい。

そこについてはやはり気になる人は気になるようで

「なんで情景描写がないんだ!」
「キャラクターの外見が解らないから感情移入出来ない!」

と何度か言われた事がある。

感情移入。
物語を読むにあたって、主人公に感情移入するか否か。
私はしない。物語を追体験するのではなく、ただ物語は物語でしかないと思っているから。

この点に関しては音楽もそうで、ヴィジュアルとか全然気にならない。
音楽は音楽として完結しているから、ライブも行かないし、CDがあればそれで構わない。
それが共通認識だというつもりは無い。あくまで私がそう思っているだけ。
ライブに行けば高揚感や一体感を感じる事が出来る。
私はそれを重要視していないからCDだけ聞き込んでおしまい。
歌詞だってどうでもいいけど、気にする人はこの歌詞凄く良いんだよと薦めてきてくれる。

話を元に戻すと、とにかく私は物語は物語であれば、それで良いと思ってる。

物語も音楽も楽しみ方は千差万別。
読み手の、聴き手の数だけ存在するという、ただそれだけの話。

それなら、無理に迎合する必要は無い。
自分が好きなように、自分の思うままに書けばいいじゃない、と。

一時、それを気にして意識しすぎてうんうん悩んで書いたのが3本目。
お話の筋はそれなりに気に入ってるけど、読み手を意識しすぎて、媚びてなんかぐちゃぐちゃになって完成したのは何か
よく解らないものになった。

だったら、やっぱりもうそういうのは意識しない。必要ない。
その技術がある人はそう言ったものを取り入れたら良い。
けど、私はそこまで気を配ると駄目になる。
なら、初志貫徹。
思うままに、書いちゃえ。

そんなワケで私は情景描写をしない。ほとんど、であってゼロではないけれど。
それが良いのか悪いのかは、今はまだ解らないですが。


※例えば情景描写が足りないといわれて

→「確かにそうかも。よしちょっとたしてみよう」
→「足りてないのか?ならたしてみよう」

この二つでも全然違う。あくまで自分の中から出てきたものじゃないと、上手く出せないんじゃないかなって最近悩み出す。




なんでもそうだけどどこかの本やサイトとかで「こうこう、こういう風に書くのがセオリー」とか書かれると
それが絶対だと思った人が自分で考える事を放棄して、それを自分の意見だと思いこんでしまう事がある。

最初にそれを書いた人はきっと考えて書いてる。でもそれが絶対じゃない。
時間によって情報は変わるし、ブームだって変遷していく。

問題は、自分で考えないフォロワー達。
このノイズの存在で自分の立ち位置を見失って潰れていく人は少なくないと思う。
なので、やっぱこういうのは好きにやればいいと思う。

勿論、人気出て欲しいから消費者の事を考えて書く、それも凄く大事だと思うしそれも才能ないと書けないっぽい。

よーするに、意見は話半分に、誰が何を言ってるのかをきちんと理解した上で飲み込まないと駄目じゃないのかなーって話でした。
言葉を言葉として無限に摂取してたらそりゃ消化不良で死にますわ。
考えて、取捨選択すること。
これは多分趣味云々じゃなくて生きていく上で全てにおいて絶対に生きてくると思う。あくまでも思うだけですが。

こう、初回応募で最終選考まで行ったのにそれから一次落ち、みたいな話をちらほらみるのはそれじゃないのかなって。
それをビギナーズラックと言ってしまうのは簡単だけれど。




それはそうとこのクソ暑いのに鶏卵うどんを食って死にそうです、熱いし暑い。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/629-92baded5
該当の記事は見つかりませんでした。