S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ブルーブラッド

大昔貴族の血は蒼いといわれておりました。

「な、成る程!だからストールマンテラッシの靴底がロイヤルブルーなんですね!」
「やるな貴公・・・!」

※特に意味は無いし靴オタじゃないと意味もわからんし、古いマンテラッシファンだと逆に意味不明なお話でした。



◆暑◆


だから暑いし雨降るとか意味解らん。ヘルメットちょー臭いんじゃが(干せよ


さて、珍しく(?)タランチュラについて。

蒼い蜘蛛ってやっぱり人気なんだなって。
お勧めの蒼い蜘蛛を聞かれたのですが、色々と書きたい事もあるのでネタにさせていただきました。

で。
あげていただいたのは下記五種。

1.スラウェシパープルタイガー(C.sp.HatiHati)
2.シンガポールブルー(Lampropelma violaceopes)※学名が動いたのは記憶の隅にあるもののうろ覚え
3.ソコトラアイランドブルーバブーン(Monocentropus balfouri)
4.サジマズタランチュラ(Pterinopelma sazimai)
5.グーティサファイアオーナメンタル (Poecilotheria metallica)

どれがいいか。

全部良いです!


ってそれじゃあれなので個々に解説。

あ、その前に基本的な知識としてタランチュラは脱皮直後がものすごく発色がよく、綺麗。
時間が経つにつれて色が抜けていきます。
そんで、尻に刺激毛を持っている奴らは機嫌次第ではげ散らかして見た目が悪くなります。


hh_201607142200199a7.jpg

スラウェシパープルタイガー(C.sp.HatiHati)

最近うちでも殖えたのでこれがいいとおもいます!

蒼味という意味では正直他の蜘蛛よりちょっと落ちる。脱皮直後は綺麗ですが、成長に伴い
うちの個体は黒っぽい紫の脚と、白っぽい頭部になりました。
樹上棲アースタイガーの例に漏れず結構激しい性格をしていて、威嚇を多用しますし、走りもします。
正直そんなに扱いやすい感じではない。
けど、いぶし銀とでも言うべきかシンプルなカラーリングが私は凄く好き。
どれくらい好きかと言うと入荷すると聞いて値段も聞かずに、ええと迷惑かかるとあれなので店名は
伏せるけど予約したくらいには好きな蜘蛛です。
刺激毛も無く、尻がはげないのでいつ見ても綺麗なのはかなりのメリットだと思う。

初心者の場合刺激毛があってもマイルドな蜘蛛の方が扱いやすいですが、ある程度なれると刺激毛こそが
最も恐ろしくなるのである程度飼育になれた人向けである事は間違いないです。

シンガポールブルー(Lampropelma violaceopes)

こいつに関しては、申し訳ないけど飼育経験がありません。
ただランプロペルマは大抵扱いづらいので上記ハチハチと同じというか、むしろそれ以上と思ったほうが良いかも。
こちらも退色すると黒っぽくはなりますが、それによって魅力が失われるかと言うとそんなことは無い。
脱皮直後が尋常ではない発色してるだけで、常に綺麗だといって良いかと。
写真盛ってるでしょーと思ってたけど実際に脱皮直後の個体みたら見事なエレクトリックブルーでした。
脚がすごく長くて見栄えもして綺麗という完全無欠の蜘蛛っぽいですが脚が長い蜘蛛って基本的スピードとか
あるタイプなのでこちらもある程度飼育になれた人向けだと思う。
アースタイガーなので尻毛飛ばしによる剥げもないし、血統次第ではすっごい大きくなるらしいのでいつかは私も
大きなケージでレイアウトしたりして飼ってみたい。


balfouri1_20160714220016c7c.jpg

ソコトラアイランドブルーバブーン(Monocentropus balfouri)

メタリカと並ぶタランチュラ美種永遠の2トップ(と思ってる)
丈夫で飼い易く、バブーンなので荒いけどそれでも随分マシ。走るけど、扱いさえわかった人なら扱える。
尻毛が剥げない(バブーンだから刺激毛がない)し、色身が退色してもほとんど美観を損なわない。
繁殖したら集団同居するところも観察出来るし楽しい。
うーん、難点・・・高いトコ? でも正直もう少し値段上がってもおかしくないと思ってる。
正直言ってあまり難点の無いお勧めの蜘蛛です。

サジマズタランチュラ(Pterinopelma sazimai)


ブラジリアンなんちゃらいうカッコイイコモンネームつかないかなと思ってしばらくになりますが未だにサジマズだった・・・・
蒼と赤のスパイダーマン色になる蜘蛛で思ったよりちゃんと発色するし、写真撮るときにフラッシュたけば綺麗に撮るの簡単。
が、刺激毛あるので剥げちらかす個体もいます。うちで飼育したあ2個体はどちらもはげ散らかしタイプ。
正確は、まぁそんなに記憶に無い程度にマイルドだと思う。
蜘蛛飼育の醍醐味であると思う捕食については結構食いが良く飼ってて面白いかも。
飼育しやすいし綺麗だし、他の蒼蜘蛛にはないバードイーターの体型が好みであれば凄く良いと思う。



meta11.jpg

グーティサファイアオーナメンタル (Poecilotheria metallica)

ポエキロで蒼い、以上!(簡潔ゥ!
うーん、正直いんちきですよこいつは。
ポエキロって成長早いし喰いも良いし丈夫で「死なせない」という意味ではかなり簡単な属。
ただ毒性が高いらしかったり素早いので基本的には玄人向けといわれてます。
コツさえ掴めばそう難しくも無いけど、一応こわいぜー毒だぜーと言っておく事にする。
勘違いされたくないから。

で、どの蜘蛛もそうだけど成体の一歩手前の人間で言うティーンの時期が最も発色が良くなります。
メタリカに関してはもうほんとおかしいくらい蒼い。写真撮らざるを得ないほど蒼い。
その後どんどん成長するに従い青みは薄くなるんですが、それでも黒と白、黄色と蒼のバランスが絶妙で
いつまでたってもかっこいい。
そんないんちきタランチュラがメタリカ。
この手の蜘蛛はオスを引くとはずれ!みたいな風潮ありますけどたとえオスだとしても蒼くて綺麗なので
別にはずれ感も無い。それにメタリカのオスなら引く手数多だと思うから無駄にもなりづらい。
多少高いけど、それでも安すぎちゃいますのと思う程度の値段です。
「なんかスター種だし、天邪鬼でスルーしちゃおう」
みたいな思考すら塗りつぶされてしまう。とにかく蒼くて綺麗でかっこいいし楽しい。

ついでに学名やコモンネームですらかっこいいし、いんちきだな、いんちき。



てな具合でした。
こーゆー地味に綺麗なのもいるけど、退色で茶色になっていくので好みかもしれない。

主観バリバリなのであまり参考にならないかもしれませんが蒼い蜘蛛に興味を持つ人が増えれば幸い。

はー、久しぶりにタランチュラネタで長文書いた。

関連記事

10 Comments

月童 says..."ポエキロについて"
青系統のタランチュラの記事ありがとうございました!

夏のボーナスとメタリカの入荷が重なって我慢できずに購入しました・・・

ポエキロの幼体の飼育についてお聞きしたいのですが
現状:体長1.5cm、LS3cm弱
ケース ディキャッツ・角ボトル7.2cm

上記の状態で飼育をしておりケース内を糸まみれにしていってます。
体長5mmほどのイエコを与えてみるものの触脚に触れた瞬間に
驚いてケース壁面に逃げ出す始末・・・

どこかでポエキロは巣作り出したら脱皮の前兆と読んだような気もするのですが
脱皮前と考えて良いのでしょうか?

脱皮はバードイーターと同じく地面でやってくれるんでしょうか?
2016.08.10 20:04 | URL | #MAhqcC3Q [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: ポエキロについて"
>月童さん
いえいえ、お役に立てたなら幸いです。

メタリカ行きましたか、あれはほんとに良い蜘蛛です。

基本的にポエキロはかなりえさへの反応が良い(場合によっては体長以上でも襲う)のでもし逃げるようなら
脱皮前か、環境が気に食わないとかそういったネガティブなものが原因じゃないのかなと思います。
お腹が膨れて黒っぽく感じるようなら前者の可能性が高い・・・かも?

脱皮時は糸を張り巡らした部屋の様な物を作ってその中で行うので現状お腹が極度に凹んでいるとか
でないならば湿度だけ気をつけて放置してあげると良いと思います。
基本的には脱皮も上手いのであまり構いすぎないように様子をみてあげてください。
2016.08.10 22:34 | URL | #- [edit]
月童 says...""
>>猫★atlach;nacha says...さん

このサイズでも脚の蒼ってのは強くでるようなものなのでしょうか?

現状、強い光に当ててみてほんのり青みがあるような
黒色(紺の黒が強いと言いましょうか)をしています。

お腹はブラジリアンブラックの脱皮直後とぷくぷくにした状態しか
見たことないんですが頭胴よりは長くそこそこ膨らんでるように見えます。

エアコン管理で室温が26~27の間です。

湿度と環境に関してははちくらさんとこのタラ土に
セッティング時に土は湿らせて毎日1回壁面に霧吹きで水滴つけてる程度です。

後、この子壁面上ってる途中に落下した拍子になのか
右の第4歩脚が根元からポロッと取れてしまいまして
そのダメージもあるのかなぁと心配してます。

切れた後から体液にじみ出てる様子はないので大丈夫だとは思いたいのですが。

オモテ
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org969024.jpg

ウラ
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org969033.jpg

飼育ケース
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org969036.jpg
2016.08.10 23:04 | URL | #MAhqcC3Q [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>月童さん
写真があるとわかりやすくてコメントしやすいです。
色についてはこのくらいだと思いますよ。
ここからじわじわ蒼くなってくるのでこのくらいの個体を育てるのが一番面白いと思います。

で。
この写真を撮影した時点ではまだ腹部が膨らみきってるようには思えません。
色も脱皮直前といった雰囲気ではないです。
脚が取れてしまったのはこのくらいのサイズならすぐに復活するので全くとまでは言いませんが
さほど気にする必要は無いと思います。
(仰るように体液が浸出していたらやばかったですが、上手く自切するとほぼ問題なし)

脱皮直後:良く食べる。一度腹部が膨らむと食べなくなる。またしばらくして食べ出す。
以上食べたり食べなかったりを繰り返し、長期拒食に突入。
腹部が黒くなり、巣の一部にこもる。→脱皮

といったサイクルを繰り返して成長していきます。
怪我をした場合多少「溜め」の期間が長いこともあります。

もし私が写真の個体のオーナーだったらもう少し小さめの餌を潰して巣に引っ掛けます。
(食べなければ腐るので除去)
更に霧吹きで毎日スプレー。黒くなってきたら放置。
(ただ樹上棲の黒化はバードイーターほど見分けが付きやすくないです)
この個体は若干腹部に違和感を感じるような気もするのですが一度脱げばそれも問題ないと思います。

あと、ここは聞き流してもらってもいいんですが給水ゼリー、私はこれについてちょっと懐疑的というか、思うところがあります。
良くて寒天とか、悪くて給水ポリマーなのでしょうけれど、それで給水する事で何か悪影響がないとは
いえないんじゃないかなってだけなんですけどね。
(大手さんの製品ですし恐らくは問題ないのだと思いますが)
ポエキロなら成体になるまでスプレーだけでも問題ないです。
大きくなったら水入れを設置しておくと勝手に飲みますが。
2016.08.10 23:42 | URL | #- [edit]
月童 says...""
>猫★atlach;nacha says...さん

一コメントにここまで丁寧に対応して頂いてほんと感謝しています。
初心者がおっかなびっくりやってますのでとにかく元気に育って欲しいと必死です。

水ゼリーはちっこい生体がおぼれない足場程度に考えています。

オアシスとかで緑のポロポロされても困るので水ゼリー半分ほど入れて
毎日水差しで水をヒタヒタに入れてあげてる感じです。

最近孵化して5mm程度のイエコあるんで頭潰して放り込んでみます。
2016.08.10 23:59 | URL | #MAhqcC3Q [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>月童さん
いえ、私も飼育初期は色々不安ばかりだったので少しでも解消できたなら幸いです。

ゼリーに関しては、それの正体が高給水ポリマーの場合口に付着し、乾燥して口を塞ぎ死亡なども考えられなくもないので
私としてはお勧めはしませんという話なのでスルーしていただいても勿論問題ありません。

おぼれるのが怖いようなら100均などで売っているコットンパフなんかは安いしすぐに交換できるので水入れに投入する場合お勧めです。

上手く脱皮してくれることを願っております。
がんばってください。
2016.08.11 00:16 | URL | #- [edit]
月童 says...""
>>猫★atlach;nacha says...さん

――――――――――――――――――――――――――――
あ…ありのまま 今 起こった事を書くぜ!
やつを飼う前に 言っておくッ! おれは今 やつの生態を
 ほんのちょっぴりだが 体験した い…いや… 
体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……

「おれは 質問コメントを書き込んで朝起きたと
思ったら いつのまにか脱皮されていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…(AA略
―――――――――――――――――――――――――――――

食ってくれるの待って元気回復させてやって脱皮待ちかなぁと
思いながら就寝したら朝からポルナレフ状態にされました。

いっそのこと名前をリゾットかロォォードにでもしてやろうかと考える始末でした。

訳:朝起きたら脱いでました。 アドバイス本当にありがとうございました。

脱皮!:http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org969564.jpg
2016.08.11 06:29 | URL | #MAhqcC3Q [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>月童さん
まずはおめでとう御座います。
って写真撮影からあまり時間が経ってなかったなら的外れすぎてこっぱずかしいことこの上ないのですが(笑

ベビーの時点で喰わない=謎死亡寸前or脱皮前なのでちょっとひやひやしていましたが
あっさり脱いでくれたのなら良かったです。
ポエキロなら「これはじけてしまうんじゃ・・・?」ってレベルまで食べるので
今回身体が固まったら是非じゃんじゃん給餌してやってください。
ポエキロ楽しいという人の大多数がこの喰いっぷりに惹かれてる部分があるんじゃないのかなーと
いうほどにもりもり食べるので。

「男(ポエキロ)の世界へようこそ」
(って7部は一般的ではない可能性)
2016.08.11 07:13 | URL | #- [edit]
月童 says...""
>>猫★atlach;nacha says...さん

SBRは友人に借りて1回しか読んでないんで語録が・・・

カッコいいですよねマンダムさん


写真撮った20分後には出勤してましたw

蛍光灯の下でしょっぱいデジカメ使って撮影したので色合いに
関しては仕方ないかと思います。

写真は
オモテ:7日の14時に到着してケースに移して撮影
ウラ:7日の22時に脚ポロリしてるのに気づいて撮影
ケース:10日22時 書き込む20分ほど前に
脱皮:11日起きたら脱いでて慌てて

こんな感じです。

ポエキロの幼体って言う割によちよち歩きだしこれならいけそうって思ったら
まさかの脱皮前のヨロヨロモードだっただけだったなんて・・・
これからが本当の地獄だ。

「速さに慣れる」「逃がさないように餌も与える」
“両方”やらなくっちゃあならないってのが“初心者”の辛いところだな。
覚悟はいいか?オレはできてる」。

脱皮後の乾燥ってのは丸1日程度空ければいいですかね?
 既にケース内パタパタ走ってて怖いんですけど・・・
2016.08.11 18:43 | URL | #MAhqcC3Q [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>月童さん
こんにちは。
マンダム戦はネタの宝庫でした・・・

黒化に関してはあのレベルの写真なら十分見分けが付くので若干びびってましたが
7日撮影ときいてちょっとだけほっと(笑
何度か育てているとだんだん解ってくると思いますが写真で記録を残しておくと後々雌雄判別とか
脱皮の具合とかの判別に使えるのですごく良いと思います。

脱皮後は基本的に動かないので脱皮当日にぱたぱた走ってるようだとちょっと刺激を与えすぎかもしれません。
大きくなると2週間近く放置しなきゃ駄目になったりしますが小さければ2~3日で捕食開始すると思います。

速さに慣れる&逃がさないってのはほんとに大事ではありますが、ぶっちゃけ高速移動時に相手する必要は無いので
巣穴に引きこもってケースこんこんたたいても引きこもる状態になった時にぱーっと世話しちゃうと楽です。
暴れまわってる時は何しても無駄なので、スイッチのオンオフを見分けられるようになると随分楽になると思います。
2016.08.11 19:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/604-b3386902
該当の記事は見つかりませんでした。