S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

電撃大賞一次審査の話

電撃大賞の一次発表、例年だと10日だって聞いてたのでなんか思いのほか早く感じた。
昼になってまさかね・・・って開いたら結果出てて心臓がお亡くなりになりそうになりました。

小説部門4878作品、一次通過が661作品。

ここまでは下読みさんが読んでくれるので一次さえ抜けたら編集部行きなので結構緊張していましたが
残念ながら三本中一本しか通過しておらず。

落ちた二本は前に書いた奴で、通ったのは
「落ちて悔しいから絶対勝っちゃるけえの・・・!」と広島弁で思いながら書いた新作。

プロット段階では絶対勝てる!とこの手の趣味をしている人なら解る「俺小説最強伝説」モードになってたんですが
読み返したら甘い甘い。

ダクソ3ばっかやってたせいで締め切り5分前に完成、応募したくらい最終章一気に書き上げたから
色々残念な出来だったんですよね。
完成度で行けば落ちた二作のが自信あっただけにちょっとこりゃここまでかなぁとか思いつつ。
一次だけど、なんか書いた本人だからわかるものと言う奴があるのです。お通夜モード。

無題

yd.png


艦これ(休止中)の提督名をそのままペンネームにしてますが・・・

なんかこれ今更恥ずかしくなってきたんじゃが・・・笑
※仮面ライダーのもじりだって解るの多分自分より上の世代じゃなかろうか・・・


通過作品眺めてたら「インスマス・キラー」なる作品が通過していたのを見てクトゥルフネタが
自分だけじゃないらしい事を確信してちょっとニヤニヤしました。

うっとおしいので反省文的な自戒は追記コーナーにて。


◆間◆

888_20160708181255782.jpg

ハチハチのカニパン。

ダメっぽいのもそこそこあるので隔離しつつ様子を見ていますが、一度しなびたり黒く濁ると復帰する事は無く。
脚先が黒くなってるカニパンはしばらく経つと脱皮して動くようになるのでもう少し我慢。

タランチュラ飼育してるっていってもゴキブリでたらびびるし(出ないけど)、ユウレイグモを不意に見たら
奇声を上げるし(こっちは割と良く出る・・・)別に普通の人間なんですよ。。。

あくまでもケースごしのお付き合いだから良好な関係を築けているだけなのです、多分。


◆間◆


以下何一つ面白くない落選作へのメモとかそんなん。



◆門◆


ちょー自己満足自戒こーなー!


はい、落ちたよ落ちた!
受かるならこれじゃろ・・・とかアホみたいに思ってた奴が落ちてびっくりですよ!
全部クトゥルフ×生き物ネタ。アイデアというかネタ自体はどれも気に入ってる。

・極虹のスペクトル(ガガガ、電撃共に一次落ち)
 狂気山脈×メカ×猫、そしてヒロインがジジイというなんか良くわからんお話ですが個人的には一番気に入ってたり。
 ただ前半が酷すぎて吐きそうなのでそこが落選理由な気がするぞい。
 かつて小説を書こうと思い立ち6日で書き上げたはいいものの…(三点リーダ)すら使ってない酷いもんでした。
 一応改稿してマシにはなってるけど、前半はやっぱ書き直さないとどうにもならんかも。またそのうちカクヨムにでも投げる。

・ヒガンバナ(集英社二次、電撃一次落ち)
 ヴォイニッチ手稿×這いよる混沌×ウーパ。
 一応吸血鬼物が鬼門だとか聞いたからムキになって吸血鬼亜種みたいな感じの仮面ライダーみたいな話(謎
 それっぽく書けたつもりだったけど短いし主人公とヒロインしか出てこないのがアカンって前言われたのよね。
 あとオチ。うーむ。個人的にはこれくらいコンパクトな方が好きだけど8万字ってのはやっぱ短いんだろーな。
 
・二重螺旋のアリス -Replication of the soul- (二次選考待ち)
 人造人間×魂×UMAヒトガタの話。冒頭でシーシェパードとは全然関係ないシードッグという安易な名称の
 動物愛護団体を皆殺しという、これよく一次だとしても通ったな・・・という内容。
 サガフロ2の親子でエッグとの因縁にケリを付ける構造が凄く好きだったのでそれイメージした親子世代物です。
 前半三人称一元が親父視点なので非常にラノベらしくないかたっくるしい感じで、後半が息子世代一人称なので
 ラノベ的になるという変な構成で正直個人的には一次で落ちる可能性が最も高いと思ってた奴。
 応募時の原稿では終盤酷いので本当につらい。お通夜ムード!(再
 手元の原稿と差し替えたい(切実


ぶっちゃけなんでアリスだけ受かったのか解らん。
とりあえずあと一ヶ月は夢見させてくれるらしいので見とく(現実

応募した時はどれも受賞するんだい!って送り出したけど(っていうか応募する時点で全員そうだろうけど)
時間が経つとダメなトコ見えてきてはきそうになりますわー、だめだわー。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/598-f3c6e311
該当の記事は見つかりませんでした。