S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

戦国時代(楽しい)

突然漫画みたいになんかの才能に目覚めて「リオオリンピックに出てくれ」とか要請されても
絶対行きたくないくらいにリオ五輪心配なんだけど大丈夫なのかな。


◆間◆


って事で昨日に引き続き戦国時代面白いですネタ。

きっかけは「やる夫」でしたけど面白いエピソードだったのでそういった小説とか探せばニヨニヨ出来そう。
関が原の戦いでドリフターズ冒頭のシーンとか、ニヨニヨ。

で。
主人公の家康の四天王との別れの中でも

冷静に状況を分析して最適解を模索し続けた石川数正
亡き信長との義理を通した家康

どっちも間違ってないだけにもう、うわああ・・・。
これ、多分教科書で学んだとしたら
「ふーん、ずるい奴だな」
って考えて一瞬で忘れるんだけど、物語としてみると最古参の忠臣がどうしてそういった行動をしたのかって
考えさせられて泣けてくる。。

いや解らんけどね!どうしてそうしたのかは。

家康目線なので秀吉は敵なんですが、こやつも敵ながらに魅力的だしかっこいいわ・・・
機械のように正解をひたすら選び続けて勝ち続けた秀吉が最後、老いていく様はどうしても憎めない。
対する部下に恵まれた家康。うーむ、ほんと戦国時代面白いんだなぁ。今更だけど知らなかったからびっくりだ。


キリシタンの弾圧もひでー話だなと思ってたけど記録として
「一部のキリシタン大名が火薬貿易の為に海外へ日本人奴隷を売りさばいていた」
ってのが残ってたそうな。これ普通に知らなかったから驚いた。

よくフランス革命勉強するならベル薔薇読めっていうけど、機械的に単語覚えるんじゃなくてこういう
お話で読んだら楽しく覚えれて良いですな。
まぁ夢中になって勉強しなくなるタイプの人間ですが、私は。



◆間◆


016_20160705225015cfe.jpg


そろそろ完全体・・・!

やはり完全に固まるまではかなり時間かかりますね。


全然関係ないけどここ数日妙に熱くてやる気とかものっそ削り取られて行く感じ。つらい。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/595-1d265cf0
該当の記事は見つかりませんでした。