S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ぼくは明日、昨日の君とデートする

なんか話題っぽいのと恋愛描写がどんなもんか興味が合ったので買ってみたんですけど
これ4~50ページ読むでしょ、地震云々のいかにも伏線みたいな描写があるから
うさんくせーなって思って表紙見るでしょ。

表紙で思いっきりネタバレしてるんですけど。

読む気なくなるからもうちょっと隠そうとしてくれ。
いや半分くらい読んでからなら解るよ、でも40~50ページて!
序盤も序盤ですやん!

タイトル的に主人公が記憶障害とかそういうのかなぁ、もしくはSFなのかなぁと思ってたけど
そういう「どっちだろう」ってのを思い切りぶち殺されてしょぼーん。
一応泣けるらしいのでがんばって読む。

会いたくて会いたくて震えたりする経験というのがマジで無いのでそこらへんを
この手のもので補給してインプットするんだい・・・

◆間◆


手に付かないとかいいつつ短編のキノの旅を4話まで読む。

以下ネタバレ。

まさかの女の子だった!←

あと銀河鉄道999とか、星新一みたいな雰囲気のお話なので思ってた読み心地と違って新鮮です。
こういうのもライトノベルとして人気作になるってのは懐深いのう。

肝心の内容ですが1話と2話が非常に似ていたので「?」と思ったけどばらばらに書いた物を纏めたものらしいので
そのせいかもしれない。あとちゃんとしたネタをこういう短編でバンバン使っていけるってのが理解できない。
星新一のショートショートもそうだけどどこからアイデアもりもりわいて来るんだろ。すげー。
こういうアイデア勝負で1作、2作書くのは多分だれでも出来るんだけど、それをコンスタントに書き続けるって多分普通出来ないわ。
うーん。

・1984年
最後まで読んでもやっぱり面白いとはいえない。ただただ凄い小説。
ありえそうなこのリアリティはある意味ホラー。そして、終盤のウィンストンとジュリアを見るとなんか
人間ってそういう生き物だよな、うん・・・としみじみ思うのでした。
ネタバレになるので名前は伏せるけど信念を貫く悪キャラもかっこよかった。
読みづらいけど興味あるならお勧めしたいです。面白くは無いけどね!(しつこい


◆間◆


021_20160630204022543.jpg

びびりながらサイズ比較してみる。
指くらい。
購入時はそこそこお買い得価格でしたが恐らくこのサイズでお店で買おうとしたら結構なお値段に。
多分蜘蛛なんかも興味ない人からしたら高いのかもしれないけど、ムカデは一部なにこれ価格なのでどーにも
手が出しづらいですね。
性別の判別も難しいってか、素人にはほぼ無理ゲーですし。

Youtubeなんかで冷水だの二酸化炭素だので麻痺させてポップさせる動画も見ましたが
値段が値段なので無理無理(笑

海外の飼育者は平気でハンドリングしてますが、こいつらあまがみしてくるし正気の沙汰じゃないです。
(ピンセットよじ登られてあまがみされただけでびびってしまう飼育者が私)

ちなみにコオロギを掴んで皮膚をかじられる感覚も相当苦手です。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/590-924f1b19
該当の記事は見つかりませんでした。