S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

じめじめうじうじ

ふむ、やはり公衆自殺創始とまではいかずとも
自殺を認めてやるべきじゃないのかね。

死にたいなら自分で死ねよと思うけど、多分本当に実行しようとおもえばへたれるんだろうし。

と、悲惨な事件をみて思うのでした。やるせない。


◆間◆


虎の子タランチュラが死亡して激しく脱力モード。

そこそこサイズになったグラモが死ぬわけ無いじゃない

とか思ってた時期が私にもありました・・・

いや、アクティオンなんですが。
(学名ぽい:アクタエオン、元ネタぽい:アクタイオン、アクティオン)

床材変えても温度変えても水換えても捕食せず、そのまま死亡。
全くわけが解らず本当に謎。

同腹個体の先行入手個体は異常な速度でもりもり成長して掌サイズになって♂化昇天。
その後、数ヶ月スパイダリング状態だったらしい後続が今回の個体で成長速度に難はあったものの
一応しばらくは順調に成長。

が、徐々に餌食いがおちつつも脱皮、で、ついにお星様。

雌雄差か、スパイダリング時期の問題程度に軽く考えてたんですが何かダメだったのかも。
正直かなりショックで、昨日は一日中しょぼくれてました。いや、今日もでしたが。


何かやらかして死なせるのもアレですが、原因が解らないのは本当に堪えます。

はぁ。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/582-c7484697
該当の記事は見つかりませんでした。