S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

猿と狂気山脈

脱法都知事、陥落。

確かに問題だったけど、そう言うことの出来る構造をどーにかしないとまた同じだと思うわ。
それにマスゾエ氏が議会で発言するときに噛んだら笑い声が上がってるとこが放映されてまして、
それみてスタジオの音喜多かなんかいう生理的に受け付けない系の議員が笑ってんの。
こういう程度の低い奴もいっしょに消え去ればいいと思うよ。

◆間◆


猿の惑星、超名作古典ですけど後付けのジェネシスでは

「猿の脳弄くりまわしてアルツハイマーの薬を開発している途中、偶然猿の知能が人間超えたテヘペロ」

ってのが元ネタとされているらしい。

個人的にこういうリアリティって凄く惹かれる。
ってそれはひとまず置いておいて、

ある種これって狂気山脈のショゴスも頑張ってれば古のものを駆逐して
ショゴスの惑星作れてたよなって。

基本構造としては同じでも全然別物になるのがちょっと楽しい。

狂気山脈は食料兼労働力としてのショゴスを生み出し、それが叛逆
猿の惑星は薬作ろうとして生み出された被献体が叛逆。

ふーむ。

で、もう一度戻ってリアリティ。

例えば方舟物のお話を書くとして、方舟の描写をする時に
バイオスフィア2(後述)のネタを拾って溶かし込めばリアリティちょっと増す。

コズミックホラーの恐怖感もある種リアリティと繋がったものがあるのかもしれない。知らんけど。

※バイオスフィア2
 テラフォーミング計画とかを念頭に閉鎖空間内に地球を再現しちゃおうぜ!とかいうかなり面白い実験なのに
 なんかラブワゴン?的な事になってゴキブリ発生して珈琲に小躍りして大変な事になった実験。
 詳しくはぐぐればわかると思う。


◆間◆


005_20160615201119544.jpg


レッドアイランドバードイーター
なんとなく嫌な予感がしてましたが無事脱皮してくれたようです。
我が家最大の個体。
結構な古株でかっこいいし、蹴らないし凄く良い蜘蛛です。
こいつに関しては結構増やしてみたいなぁと思ってるんですが買ってもメスになっちゃったりで
結局未だにトライ出来ていない。

015_20160615201116912.jpg

でけー。
このサイズと体格で、すんごい綺麗なのがたまりませぬ。

ただレッドアイランドって学名検索してもいまいち「これ!」ってのが解らない。
構造色の問題もあるんだろうけど、他の蜘蛛はなんとなくわかってもこいつらは近縁種もびみょーに
色がそれっぽいし、レッドィランドも脱皮後の時間経過で茶色くなるし。
とりあえず私は黒にメタリックピンクが入るこいつをレッドアイランドだと認識しておりまする。


レッドアイランド、リオグランデあたりは繁殖させたいなとずっと思ってるんだけどなかなか。
ハチハチもアースタイガーでは一番好きな種だったのでふやしてーなーと思ってたので
今回はローンの声かけていただけてほんとラッキーですた。

たださっきケースにがん!とぶつけてしまって血の気引いてます。中身良く見えないし。あわわ。


てなわけでレッドアイランド、ソコトラ、リオグランデ(ただし敗戦濃厚!)あたりの♂は常時募集しておりまっす。

関連記事

2 Comments

黒猫 says...""
アトリは画像検索かけるとカンケリやカウタスとごっちゃになってますよね。自分は猫さんの載せられています画像がすごく参考になりアトリはお迎えに至りました。
デカくて動きもトリッキーですが、蹴らないというのはポイント高いですよね。
2016.06.15 21:54 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>黒猫さん
こう、金~茶系は正直見た目だけじゃなんとも判別難しいですもんね。
私もあんまり自信は無いのですが、この名前で買ったしこれでいいやということで載せてるにすぎないので
実はちょっと心配だったり(汗
比較的蹴らない個体が多いというのもミソですね。バードイーターってどうしても毛が気になりますから;
2016.06.16 19:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/576-edf3ea6f
該当の記事は見つかりませんでした。