S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

全部あいつが悪い

海外の小説って、なんかつまんないし読みづらいと思ってましたけど
それもある種の偏見だったな、と。

古い翻訳本だとなんかへんてこだったりしますし。
ただラブクラフトとかだと大滝氏の読みづらい(貶してない)翻訳も雰囲気を醸し出すのに良いスパイスと
なってるとは思うんですけどね。

有名な

 其は永久に横たわる死者にあらねど
 測り知れざる永劫のもとに死を超ゆるもの

とかも実際はちょっと翻訳違うらしいですけどネー。

ま、そんなワケで海外の小説って苦手意識もってましたが、ちょいちょい見てみるとそうでもないのも多い。

多分その苦手意識を私に植え付けたのはダヴィンチコードだと思う。

マグダラのマリアネタとか、キリスト教圏の人からしたらかなり衝撃だったのかもだけど
それ以前になんかつまんなかった。
全部茶色い奴が悪い(酷

基本的に面白ければ変な絵の漫画でもアニメでもギャルゲでもエロゲでも気にしないのですが
海外作品は敬遠してるトコもあったので面白そうなの見繕ってみる。

これだけ海外小説に興味びんびん丸なこと書いておいて買ったのは筒井氏のグノーシスという。
あと古本でキノの旅買いました。

とりあえず古典的な鉄板をちまちま読むとする。

◆間◆


003_20160613205140c8c.jpg

白し!
チリアンゴールデンフラッフィ。うん。金色ね、はいはい金色。

どちらかというとゴールデンというよりラスティな雰囲気ですが、きっと海外の人にはこれが金色に見えるのだ・・・

や、そういや昔書きましたがコーンスネークのバブルガムとかも海外の人の目にはより緑に見えるとか。
緑を強く感じるんだっけか、忘れたけどそれゆえに緑のグリンチとかが人気なのかも。
あとエメラルドスケルトンとか。
味に関していえばうま味ってのも日本人が強く感じる事が出来るけど、他のお国だとそうでもないとか。

70億人も人間がいてインプットされたものを均一に評価してるとは確かに思わないけど
いざ違うといわれたらそれはそれで少し不思議です。

関連記事

2 Comments

黒猫 says...""
確かにこの画像のmaule様はすごくラストが強調されていて独特なカッコよさに見えますね。ピンクやホワイトに見えたり表情豊かですが、ゴールドにはどう頑張っても見えません。ムカデはコモンネームの色合いとか一致したりしますが蜘蛛は結構ありますよね。(笑) 
2016.06.13 21:21 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>黒猫さん
よく言うのがタランチュラのビューティとゴールドは信じてはいけない、という奴ですね。
たまにゴールドは当たりもいますが大抵茶色に・・・(汗
蜘蛛の場合単純に数も多いのでイメージと違うのが相対的に多いのかもしれませんね。
2016.06.14 20:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/574-ce4b91b8
該当の記事は見つかりませんでした。