S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

アンハッピーエンド

ゲームや漫画で良くあるのが

なんか良くわからんけどヒロインを救った主人公がなし崩し的に魔王を倒すために旅してたら
実は魔王は世界を救おうとしててそのためには特別な人間、まぁぶっちゃけヒロインが必要なのだ!
で、世界を救うためにヒロインを生贄にするのだ!
「そんなことさせるかー」
ラスボス倒す→でもヒロイン自発的に生贄→世界は救われました!やったね!
主人公はしょんぼり、でも思い出を糧に生きていくよ、ヒロインの愛したこの世界で!(嗚咽)



超ありがちな使い古されたこの王道テンプレ展開。
(最期なんか良くわかんない奇跡で助かったり亜種を含むとする)

まぁテンプレとして今でも使えるものだとは思うんですけどこの場合ハッピーエンドにしようと思ったら
どうしたらいいんですかね。
ぶっちゃけ1人の命で世界が救われるなら心を鬼にして生贄にするべきだと思うけど
自身が当事者だとしたら多分そりゃまた違うでしょうし。

「見知らぬ100万人は殺せても見知った1人は殺せない」(多分石原莞爾がそれっぽい事いってたような)



万人が納得いく最後ってのはやっぱ難しいもんだなと思いました。
いや別にこういうモノを書いてるのではなく構造的な問題のお話。

可能な限り相手側の主張も受け入れられて、それでも主人公サイドに義がある!と思わせておいて〆。
こう考えるとそこらへん何も考えなくて良いキチガイ魔王って便利だなー。
特に理由とか無いけど世界征服したいだけとか、ジャイアンかお前は。

よく解らないことをもやもや考えて、それをアウトプットする事で多少まとまるかなーと思ってたけど
全然纏まらないまま書き終わってしまった(蒼白)



◆間◆


そういや甲鉄城のカバネリで書き忘れてたんですがホロビが
「あの子(無名)が帰ってきたから私を先に使うんでしょう?」
って言ってたけど、どういうこっちゃ。
ホロビの前に使おうとしてたものってなんぞ?群体使うつもりが無かったのか?
他に候補がいるならちょっと変な台詞になる気がする。

あと群体内部で何か(枷紐)が弾けて暴走する描写の後に博士的な人がウイルス、枷紐じゃ云々言ってたことから
生駒の持ってる石がウイルス抑制成分を含んだ枷紐の原料の何かだというのはほぼ確定。
逆算するとこれで暴走した無名を救う(=中盤の人間に戻してやるという約束履行)って流れかしらん。
あと3話で綺麗に纏まるのかな、楽しみ。

それはそうとホロビームは世界観ぶっ壊してると思いました(笑


◆間◆


006_2016061122254644b.jpg

白団子、順調に増えてるらしい。
ただ同時にダニ(悪さするタイプじゃなくてうろうろする奴)もびみょーに。
害は特に無さそうですが、どっかやりたい。

007_20160611222558fd9.jpg

そして、どうやら第二陣もいたらしく、ベビーをちらほら見かけるようになってきました。
一度殖え始めると爆発的に殖えるらしいので楽しみ半分、怖さ半分。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/572-6116d734
該当の記事は見つかりませんでした。