S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ゾンターク

更新したつもりが下書きになっていた・・・なーんてこと、よくあるよね!(ありません


それはそうとまじで逝ってしまうとは・・・(中尉的な意味で)


◆間◆


メンテがおっかなびっくりしながらなので全然捗らない。

ハチハチは産室(と勝手に呼ぶ)作って内部で抱卵、その後再度産室を強化してるようで
もしかして湿度不足なのかもしれない。

み、水入れ入れておくべきだった・・・!

水差しでちまちま給水してます。




022_2016060820072060a.jpg

残ってる写真がコレしかなかったんや・・・(猫の玉)


◆間◆

以下アレな話。

独断と偏見と自己満足によるアウトプットで脳内整理するだけなコーナー。


色々プロットは練るものの進まない。
そもそも出てくるプロットをそのままラノベに変換しようとするにはラノベの読書量が絶望的に足りない。

で。



ライトノベル

→ここ

一般文芸





丁度真ん中に「ライト文芸」なるものがあるらしく。
概要みたいなの読むと20代をメインターゲットにしててキャラの萌えとかじゃなく
お話の展開重視、文章も、

「俺の黒曜石のような輝きを放つ神に授けられし、なんかよくわかんない凄い剣が空気中の魔素ペンペンムシを
 吸収し、それはもうやんごとなき光をピッカピカだしてその上でなんかうんたからかんたら!」

みたいな比喩表現特盛の中高生が好き(らしいよ)なのを使わなくて良くてさっぱりしてて良い……らしい(私調べ

これだ。

ダブルバスター
 コレダー!

自分が比喩表現だのだらだらメインに関係ない描写が続くとイラっとして流し読みになる症候群なのでそういうの書けないナーとか
思ってただけにちょっと光明。



ただまぁ今回出した電撃大賞もその枠内なので既にエントリーは済んでいた件。
あさってあたりに応募総数発表らしいのでソワソワー。

ちなみに近しいものだと他にファウストくらいしか知らなかったけどこのライト文芸で検索するとちょこちょこ新人賞出てきたので
そっちに向けてもう一度プロット練り練りリファインして書いてみたい。
ここらへんのは再投稿ダメー!てのが多いっぽいのだけちょっとネック。



そんなわけで今までの
ラノベも面白いのあるじゃない→それってライト文芸寄りだったのでは?
という事でちょっと目から鱗でした。

自分が何を書くかっての意識してないとブレまくって「なんじゃこりゃ・・・」って頭抱える羽目になり
さらに改稿の方が新作書くより筆が進まん事が判明してたので少しだけラッキー。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/569-0a37062d
該当の記事は見つかりませんでした。