S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

落ちる朽ちる尽きる

落ちた!(挨拶

二次突破30作の中には残れず・・・よよよ・・・

うーんうーん。。。

とりあえずがっかりショック雑感は余りにもチラ裏なのでチラ裏コーナーにて。


◆間◆


003_201602192232294e8.jpg


アクティオンの脱皮殻。ほーほー。




以下チラ裏。



いつも以上にチラ裏ですからね、言いましたよ。

◆門◆


当初、

スタート「お金持ちになりたいなぁ……」

→宝くじとか完全に運頼みだからヤダ
→じゃ小説書いて賞金貰えばよくね
→ラノベなら簡単だろ(大いなる間違いの巻)
→うおおお!勢いで仕上げて6日で投稿じゃ!
→え、かぎ括弧の最後句読点入れるって習ったけど、小説だと違うの・・・(・・・も原稿だと使わないetc)
→そもそもラノベって何やねん。読んでみる。……ふむふむ、なるほどわからん!
→あ、でもなんか話作るの面白くなってきた ←今ここ

ライトノベルってのは定義が曖昧で、どうもラノベレーベルが出してたらラノベってのが今割と支持される
定義の方法らしいんですが、なんらかの方向性はある。
そこに外れるとカテゴリエラーとなってしまうそうなんですが、うーん。
それでもきっと面白ければ通ったんだろうなと思う。

なんだろ、タランチュラの場合謎死すると血統を疑ったりしたくなりますが、それと同じでソコ疑ったとしても
自分のプラスにはならない。
ド畜生今に見てろ・・・!泥水すすってでも這い上がってやるぜ・・・(ポプテピ感)って感じですかね。

これで一本目、二本目と順調に落ちて、正直割とムキになりつつある(笑

自分メモ。

1本目:極虹のスペクトル →ガガガ一次落ち
  「巨大人型ロボット兵器がいかに現実的じゃない乗り物か」ってのに言及した上で実現するならこれしかないだろって話。
  ノリで書き上げた奴だけど個人的に気に入ってて自信もあった。でも落ちてから見てみたら技術的には色々やばい部分が。
  基本的に書き手は好きなもの書くから自分で書いたものは面白く感じるらしいと聞いて「うわー、それだ!」と思った。
  落ちた上に評価シートももらえないので何が駄目だったのか具体的には不明。

2本目:ヒガンバナ →ダッシュエックス二次落ち
 バーサーカー彼女をテーマに思いついて書いてみた奴。
 ネタは解りやすくしたつもりだけどオチでクトゥルフぶっこみ過ぎたかもしれん。個人的にはクサさ含めて結構気に入ってるんだけど。
 ちなみに視点移動多すぎて読みづらいと言われまくる。
 こいつに関しては評価シートもらえるので何が駄目だったのか解るのでしばらく放置。
 オチ削った物を推敲がてら掲載させてもらってて、その時読んで下さった方もいたようなので
 近日中に最後まで公開します自己満だとしても(息継ぎ無しw

3本目:ウルタールの騎士 →京アニ審査待ち
 →練習用に三人称かつ、血界戦線よろしく「(ラブクラフト御大が)必殺技を叫んで殴る」がテーマ。
  あとタイトル通り猫まみれ。
  キャッチーなものにしよう……と思うも正直個人的に空回りした気がする。個人的に今までで一番自信ない。うーん。
  あとクトゥルフ全開の血飛沫物を京アニ大賞に送ってよかったのだろうかっていう。

4本目:二重螺旋のアリス(仮) Replication of the soul →電撃予定
 →クローンとか命とか、そういうものについての疑問を無理矢理形にしてみる。
  んで、文型だし、一人称の方が合ってるなってことで一人称メインにおかえりなさい。
  サガフロ2みたいな世代間またぐ奴やりたいなぁと試すもラノベで必須といわれる冒頭の掴みが現状存在しない。
  むしろシーチワワ惨殺シーンからっていう(鬱憤
  正直「いけるいける」と思ってた1作目が落ちたのでムキになって勝つ為に書いてる←

5本目:テンプレラノベ実験体 →箸休め
 →テンプレクソラノベなるものを、読みもせずに批判するのはおかしい。でもすまん、俺は読めないや・・・
  だったら、書けばいいじゃない!ってことで何か書いてみた。何なのコレ。
  カレーの作り方知らないおっさんに作らせたカレー。

いちおう他のレーベルも見てみたけどハヤカワSFなんかはゴリゴリのSFだし場違い。
メフィストは他社応募作品不可。電撃はカテエラの懐拾いようなので改稿して納得できたら
落ちた奴も一回だけ再投稿してみよっかな。

まぁしばらくもっと書いて筆力上げてから考える。

とにかく今は今年イジメ物が大賞を取ったという電撃に向けていじくりいじくり。うごご。

絵がかけないので「受賞したらイラストレーターさんこの人がいいとか言いたい」(ちなみに実際は難しい)だの
賞金欲しいだのをモチベにとにかく書くべし。


前回のは自信あったとはいえ6日原稿。今回のは推敲1ヶ月近くいじくったものだったので割とショックがでかい。
ただまぁ先に書いたとおりここまできたら意地です(笑
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/485-4f8dbc24
該当の記事は見つかりませんでした。