S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

とらんすぺあれんと

1頭ヘカトンが死亡してしまったのでムカデの乾燥標本を作ろう!と思い立った昨夜。


内臓除去しないとぺったんこになるのは前回試していたので
熱湯消毒後、腹部を切開してムカデの開きを作成。。。。

奴らの後半はほとんど内臓らしい内臓がなくすっきり取れるんですが
気門の周辺は流石に色々詰まってます・・・(いらない情報w


で、ここで問題。

サソリ(イスラエルゴールド)のように外殻が透明なのです。シースルー。
どうしたもんかと思いつつ、詰め物を染色してからツメツメ。

それっぽい形状になった・・・と思いつつも小さいので足の展翅がなかなか難しい。


模型用の透明クリア吹けば上手くコーティング&キープ力が出せるんじゃ・・・・!

と駄目なひらめきから実際に試してみたところ


003_201407052056439bc.jpg


失敗!!!!


水分あるのにトップコート吹いたらそらそうなるわと(確か


そういえば以前アントルームさんで販売していたヤンバルオオムカデの標本も透明っぽかったような。
あれもっとよく見ておけば良かったなぁ。




004_201407052058376a9.jpg

ピントズレてますが、蜘蛛標本は結構難易度低いので綺麗な個体がぽっくりいったら
試してみるのも良いかもしれません。

※ただしバードイーターは鬼門w(腹部の刺激毛的な意味で)



◆間◆

008.jpg


ダイヴァシペス(GR)

うーん、結構綺麗ですね。

割と貪欲でワラジも食べてくれるのでPF自体はかけやすい・・・気もしますが
謎の長期絶食とかも経験した事があるのでなんとも言えませぬ。



◆間◆




hashigo1.jpg


またしてもハシゴ。(ピント合ってないけど1番マシなのがこれでしたよっと)

DP3Mの外付けスピードライト(EF-610 DG SUPER)の実験用にパチリ。

蛇の撮影はカメラ云々の前に蛇をじっとさせるテクニックが大事なんだと思い知りました・・・
難しい!

DP3M0986.jpg




ところでこのハシゴ、腹部にくびれ?のようなものがあります。

とりあえず今は元気なので様子見ですが・・・なんでしょう。
そこだけ腹部の筋肉が無いような、そんな感じです。

指が当たってへこんでいるわけではなく。むーん?





関連記事

2 Comments

きゃりこ says...""
内臓掻き出すとかどう考えても出来る気がしません←ヘタレ

サファイアピンクトゥー、ナニコレ、綺麗ですねΣ(゚ロ゚;)!幼体なんです?
ハシゴのお腹心配ですね、でも調子悪そうじゃないのなら大丈夫だといいですね!
2014.07.06 11:19 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>きゃりこさん

大きい個体だと結構ハードル高いですが小さいのなら・・・
あとは慣れですw

幼体です、10mmくらいですが割と見ごたえあります。。
ハシゴに関しては仰るように元気だからとりあえずは良いかな?と思ってます。
異常があれば病院連れて行かねばですが。。。
2014.07.06 17:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/38-e1393af5
該当の記事は見つかりませんでした。