S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ムカデの乾燥標本作製 -序-

ゴールデンカムイ、谷垣の最後のコマでの台詞。

字面の下ネタ感からは想像できないレベルでかっこよかった。谷垣株爆上げですよ。

飛び飛びで週刊追ってたので勃起おじさんこと弐瓶は療養後仲間になるのだと思ってましたが最新刊みたら普通に
xxxでしたね。
ぼっきおじさんほど勃起勃起言わなくて良いので(今回だったから良かったので谷垣のキャラで今後連呼されたらやだな・・・笑)
弐瓶の相棒だった谷垣にはマタギ枠としてがんばってもらいたい。。。!


◆間◆


E7、一気にやらなくちゃならないようなので週末あたり一気に片付けちゃおうかなと思いつつ。
演習に甲3提督がちらほら出てき始めていいなーと思いつつもポップライン(2万)を切ってるので
大人しく難易度落としますけど。

それはそうとあきつ丸、優遇されてるなぁ・・・・笑

特に強くない特殊艦としてあきつ丸、秋津州、先生、くじらとか居ますが
あきつはルート固定に良く使われてますもんね。
うち先生とか改にすらしていない・・・うーむ。


◆間◆


あ、今回以下ムカデの標本ネタですが人によってはきついかもしれないので
グロが嫌いな人は回れ右。


◆間◆

はい。

実は先日から部屋に異臭が。

なんぞこれと思っていたらどうもヘカトンブルーのベビーだった奴のケースからのよう。

化学薬品みたいな変なにおいで、徐々に動きが怪しくなり、床材交換したり本体を殺菌処理したりしてましたが
残念ながら死亡。

蜘蛛は少ないながらも立て直した例がありますが、ムカデはうちの場合調子崩したら全て死亡です。
殖えたベビーの最後の1頭だったのでかなりショックでした。


・・・で、そこそこサイズなのでムカデの標本を作ろうと。

通常液浸標本ですが、あれあまり好きじゃないので乾燥標本で。


いつものように熱湯消毒してから処理開始。。。。



mh.jpg


ちなみにご覧の通り、生きている時から体の後半が明るく変色しており何らかの異常があった様子です。

で、このまま乾燥させるつもりでしたが思ったより柔らかいし、展翅して乾燥させるだけではメコメコになるだろうな・・・
ってんで仕方なくモツ抜きすることに。

以前開きみたいに腹側を縦にきりひらいで処理したことがありましたが整形が不可能になり断念した事が
あったので今回は真っ二つに切断して処理を行い、最後にくっつけるプラモデルかよ!方式で行くことに。


mh2.jpg



ハイ一応、ワンクッション。
この後これモザイク取りますからね。知りませんよ。










13.jpg


変色していた部分はなんだか腐敗していたのか凄く「ユルく」なっていたのでそこからカット。
正直真ん中から切断するべきだったと思いましたが後の祭り。

そこから麺棒突っ込んだりエタノールで洗浄したりピンセットで内蔵引っこ抜いたりしますが

先に書いたとおり謎のムカデ臭、化学薬品みたいな臭いが無茶苦茶きつい!!
くっさ!!

カニミソみたいなのを延々麺棒で引っ張り出して、現在そこでストップ。
余りに臭かったので作業後仕事行くこと考えて一応・・・笑

本当ならサーキュレータ前や温室のヒータの上(直置きじゃなく)に放置すべきなんでしょうが
臭すぎて無理なのでジップロックに乾燥剤と一緒に。

ムカデは外骨格が薄くて透けるのである程度似た色を着色した綿でも入れたら良い具合になる
んじゃないかなーと思っていますが、正直どうなるか謎(汗


この後続編が来なかったら失敗したってことで・・・
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/347-676f1157
該当の記事は見つかりませんでした。