S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

アザンティックあげるよ

さてさて、自衛権で大きなポイントを迎えましたねっと。

とりあえず良く解りもしないのに今回の件で戦争反対云々言ってる人はもう少し知った上で
批判して欲しいなぁとは思います。

いや賛成、反対という話ではなく「理解してないのに雰囲気だけでごちゃごちゃ言ってる人」を
インタビューとかで使うの止めたらいいのに、不愉快。という話でした。ちゃんちゃん。


◆間◆


さて、餌がなくなりました(唐突


ですが今回実は初めて産卵床をフタホシ存命時に入れていたので、そこからわらわら沸いてきています。。。

使えるサイズではないですが。
中々面白いですね、これは今後も多少やってみようかなと思いました。

アニータやらダイヴァシペスなどのちび連中にはホソワラジでなんとか食いつないでもらってます。


で。

グリーンハンツマンの捕食を観察してたんですが知ってはいましたが本当手品みたいに
何してるか全然解りません。

ケース内のピンヘッドがジャンプ→壁面の軍曹がピボットのように一瞬で捕獲、同じ位置に戻る

という感じ?見ては居ませんが多分そんな具合でした。
ケース内に餌を入れるときに一度ケース外に飛び出して指の上で止まったもんだから
タランチュラみたいに誘導しようとしたら一瞬でジャンプして消えました←



・・・いえ、尻から命綱みたいなのを指に固定してくれていたおかげですぐにケースへもどせたんですが
一瞬「あ、やっちまった」という言葉が脳裏をよぎりました。

本当、この蜘蛛どっかおかしい(笑



◆間◆

節子それロマンティックや!アザンティックやない!


で、アザンティックのバイパーボアが脱皮完了しました。


Vip.jpg



脱皮直後だけは本当アザンティックらしい見た目なんですけど、時間経過で茶色くなると
うーん、、、?とならなくも無い(笑

この辺脱皮直後だけ綺麗ならば良いのだ!というタランチュラ教団の教えのおかげで全然気にならないのですが。


撮影後ピンクLを2匹平らげてミズゴケの中に帰って行きました。
餌食いの良い個体はそれだけでポイント高いですね。

現状うちではハウスとミロスが全然餌食べないので難儀しております。。。


ミロスは前回脱皮後通気性の良いケースに引っ越すも、またすぐに白濁。

どうも体表に異常があると脱皮サイクルが早まるというのは本当その通りなんだなと感心。


艶消しウロコは水分に対して便利な機能を持ってるけど
実は長時間水に晒されると良くないんだよーというものなのかもしれません。
あいつもそうですもんね、ベーレン。

まぁ素人のただの思いつきなので特に意味はありません。

関連記事

4 Comments

mmm says..."コップのフチ子さんってなにが面白いの"
タランチュラの扱い方って、基本的にあまり他の蜘蛛に応用利かないんですよね。
彼らは「でかくてにぶい」ヤツが多いですから・・・
2014.07.02 01:08 | URL | #SWfOwOYA [edit]
きゃりこ says...""
誰か アザンティック止めて アザンティック
胸が 胸が苦しくなるー。

拳銃持った女の子がパ○チラするマンガが読みたいですよ(-。-;
2014.07.02 14:23 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: コップのフチ子さんってなにが面白いの"
フチ子さんは・・・映画のマナー映像で動いてるのをみて試しに1個買ってみたら
なんか面白かったですw
ちなみに骸骨版とかもいてパソコンの画面にひっかけたりもできます!←

>タランチュラの扱い
確かに・・・逃亡性能も高いとはいえ、動きは先読みしやすいですもんね。
ハエトリとか軍曹等、ジャンプする奴らはかなり強敵だなと再認識です。。。
2014.07.02 20:25 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>きゃりこさん
ギャー実はロマンティックあげるよを余り知らない!笑
ドラゴンボール見たの大学に進んでからだったりします。。。w

>拳銃もった女の子が~
パ●ツ成分はパン●成分として別途補給したい派です!(何か言い出したw

普通の漫画への●ンツ成分の添加についt(以下省略されました笑

※パ●ツがNGになっているらしいですw
2014.07.02 20:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/34-53db5559
該当の記事は見つかりませんでした。