S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ふらっふぃ~ちゃん

あ、シャトゥーンは面白くなかったです(唐突


正確に言うなら途中までは凄く面白かったんですよ。

でも後半が酷すぎた・・・思ったとおりの流れではなかった点(アイヌの羆の自重を利用した心臓突きでの決着)
じゃなかったのは上手くまとめていたら喝采だったんだけど斜め下に潜行していった・・・

ただグロテスクな描写を書きたかっただけなのかな、という感じ。
とりあえず鼻と頬の肉だの食いちぎられて内蔵引きずり出されて四肢欠損した裸の人間が羆に食われながら
長時間ずっとうめき声をあげているってのはホラーすぎる。

あと襲われた時皆「痛い!やめて!」とかめっちゃしゃべる。めっちゃ解説してくる。
叫ぶだけのほうがリアリティあるんじゃないのかな。ムツゴロウさんも指食いちぎられた時とかめっちゃ無言だったし
必死な時はそんなしゃべる余裕無いんじゃないかなと思ったとかなんとか。
知らないけどね、襲われたことないから。
予定調和で子供が謎のHP量で襲われても死なないのも不自然。
子供ころしちゃ駄目なルールとかあるのかな。別に物語なんだから良いと思うけど。

なんかイメージ的には前半出てきた羆は途中でしんじゃって途中からスペースヒグマーあたりと交換して
怪獣映画みたいになって、なんかもうだめだこれ。

シマフクロウの話とか、生態系の話とかちょっと興味深かったしそこは良かったです。
ミステリ要素は羆のインパクトで正直どうでもよかった(笑

このミステリーがすごい!で凄い小説ってほとんど無い説の補強になった小説でした。
(荒削りで、なんか軽かったけどバチスタなんかは面白かったんよ)

最初良かっただけにかなり酷評してますが、期待しなければ読み易いし悪くないのかもしれない。
残酷描写を押し捲りなので好きな人には良いのではないか。

とりあえずくまモノが読みたければ羆嵐読めば良いと思います!
邂逅の森もすんごい良いけど、熊モノってよりマタギモノだから好き嫌いあるだろうということで。


◆間◆



007_201508092126015b6.jpg


Grammostola sp.Maule(チリアンゴールデンフラッフィ)


広義のチリコモの端くれ?
とりあえずその中ではこいつがダントツに好き。
そんなに高価な蜘蛛じゃなかったけど、チリコモもじわじわ値段上がってるようなので
早めに入手鉄則。

ほぼ餌を食べない蜘蛛状態でしたが最近もりもり食べだしました(写真も食事中)

高温なのか何なのかはわかりませんが何らかのスイッチがあるのだろうか。
よく解らんですがお気に入り個体が食べるとやっぱり嬉しい。

蹴らないし、おとなしいし名前の通り白い毛がふさふさしてとても可愛いらしいです。
(毎度のことながらチリコモ関係は案外強毒かも?な話もあるとかなので信憑性はともかくナメてはいけない)

コンセプシオンよりもさもさっとしてる&白っぽいのが見分けるコツらしいけど
正直見比べてるとゲシュタルト崩壊起こします・・・笑



そういやジュラシックワールドが妙に評判良いらしいので気になる。
泣ける!とかカッコイイ!こまけえこたいいんだよ!とか。

1作目は凄く良かっただけにその後がっかりだったから敬遠してましたが、みてみよっかな。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/338-2ce46e40
該当の記事は見つかりませんでした。