S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

Embody the invisible

016_201507172114449df.jpg

S.g.r.ことギガンテアロブスタちゃん。
購入店の紹介に「ピンクマウス食べる」とか書かれてたし購入時も
イエコアホほど食べる!とか言われてた&むちむちだったので帰宅してからほぼ給餌はせず、ダイエット。
少し「張り」が無くなったかな。

遠征前に1匹捕食、本日小さなイエコを追いかけるかどうかチェックに使ってみると殺すだけで食べない様子
なので多分そろそろ脱皮なのだろうか。
マウスはおやつ程度、蟲メインの餌がベターなどと聞くのでうちもなるべく蟲餌メインで育てたいです。
ムカデやら蜘蛛やらは脱皮するとサイズUPして嬉しいですが、どーしても一定確立で死のリスクもあるので
ちょっと恐ろしい気持ちもします。。



◆間◆


阿武隈要求レベル舐めてたけど余剰大発が輝く時がきたようで
遠征用に是非複数欲しい艦に・・・!
ガッサ牧場やってる場合じゃない・・・のに衣笠ばっかり溜まる・・・


◆間◆


ピース又吉の芥川賞入賞のニュースいい加減しつこいなどと

思っていましたけど、あらすじとかよむとちょっと面白そうかなぁと。


芸能人の書く本って時点で個人的にネガティブフィルターかかって
水島ヒロに募金したらなんか良くわからないファンタジ~ラノベがもらえるキャンペーンみたいに思ってましたけど
歴史の長い賞でそんな一時的なカンフル使うことはないだろうなと。

純文学ってそもそもなによと言われれば学校で多分皆さん読んでるであろう
舞姫とか、こころなんかが解り易いでしょうね。

別に盛り上がりとかなくて、淡々と終わるけど何かこころの中のもやっとしたものが
もにょっとしたものに具現化されて、それが何かは解らないけど「嗚呼、そういう形なんだ」って
自分で認識する事でなんかほっこりするというイメージ。わかりづらい!ドンシンフィーウ!
まあ、なんかそういう娯楽小説とはまた違った面白みがあって嫌いじゃないです。

特にこころは卒業してから読んでみたら思いのほか面白かったし。
電子書籍だと青空文庫として入手する事も可能なのでまた読んでみよっかな。
文章が古いけど、人間の本質なんかは結構かわらんもんだなってしみじみします。

面白い設定で楽しませる本も良いけど、普通の設定で読ませる本も面白いですね。



で。全てがとはいわないけどタイトルが文章になってる最近のライトノベルって
当たった作品の模倣ばかりなのを見ると設定偏重でつまんなさそうでなんか敬遠。

ライトノベルが嫌いなのは高校時代に友人に薦められた一冊が壊滅的につまんなかったからで
きっとその時面白いの薦められてたらまた違ったと思うんですが、なんか苦手意識がある。
純粋に読みづらいし面白くなかった記憶が。
ただマルドゥックスクランブルとか面白かったしラノベ=クソとまでは言いませぬ(あれがラノベかはさておき)
※ブギーポップとかキノの旅なんかはちょこちょこ勧められるあたり名作なのかしらん。読んだ事無いけど。

ヘヴィメタル好きだったからライトという単語になんらかの反感をもってる可能性もあり(嘘

てなわけで最近ミステリだのそういうのばかりだったから純文学にちょっと食指が動いた話でした。



◆間◆


なんでもそうだけどメディアが良いって宣伝したら妄信してよいものだと思い込んでしまう
人間が多いって事なんでしょうかね。
生き物趣味においても、なんであってもそういうもんは存在するしそれが全て駄目だとは言わないけれど。

今の安保関係のネタだとついったでタレントのつるの剛司氏が
「反対派の話だけじゃなくて賛成派の話も聞いて考えてみたい」
みたいに極普通のことをつぶやいたらそれに戦争したいのかーとか良くわからない反発があったそう。

考えることをしないし、相手に内容を伝える事もしない(そもそも中身を知らない)そういう
モブみたいな人間が増えすぎて辟易する。

政治だけじゃなく、趣味だってなんだって自分の基準で何かを取捨選択出来ない、しようとしない人間なんて
つまらないし、魅力も感じない。



・・・昨日に引き続き何なの個の終わり方(呆然

職務経歴書こねくり回しすぎて若干お脳の調子が悪いようです。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/321-e8d0d3fe
該当の記事は見つかりませんでした。