S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

内緒話

ud_20150627161340046.jpg


タンザニアバンデッドウデムシ


結構寄り添ってる事が多い・・・変な蟲ですね。
内緒話か。内緒話なのか。

若干♀のお腹が膨らんできた・・・ような・・・?



◆間◆



はい、以下死刑執行の是非についてうだうだ書いてますよ。
蟲は出ませんよ。








ドイツ好きです。


ドイツ好きなんですけど(唐突


死刑執行に対して結構協力にケチ付けてくるんですよね。

EUとかでは現状死刑執行はNG!みたいになってますけど
個人的には必要だと思う。

遺族の報復感情云々じゃなくて、抑止力としての効力があるとおもうので。
ただまぁそういう話になると死刑反対論者は抑止力としてのデータは無い!とか言い出すのですが

716d8d4a-s.jpg


少なくとも私は死刑があるならいざそういう岐路に立たされても思いとどまろうとするかもしれません。
別に人を殺してやりたいわーとか思うことって無いんですけどね。
現状想像するにぎりぎり殺人を犯したいくらいの怒りに触れたとき、
「いやー駄目駄目、死刑になるかもしれないしね!」と思う可能性は高い。
良くないたとえですけれど。

大体生き物として究極的には大抵みんな自分は死にたくないって思うんですから
抑止力が例え極小でも存在しているのは存在しているわけです。

抑止力になってないって言い張る死刑反対論の人にこれ言うとうやむやにされますが。


で。

死刑が無くなると無茶する奴出てくるかもしれないっていう話に関してもデータらしい
データなんてものはありませんが、似た状況があります。

現在少年法との絡みを考えるとちょっとおぼろげなものが見えて来ません?
そう少年法の場合、少年である限り死刑は無いんです(大雑把

で、少年法で守られるから殺人を犯した奴は存在します。

具体的にはアベック殺人事件の首謀者は「少年法で絶対に死刑にならない」言い放ちました。

=死刑が無いから無茶な事をするやつが既に存在しているわけです。


さらにさらに。

生活保護ももらえないし寒いから万引きしてわざと刑務所に入りたがる人もたまにニュースで見ます。
軽い刑罰ならまた同じことをしなくちゃならないから死ぬまで出なくていいと思って通り魔でオーバーキルする奴、
出るかもしれませんね。これ割と冗談じゃなく、ありえると思います。

死刑の無いノルウェーで何十人も殺害した犯人なんかは刑務所内で「古いTVゲームしかないのは人権侵害だ!」とか
言ってたり。



ってことで私は死刑は必要だと思う。
別に遺族感情とか、そういうのは門外漢が何言っても説得力ないし想像する事しか出来ないから無視させてもらって
単純に抑止力として必要だと思う。

EUあたりではやれ人権云々で盛り上がってますが、そんなものは綺麗事だと思う。
所謂ブームのようになってそれが正しいと思って言ってるだけ。
EUは人権に殺される、とどこかで見ましたがその通り。
移民問題とか見たらうわーって思いますよ。

で。性善説、性悪説も私は絶対に後者指示です。

そもそも善悪自体が人間の作った基準ですから動物としての人間は悪です。
自分が生き残るため、子孫を残すためなら何をしても良いのが動物ですからね。
蟻なんかだと障害を負った個体、重大な怪我をした個体は塵捨て場に捨てられます。
それが多分、本来の生き物として正しい。

もちろん我々は動物だけど「人間」だからルールを作って生きてます。
そのルールの刷り込みが上手く出来なかったらその個体を人間として扱っていいのかは
私は100%肯定しない。

教育次第でいくらでも善悪なんてものはひっくり返る。
殺してどうなる!国家による殺人だ!犯罪者は更正させるべき!成る程、とても素晴らしい言葉です。反吐が出ますが。

狼少女は極端な例にしても刷り込まれた教育を後からどうする事も出来ない例は多くある。



ま、冤罪の観点と執行する人の事を考えた時だけ死刑はどうかなとも思うんですけどね。


別にコレが正しいとは思いません、いろんな意見があるわけですから。
でも死刑は非人道的だ!と誰かが言ったから、それだけで同調するのは絶対に良くない。
自分で考えたうえでそれが正しいというならそれはそれでよいと思う。


以上踏まえて選挙で特に良い事何も言ってない芸能人とかに「知ってる人だから」って投票するのは
実は凄くコワイことだって思ってもらえたならばこれ幸い。


何が言いたいかは書きません。
(書けていないとも言う笑)


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/302-8155f749
該当の記事は見つかりませんでした。