S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

Natrix natrix schweizeri(ミロスユウダ)♯1

ぼちぼちFC2版も稼動させていきます。。



さて、先日のイベントたねくら市であまり良く知らないけど見た目がドツボだったので
魚&かへる喰いとも知らず(購入時の説明で判明)購入した

ushimiro.jpg


Natrix natrix schweizeri(ミロスユウダ)

旧Blogでは書きましたがこれ販売名は

Natrix maura(クサリヤマカガシ)

で、かなりリーズナブルなお値段でした。入荷してから半年以上売れ残っていた事もあり
クサリヤマカガシより相場の高いミロスユウダではないだろうと最初は思ってたんですけど
やっぱりクサリヤマカガシとは顔も全然違うっぽいので結局ミロスユウダとして扱っています。
(普通のミロスはもっとパンダ模様なんですが一部こういう黒っぽいミロスの写真があった為)

なので実は違う亜種だよ!とかいう可能性が無きにしも非ずなのでご注意くださいね。



で、そのミロスユウダなのですが先述の通り所謂変態ヘビといわれる
マウスをぽこぽこ食べるヘビではないようです。

調べてみると現地ではかえるとか魚、たまに哺乳類とかを食べているヘビみたいです。

魚の生餌となると真っ先に浮かんだのが小赤なので早速与えてみるとすぐに食べました。
・・・食べましたが小赤等の鯉の仲間にはビタミンB1を破壊する酵素が入っており、長期的に
それのみを与えるのは良くないという情報を目にして色々試してみることに。

候補として上がったのは入手しやすい

ドジョウ
マウス
ウキガエル

以上を試してみることに。



目が良いらしく、生餌の入ったプラケなんぞを近くに置くとずっとそわそわして大変なので
そういうものが視界に入らないようにするのは大事みたいです。

動きに対してとても反応が良いので逆に死餌は慣れさせるの難しいかな?と考えましたが
とりあえず実験してみました。


その1:死餌と生餌を同時に餌入れに入れる

これは冷凍マウスを給餌するときにやってみようと思っていたんですが
多分生餌と死餌を餌入れに入れておけば間違えてどちらも食べそうなアホっぽいオーラを感じたので
丁度死に掛けて動かない小赤が出たし。。。ってんで一緒に入れてみました。

結果、どちらも捕食。
これはマウス給餌への期待が高まります。


その2:置餌で死餌を与えてみる

ウキガエルが1匹死着していたのですが、死にたてのようですからシェルター前においてみました。

結果、捕食。

勿論動いているウキガエルも問題なく捕食。


生餌で無いと食べない!ということがないのはとても大きいです・・・
これで冬季の非常食として冷凍ウキガエルや冷凍ドジョウでも対応できる可能性が。


もし冷凍置き餌で良いのであれば前にも書きましたが食べるものが普通じゃないだけで
飼育自体は簡単な変態ヘビということで人気出るかも・・・!
牛模様カワイイですし。




というわけでミロスユウダ、昨日から今日にかけて食べたもの。


小赤×4(うち1匹半死)
ドジョウ×1
ウキガエル×2(内1匹死亡個体)


脱皮直後とはいえ暴飲暴食。。。
小赤はもう今回で最後にして、あとは基本ドジョウ、ウキガエル、マウスで回す事が
出来れば良い感じかな?


ガーターなんかだとベビーの間は常に餌入れに餌が入ってる状態が良いみたいに見ましたが
それだと満腹死しそうなのでミロスユウダはちょっと調節してあげないとだめかもしれません。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/3-b504a51f
該当の記事は見つかりませんでした。