S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

Caerula × Hecatoncheir


春の艦祭り絶賛開催中ですがテラバトルも再構築ΛのレベルUPしたり、
あと漫画読んだり大忙しです!(贅沢!


漫画と言えばボクガール。


絵柄に癖があるからなぁと後回しにしてたんですがふと目に留まったので読んで見たら
おんもしろい。
絵柄もむしろこれが良い!

性転換モノ、所謂S・・・Sなんとかモノですね。(度忘れ&調べる気力なーし!

ただまぁ、この手のモノに嫌悪感抱く人がいるのも少なからずあるようですから
こっそりお勧めにしておきます。はい。


◆間◆


ビバガ読んでたら不意打ちで噂のムカデ特集が!笑
8pあって、しかも序章とのことで非常に嬉しい。
ケニアブルーも載ってましたよ。エンゾーさんの奇蟲ラインナップはこれの布石・・・
つまりタランチュラ特集もありえなくないということか。みなぎってきた←


奇蟲への扱い、というか心構えとかちゃんと書いてるあたりが良いです。。
こう、「飼え飼え~」的な記事だったらやだなとおもってたので。

とりあえず久しぶりにアンケ出そうと思いました。。。

ついでに広告のレプティリウム、めっちゃいいのでデジケースからこれに移行予定。

kb_20150502223357e67.jpg

ケニアブルー最後の1頭、最もでかくて最も鮮やかな個体、、、ですがこの写真じゃわけわからん(笑
そろそろ引越しです。



f.jpg

ラブリッジリムレススキンク

脱皮してたんですが、掘り起こす時にうろこにばきっと変な線が入ってしまいました。
どうもかなりもろい?ようなので注意が必要みたいです。。
餌への反応は凄く良いし、たまにビヨビヨしてるし(飼えばわかるw)可愛いですよ。

L1.jpg

こんな風に餌を入れるともぞもぞ出てきて


L2.jpg

にゅ~っと・・・笑



いつでも姿を見ることが出来るわけじゃないですが、面白いし可愛い。
リシングスキンクと同じで紫外線無しで順調だし、飼い易いですしね。
あっちのが元気ですが・・・笑







以下艦これ長文に付き嫌いな人は開いても面白くないデス(笑






◆艦◆

E-5は・・・羅針盤との戦い・・・(虚
一度南に行きましたがそれ以外はクリアまで延々渦潮コースでした。むごい。
これ大和型入れたら確立高くなるとかあるのかしらん・・・
ただの運なのか・・・やたら苦労しました。

ただ支援出したりしなくていいのは楽ちんだし、ボスまで2戦で固定できるのも美味しい。

ボスもT字不利を引かなければ十分S狙えるし、体力MAX状態の水鬼も最後三式弾特攻砲撃300オーバーで
沈んでいくあたりが最後まで希望が持ててよい感じ(戦艦水鬼はタフすぎて可愛くない←


2015春E5突破

「最後はビス子。なんか透けてるし、ポーズ的にお前ら後は頼んだぜ・・・ビス子ーッ!!ってな風に見えなくも無い」

今回全体的にぬるいという噂が先行してますがEOに関しては全然そんな事ない!w
ハゲないていどにまったりプレイできる、コレくらいの難度でいいのでぬるいwとかいうコメントに反応して
運営がダイソン並べてきそうで恐い。。。笑

あとレ級は出てくるな(真顔


で。

E-2で入手の葛城ですが、これ最初始めたときは味系(失礼)のイラストレータさんだったはずのくーろくろ先生の絵。
イベント毎にもりもり上達して行って、過去の艦もリメイクして欲しかったりなんだったり。
ちとちよなんかは最強空母の一角ですし、今の絵で見てみたい。

今回の葛城は髪の毛の色の塗り方が凄く村田雄介先生(アイシールド21、ワンパンマン等)の色の塗り方っぽくて
(※私の主観の問題で、かつ別に詳しくないのでそういう技法とかかも)
色々吸収してめきめき上達してる感じが、なんかすごいなと思うのでした。
あとビッグタンクじゃなくなったのも良いとおもうんですよ(眼


◆6◆


で、E-6おっかなびっくり行ってみましたが

2015春E6初戦

超あっさり。

前回は最終編成云々の前に通常編成ですらほぼボス落とせなかったので・・・(遠い眼

第一艦隊の摩耶様の主砲+機銃集中配備+イタリア高角砲+14号電探の航空死ね死ね団が
かなり優秀(笑

ただ・・・懸念もあって下ルートで泊地水鬼が一切攻撃してこなかったんですよね。
で、結果完全勝利S。

最後リザルトで確認したら相手の艦隊名が再建中なんちゃらかんちゃらだったので
もしかしてサービス編成的な奴だったのでしょうか。謎です。。。

とりあえず一度の出撃で弾1100も持っていかれたので今日はココまで。
明日演習でキラ付けしてからちまちま進めますん。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/260-961ca30d
該当の記事は見つかりませんでした。