S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

輝かない!2014年ネコデミー大賞!

別に何も死んでない。



さて、そろそろ2014年もおしまいです。


今年はネコデミー賞(※個人的な良かった作品てだけw)該当作品・・・なんだろう。
漫画はそこまでぶっ飛んだ作品もなく。
映画は、楽園追放とMAD。
ゲームは、DIABLO3がやっぱど定番なのに時間泥棒っぷりが素晴らしかった。
あとテラバトル、これタダなんで暇な人は正月休みにでもやってみるといいです。

音楽は、、、曲というかAimer(エメ)にガンはまりでした。
来年も何か面白いものに出会える事に期待しつつ。

蜘蛛部門はMauleとサジマイってことで(笑



・・・この手のサブカルチャーにおいて人気作品があまり好きではない。
ってのはどうしてもわんぴ~すとかそういう大きな作品になると最大公約数として
ストレートな展開が求められて、その引力に抗えていない事が多いから。
なので正確には人気作品=すかんではなく既視感のあるものがすかん。

東京喰種拷問覚醒、ハンターハンターメインキャラ死亡、ワンピでもエース死亡エピソードとか
そういう予想外の展開というものに惹かれる傾向があるからかもしれない。
それ個人的な好みであって、それが絶対的評価だとも思っていない。

人気のある作品が偉大というのは間違いないでしょうし。ワオワオ。


で、そこから行くとまどかマギカとか王道っぽく見えてPC年齢制限ゲー、いわゆるエロゲ的な
ストーリーというものはとても魅力的。

エロゲというとおっぱいの出るゲームという認識があるかもしれませんが
個人的にそれはNO。(まぁそういう路線を否定もしませんが主観ではNO)

多くの顧客を相手にしていないから挑戦的、とんでも展開が多い。
好かれる事を前提にしていないので人によって大当たりかカスになってしまうという。
その傾向が強いんじゃなかろうか。

冷蔵庫をあけたら臓物が出てくるという選択肢が追加されるみたいな。

先日「きっと気に入る^^」といわれて借りて久しぶりにミステリ調のADV的なゲームをしましたが
ヒロインの親友ポジションの明るい友人が生きたまま四肢切断されてトルソにされて(回避不能イベントw)
ヒロインも真エンドで四肢切断行方不明、続編で白骨化して出てきてなんじゃこりゃでした。

正直面白かったかといわれたら犯人の動機が根源的すぎて解りづらかった「警官の血」とかと違って
駄目な意味で解り安すぎて意外性もなく、面白くはなかった。
面白くはなかったが、やっぱり印象には残る。

ジャンプとかの読んですぐ忘れる最大公約数漫画と比べて、私はそっちのが好き。

B級とか変なのが好きな人は別に通ぶってるとかじゃなく、そういうところあるんじゃなかろうか。

漫画で行くと大多数の人が意味不明というけど、少数の心に刺さる奴とか。
カネコアツシのSOILとか。
不愉快映画ファニーゲームとか。


何が言いたいかというと趣味でもなんでもなんとなくそれっぽく浅い事しててもツマンナイです。
二番煎じであればなおさら。

ってことで突き抜けるというのはやっぱり大事だと思う。
そういうのははたから見てても面白いですし。

無理にそれをやろうとしてる人も滑稽なので無理してやる事でもないのは間違いない。

・・・あ、別に何かを具体的に指しているわけではない(笑

なんとなく暇なので普段思ってる事を書きなぐってみたテスト。


◆間◆

ユリ熊嵐、アルドノア、艦これ、ホームズ、あと憑物語は見る。フフフ。

◆間◆



001_20141230192734cab.jpg

Phormingochilus everetti

2号も♀確定。


ev2.jpg

ev1.jpg


上がノーフラッシュ、下がフラッシュ。

フラッシュ無しだとISO100固定メリルでは5秒開放とかですからね、つらい!笑


どんどん色があがってきて良い感じになってきてます。
派手ではないけど、こう深みのある渋い感じがもろアースタイガーへ持ってる個人的な印象と
ドンぴしゃり。


久しぶりに突き出し撮影してみましたが、やはり楽しいです。
また余裕があれば色々突き出してみたいところ。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/174-ce393a46
該当の記事は見つかりませんでした。