S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ラフスケールサンドボア療養経過

唐突に最近読んだ漫画シリーズ。

・日々ロック
連載時は「ナニコレ」と思ってたしまじめに読んだこと無かったですが
Kindleで一巻無料とのことなので試しに読んで見た。
面白い!w
これも途中だけ読んでも訳解らん漫画かもなぁ。


・教えて!ギャル子ちゃん
ネットで紹介されているのを見て絵が好きだったモンでつい・・・
個人的に極度の下ネタは苦手かもしれない・・・
ただ「ほう?」というネタもあるので興味あれば。

・モテる漫画
職場の歯磨きしないのに彼女欲しがる同僚(先輩だったんだが)にクリスマスの
ネタであげようと思って、ためしにKindleで買ってみたら予想外に面白い(笑
ギャグ漫画なんですが、モテるためにはどーすればいいのか!みたいな小話が
延々続きます。モテるモテない関係なく、なかなか興味深いことも書いてるので
あまり期待せず読んでみればおおあたりかも。
以前上司に言われて個人的に大事にしている「世界を変えるなら自分を変えろ」ってのを
作中で変態の人が言ってたのをみてもにょっとした気持ちになりました(笑

・3月のライオン
何気に初版でずっと買ってます。最初微妙な漫画かなと思ってましたが
どんどん面白くなってきております・・・最後の桐山君がかっこよすぎて吹いたw

ゴトーのキャラと今回のネタは割と途中で思いついたんだろうなぁって感じですが
そんなに悪くありません。



それはそうと映画フューリーが見たいです。。。


◆間◆


025_201411291859036b1.jpg


ラフスケールサンドボア♀(こちらは先日撮影)


以前全然食べないので活マウスを与えてみようと思いつきで買ってきて与えると
一度巻いた後開放してそのまま放置するも食べないということがありました。
・・・どーにもそのとき噛まれていたようで胴体に穴が開いてました・・・
※Kガードで殺菌後白色ワセリン塗りこんで放置。

活マウスは案外強いので見ている前でしか与えないこと!というセオリーがあったのですが
特に何も考えずアホのようにこおろぎ感覚でしばらく入れっぱなしにしたおかげでとんでもないことになって
心底反省していたのですが、やっちまったもんは仕方ない。。と砂の床材を止めてペットシーツにて
療養生活中だったのです。

その後、体重は微増するものの宿便みたいな糞をして餌は全然食べない状態が続いていましたが

本日ついに・・・・













raf2.jpg

食べた←


落ちるんじゃなかろうかと正直うろたえてましたが、ホッパーを飲みました・・・
いつもはピンクLで実験でしたがバイパーが食べなかったのでぶらぶらしたらがぶっと。

なんかこう、感動でした・・そしてアホな飼い主ですまん・・・と再度反省するのでした・・・

まぁとりあえず糞するまではまだ油断できませんが内臓までは行ってなかったようで一安心です。
かさぶたもそろそろ取れそうだし、あーよかった。






◆おまけ◆



r.jpg


いつもケースの蓋から餌をぶらぶらさせるとがぶっと咥えに来るんですが
今回はライノの方が早くて外に出てきてしまうという事態に・・・

ってことでケース外でピンクL捕食中。

こいつはちょっと口あけてる表情が一番カッコイイ・・・悪そう!

※現在マウスMがメインですがたまにピンクとか飲ませてメリハリをつけてます。
休肝日的なノリなので特に意味があるかは謎(笑

関連記事

2 Comments

alulualulu says...""
ねこさんこんばんは

ラフスケール!傷が化膿しなくてよかったですね。
急なマウスロットや怪我にテラマイシン、イイいクスリです(唐突な素手間
今だと何かあればすぐ病院つれてけですけれども笑
ともあれ、お大事に☆
2014.11.29 21:07 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>alulualuluさん
おはようございます。

殺菌はしてましたが表面だけですからやはり化膿は心配でした。
この件で調べていたときに他の爬虫類Blogなどでもその名前を見かけましたが
割とメジャーなのでしょうか。ちょっと一本安心料として買っておこうかなと思います。。
新しい皮膚も出来ているようなのでとりあえずこの後は継続的に捕食して元の軌道に
戻ってくれることを祈るばかりです。
2014.11.30 10:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/146-9ed53a01
該当の記事は見つかりませんでした。