FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

インスマウス2018

明日はぶりくら。

多分ちょちょっと顔出してすぐ帰るけど(長居したら財布が死ぬw)それなりに楽しみ。
台風の影響無いみたいなのも良かった。

この手のイベント行くと解るけど結構SNSとかで知り合った人が挨拶したり名刺渡したり交流もある。
ただ、自分はそういうのしない。

いや孤高気取りとかじゃなくて、ぶっちゃけ相手が自分を覚えている前提で相手に話しかけることが無いからだと思う。
なので、常に初対面でーすって顔してそこらへんうろうろして帰る。
たまに覚えてる人とか顔見知りとは挨拶くらいするけどね。
特に有名な人と知り合って凄ーいみたいなのは無い。

ぐじら先生とか富水さんとかパンクさんとか目にするけどなんか声かけるのもためらわれるし……笑

ただまぁ色々見てるだけでも面白いので興味の有る人は行ってみると良いのでは無かろうか。
この手のイベントって安売りイメージあるかも知れないけどブリーダーイベントであるぶりくらやHBMなんかは
そんな安いって事も無い。
ただこんなマイナーな趣味で手間暇かけて繁殖させて売るような人はよっぽどその種が好きな人なので
やっぱり本には載ってない飼育者ならではの目線を持ってる。
そういう情報を直接聞けるので非常に為になるし値段以上の価値は得られると思う。

で、ついったでも書いたけどこういうの繁殖情報とか知りたいならまずは生体を買ってから聞いた方が良いです。
当たり前だけど情報だけを目当てにして聞き出すだけ聞き出してさよならって話はちょいちょい耳にするし、自分も経験ある。
そんでその情報をさも自分が考えたかのようにSNSやらで披露されたり、ね。
善意で貰った生体をすぐに転売したり、お客さん並んでるのに延々喋り続けてブース前占拠されたりってのは
結構目にする光景です。
タランチュラやムカデ関連で出展してたうちのように列とか出来ないとこなら全然良いと思うけどね(遠い目

正直参加者が多いだけにモラル何ソレな狂った奴もそれなりにいるわけです。万引きとかもあるらしいし。

ま、そういう連中と同列に思われる可能性もあるので最初に買っちゃえばスムーズに有用な話が聞けると思う。
単純に飼育するだけならともかく繁殖とかになると実際に殖やした人の話は非常に為になりますよっと。



◆間◆


インスマウスの影、凄く面白いんだけど人に勧めるのはちょっと……ってなる。
それは自分自身何度も読むの挫折しかけた記憶があるから。
読み終えた後は「うおー!何じゃこりゃ!すごい!」ってなったけど、読んでる時はやっぱ、ね。
そりゃインスマウスなんて1931年の作品だし、そもそもラヴクラフト自身かなり難解な文章かく作家だったのでしゃーない。

で。

森瀬さんの新訳とかも原作リスペクトの比重が高すぎてやっぱり読みづらい部分が残ってるみたいだし
青空文庫としてインスマウス2018を書いてみてもいいんじゃなかろうかと思った。

あくまでエンタメとして、読みやすさだけに注意して翻訳すればグーグル先生もいるしなんとかなる気がする。
あんま長くないしね。

ラブクラフトの文章や雰囲気を現代調に書き直すのは多分死ぬほど難しい。
けど、ラブクラフトの物語を現代調に書き直すだけならそんなに難しくないかも。
そもそもお話自体が面白いからね。
あくまで入門用として「モンスターの設定だけがクトゥルフじゃないんやで」と知って貰えればいいかなと。
ソシャゲとかの影響でただのすごい邪神が出てくる話くらいに思われてるのはちょっと勿体ない。

ただグーグル先生の翻訳と大西氏の訳を見比べてざーっと冒頭を書き直してみたんだけど無茶苦茶面倒くさいし時間かかったので最後まで出来る気はあんましない(笑

暇をみつけてちょっとやってみよ。
飽きずに最後まで出来たら公開したい。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/1283-ec6d11f2
該当の記事は見つかりませんでした。