FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ドルフロ 装備製造確立UPキャンペーヌとか雑記

確かにフランス語っぽい(謎



気がつけば九月になっててびびる。

八月は中盤あたりから色々忙しかったのであっという間に終わった印象。

今月は横溝ホラーの締め切りなんだけど間に合う気がしない。
とっておきのアイデアは用意したのでとっておきのオチが降って来ねーかなぁ。


◆間◆

ドルフロの影響でリトルアーモリーFA-MAS買ってきて作ってみたけど値段以外は文句ないなこのシリーズ。
値段以外は!!笑
ガンラックもちょっと欲しくなってきた。

装備製造確立UPキャンペーンはベクターと3MP用にドットサイト、ホロサイト、ホローポイント弾を狙って延々回してましたが
オプティカルと高速弾ばかりでて若干凹む。普通はそっちがメインなんだろうけどそれはもう作ってたんで……。

あらかた装備揃ったけど、このゲーム装備育成が結構マゾいのでその為の餌として装備製造すんのかな。
人形製造と違って新装備追加とか難しそうだしどうすんだろとちょっと思ったとかなんとか。

とりあえず5Link×11揃ってるしイベントは問題無いと思われる。

ウェルロッドが好きで使ってたら面白かったので色々HG育ててるけどHGはいっぱい育てたくなる。
MGもMG5にアサルトパック装備した辺りから露骨に強くなってきて面白い。

SGも面白いのかなー、出る気せんけど!


余談ですが本作で知った好きな絵師さんは菌とか牛とかついてて変な名前の人が多く感じるけど
これも異国故の感覚なのだろーか。絵の才能有る人はすげーなー。


◆間◆

オタッキー文化において、正直周囲のアジア各国含めて負けてしまう可能性、むしろ既に負けている可能性は
十分に在ると思う。唐突!


いや日常系みたいなものが悪いって話では無い。
喰わず嫌いだったけど、見てみたら案外緩いのも面白いと思ったので。

でもやっぱストーリーと設定が強くないと自分ははまりきれない。
そして今手元にある情報だけで判断するならそういう物を好いているファンは海外の方が多いように思う。
(異世界物が海外でも大人気だったりはするんだろうけど)

メインの部分にソレがあった上で、日常系も映えるというもの。

音楽もそうでしょう、音楽を真面目に作った人が居るからこそ、見た目やダンスの人達も映える。
後者がメインになったらそれはもうすでに音楽の本質が異なってしまう。


では取り戻すためにはどうすれば良いか。
ブームを作ればいい。
まどマギが流行って残虐魔法少女が大量生産されたように
(どれも表層を真似ただけで未だにオリジナルを越えた物があるとは思ってないけど。そしてまどマギ自体がーって話は必要無い。その上であれはスゴいのだから)


勝つために必要な大まかな理屈は、まぁわかるんだけどね。
それを作るのっていろいろな要素があって、それがタイミング良くがっちんしなくてはならない。
良い物だからって流行るわけじゃない。
(未だにフリップフラッパーズとプリンセスプリンシパル、ズヴィズダーあたりが不発?だったのが訳わからん)

例えば紐の女神の人とか、そういうビジュアルとかを起爆剤にした上で、面白くないと駄目。

なんか日本は「流行り物が面白い」のであって面白い物を探す人はそんなに多くないように思う。
なんでだろう、みんなやっぱ仕事忙しいからなのか。貧しいからなのか。
自分に当てはめると確かに残業とかいっぱいしてたら自分で探す時間なんて無くなるし評判良い物にしか手を出さない気もする。
(そういう意味では薄給だが定時に帰れる今の仕事に感謝したくなる)

そうなるとエンタメに面白さを取り戻すためには政治レベルでどうにかしなくてはならなくなるのですがそれはもう、うん。
どうしよーもねーってんで忘れるとする(笑


脱線した。この国では「面白そう」だけである程度商売として成功なのかもしれん。
ダリフラ、レクリエイターズ、プラメモ等々。
だからそういう「面白そう」な作品は多い。でも「面白い」作品はそうは出てこない。

起爆剤と面白さがきっちり融合した物が産まれてこない事には海外の熱量あるオタッキー達に勝てない。


私は勝てるオタッキーになりたい。



好きな物を掘り下げて、発展させていくのがオタッキーであって、「ただアニメ見てる人」はオタッキーとは別だと思うのな。

そこに明確な線が存在している訳じゃ無いけど、ざっくりとそう思う。


いやほんと少女前線の年表とか見てると羨ましいです。
多少のボロがあってもSFとか設定とか胸躍る物をもっと見たい。


以上推敲無し書き殴りコーナーでした。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/1263-8a07e62d
該当の記事は見つかりませんでした。